23選!北海道(札幌・帯広・富良野・小樽など)で写真撮影におすすめのスポット/穴場や美術館もあり!

北海道でいい写真が撮りたい!どこに行ったらいいの?

せっかく北海道旅行をするのですから、北海道でしか撮れないような素敵な写真を撮ってきたいですね。

北海道の撮影スポットを23ヵ所厳選してみました。さあ、インスタの旅に出かけましょう。

スポンサーリンク

 


目次

北海道でインスタ映えをねらうには

北海道は広すぎます。全体を回ることはとてもできません。帯広、富良野、旭川、札幌、小樽を全部回ろうと思ったら、一週間で回れるかどうか・・・。エリアを絞って攻めないと、移動時間だけで終わってしまいそうです。

公共交通機関では行きにくい場所が多いので、要所要所でのレンタカー利用は必須。道路は事前に確認しておきましょう。

なお、撮影旅行ではマナーに気をつけることが何より大事。迷惑行為は絶対につつしまなければなりません。

北海道のおすすめインスタスポットはこれだ!

北海道の撮影スポットの候補は、白地図上ではこんな感じに広範囲に散らばっています。他にもさまざまな名所があるのですが、今回紹介できるのはほんの一部です。

では早速見ていきましょう。

北海道のインスタスポット ①白い恋人パーク

北海道を代表するお菓子「白い恋人」のテーマパーク。イギリスのチューダーハウスをイメージした建物と美しい中庭のある施設で、とにかくおしゃれです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

るるさん(@_sweets66)がシェアした投稿

おいしいお菓子もあって、お土産も選べて、製造工場の見学やお菓子作り体験もできます。限定スイーツが食べられるカフェもあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

めいさん(@boc_milktea)がシェアした投稿

時期によっては夜のイルミネーションも実施されています。これだけでも行く価値は十分ありますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北海道Likersさん(@hokkaidolikers)がシェアした投稿

2019年7月には「観て・知って・味わって・体験できるチョコレートエンターテインメント施設」としてリニューアルオープンしています。

ディズニーランドと同様に、非日常感を味わえる楽しさが魅力です。どこを撮っても彩り豊かでいい写真になりそう。

→白い恋人パーク

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ②博物館 網走監獄

旧網走刑務所の教誨堂や獄舎などを移築した見学施設です。明治時代に造られた西洋風の建屋の中には、当時の囚人たちの生活ぶりが精密な蝋人形で再現されています。

ガイドによる説明を受けながらの見学ツアーや、実際の監獄食が味わえる食堂など、貴重な体験ができる観光スポットとして人気です。

 

芙美子さん(@fumi_ku_cha_)がシェアした投稿

人気コミック&アニメ『ゴールデンカムイ』も網走観光に大きく影響しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ここさん(@cocoa_0720)がシェアした投稿

網走監獄内の写真撮影については、特に制限は設けられていないそうです。他の見学者の迷惑にならない範囲で撮るようにしましょう。

→博物館 網走監獄

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ③函館五稜郭

函館のシンボルとも言える「五稜郭」。江戸の末期に函館奉行所の移転先として造られた星型の城郭で、戊辰戦争の折には旧幕府軍の最後の砦になりました。

周辺は五稜郭公園として整備されており、高さ107mの五稜郭タワーから全体を見下ろすことができます。

 

Travel & Gourmet Diaryさん(@renajet)がシェアした投稿

五稜郭は上から見ないと五稜郭だってわからないですね。ここで写真撮影をする場合、タワーに上ることが前提だと思います。

→五稜郭タワー

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ④幸福駅

とかち帯広空港から車で10分ほどの場所にある幸福駅。1970年代に大ブームとなった幸福キップの駅は、旧国鉄・広尾線が廃線になってからも駅舎とディーゼル車と売店が残っており、幸せを呼ぶ観光スポットとして人気です。

有名な幸福駅ですが、ブームをリアルタイムで経験した人は50歳台より上の方々じゃないでしょうか。

愛国駅とセットで訪れるのが正しい作法(?)らしいですよ。

→幸福駅(公式)

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑤支笏湖(しこつこ)

日本で2番目に深い湖として知られる支笏湖。最大水深は113mだとか。その深さゆえに冬でも凍らず、「最北の不凍湖」と呼ばれています。

支笏湖では観光船が運航しており、船上からの水中観察でヒメマスの泳ぐ様子を見ることができます。

 

Hiroshi Onoさん(@arch0620_hiroshi)がシェアした投稿

→支笏湖観光船

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑥函館山展望台

函館の街を一望できる函館山展望台。特に夜は日本三大夜景に数えられる美しい光景を見ることができます。

頂上334mまではロープウェイで3分。手軽に行ける天空の世界です。

 

h.tamaki302さん(@h.tamaki302)がシェアした投稿

→函館山ロープウェイ

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑦神の子池

阿寒摩周国立公園内にある周囲200mほどの小さな池ですが、抜群の透明度とコバルトブルーの神秘的な色がSNSで話題になり、注目を集めています。

 

🐖さん(@kusobuta_buhio)がシェアした投稿

摩周湖から地下を通って流れる伏流水が湧き出してできた池だといわれており、湧き出す水量は1日あたり12,000t。そのため水温は一年中8℃前後を保っています。

水中の倒木は低温のため朽ちることがなく、その間を縫うようにオショロコマ(カラフトイワナ)の泳ぐ姿が見られます。

かなり行きにくい場所にあり、周辺に施設もありません。未舗装の道路も通るので行く際には注意が必要です。

→神の子池(清里観光協会)

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑧雪の美術館

『アナと雪の女王』の世界を感じられる場所として話題沸騰中の「雪の美術館」は、ギャラリー・音楽堂・レストランなどが一体になった施設です。

衣装やアクセサリーのレンタルがあり、お姫様気分になって写真を撮ることも可能です。1日1組限定のウェディングプランもあります。

館内は雪や氷をテーマにしてコーディネートされており、荘厳で美しい雰囲気に包まれて、非日常の気分を味わえます。

→雪の美術館

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑨ファーム富田

ラベンダー栽培で有名な農園です。季節になると丘一面に咲いた紫のラベンダーを写真に収めようと、多くの観光客で賑わいます。

オリジナルのラベンダーオイルやラベンダー石鹸も販売しています。

→ファーム富田

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑩白金青い池

美瑛にあるコバルトブルーの池で、観光客に人気のフォトスポットです。アルミニウム成分が濃いため、日光を反射して青くみえるのだとか。立ち枯れ状態の木々が独特の雰囲気をかもし出しています。

近年は周辺の開発が急ピッチで進められていて、駐車場や道の駅が整備されているので行きやすくなった反面、さらに混雑が増しました。

青い池の青さを上手に写真に収められるかどうかが勝負の決め手です。

→白金青い池(美瑛町)

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑪美瑛・四季彩の丘

「日本で最も美しい村連合」に加盟している美瑛町は花畑の丘陵が有名で、国内外から多くの観光客が押し寄せます。「展望花畑 四季彩の丘」はその中の一つで、トラクターやカートで遊覧が出来るアミューズメントパークような花畑です。

パッチワークのようにカラフルな花畑はインスタの常連になっており、メディアでもたびたび紹介されています。

花のシーズンに行けば、どこを撮っても間違いなくインスタ映えるスポットですね。

→展望花畑 四季彩の丘(公式)

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑫小樽運河

産業活性化のために大正12年に造られた小樽運河。湾岸の海を埋め立てることによって造られた人工の水路です。昭和の終わりに散策路が整備され、運河沿いに建つ石造の倉庫群を商業施設として再利用。一大観光名所となりました。

観光向けの運河クルーズ船に乗ると、小樽運河の説明を受けつつ河側から見学することができます。

幻想的なナイトクルーズも人気があります。

→小樽観光協会HP

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑬タウシュベツ橋梁

旧国鉄の士幌線でタウシュベツ川を渡るために建造されたコンクリート橋で、その形状から別名「めがね橋」とも呼ばれています。

 

Hatchさん(@kuuga48)がシェアした投稿

士幌線の廃線後に糠平ダムが建設されたため、夏から秋にかけての推移の高い時期は、橋梁全体がダム湖に沈んで見えなくなります。

 

タウシュベツさん(@taushu.betsu)がシェアした投稿

→タウシュベツ橋梁(上士幌町

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑭金森赤レンガ倉庫

函館ベイエリアの観光のめだまが、複合商業施設「金森赤レンガ倉庫」です。運河を挟んで雑貨屋やアクセサリーショップ、レストラン、カフェなどのお店がずらりと並んでいる、とても楽しいエリアです。

→金森赤レンガ倉庫(公式)

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑮函館元町

名所「八幡坂」で知られる函館の元町地区には「カトリック元町教会」「函館ハリストス正教会」「函館聖ヨハネ教会」「旧函館区公会堂」などのレトロな建物が見られ、絶好のフォトスポットになっています。

 

Terry Tsengさん(@tsenghsinwei)がシェアした投稿

ロシア正教会の聖堂「函館ハリストス正教会」は1916年に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。

 

猴闺女さん(@kelly_houguinv)がシェアした投稿

特に夜間はライトアップされる建物もあり、よりいっそうロマンティックな景観に。

→函館元町(公式観光情報)

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑯天に続く道(知床斜里)

国道344号線をウトロから斜里方面へ南下し、峰浜でウナベツスキー場方面へ左折、スキー場を左手にしたあたりのT字で右折すると、「天に続く道」に出会えます。

 

Mmさん(@mmtripgrammm)がシェアした投稿

全長28キロほどの直線道路「斜網広域農道」は北海道でも2番目の長さ。移動の際には忘れずに立ち寄りたいポイントです。

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑰知床五湖

知床の原生林の中にある五つの湖。世界自然遺産知床の象徴とも言われている観光エリアです。知床連山を望む広大な自然の姿はまさに「原始の楽園」「最後の秘境」です。

 

akkoさん(@akko0818)がシェアした投稿

知床五湖を巡る方法は、無料の高架木道を歩くショートコースと、有料ガイド付きで原生林の遊歩道を歩くツアーコースがあります。ツアーコースではヒグマなどの野生動物に遭遇することもあります。

 

北海道ラボさん(@hokkaido_labo)がシェアした投稿

冬季は高架木道は閉鎖され、厳冬の中のツアーコースのみとなります。

→知床五湖ガイドウォーク

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑱ノシャップ岬・宗谷岬

夕景の美しいスポットとして知られるノシャップ岬と、日本の最北端として有名な宗谷岬は、ともに稚内(わっかない)にあります。

ノシャップ岬のシンボルはイルカのモニュメント。時計台になっています。

宗谷岬は一般人が行ける日本の最北端。天候がよければ宗谷岬から樺太(サハリン島)が見えます。なお、日本の実効支配が及ぶ範囲でいうと、宗谷岬からも見える無人島「弁天島」が最北端だとか。

 

Yoshihisa Meguroさん(@y_mgro)がシェアした投稿

ノシャップ岬の近隣にある稚内公園は、南極学術探検隊樺太犬訓練所の跡地で、タロ・ジロが訓練を受けた場所です。

 

koguta 🇯🇵さん(@kogu_insta)がシェアした投稿

→宗谷岬(稚内観光協会)

GoogleMapで見る

→ノシャップ岬(稚内観光協会)

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑲摩周湖

「霧の摩周湖」「摩周湖ブルー」と、数々の言葉で形容される摩周湖は、阿寒国立公園内にある最大水深211.5mのカルデラ湖。河川による流出入がなく、湖底への浸み込みと湖底からの湧水による天然のろ過構造を持っており、その透明度は日本一。年間を通じて水量も水温も変わらない神秘の湖です。

 

kamui officialさん(@kamui_67_67_s.s.k_)がシェアした投稿

中央に浮かぶカムイシュ島の高さは230mといわれており、湖底の深さがうかがえます。

 

Takashi Fujitaさん(@takashi.fujita.73)がシェアした投稿

→摩周湖観光協会

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ⑳神威岬

神威岬(かむいみさき)は積丹(しゃこたん)町にある鋭く突き出た岬。カムイブルーと呼ばれる美しい海を臨める人気の景勝地で、周囲は海域公園に指定されています。

 

Akihiro Suzukiさん(@akihiro_suzu)がシェアした投稿

岬の突端は海抜70mの断崖になっており、その先には乙女の化身という言い伝えのある神威岩を見ることができます。

 

Norimasa Sakaedaさん(@sakaeda_hokkaido)がシェアした投稿

→神威岬(積丹観光協会)

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ㉑北海道開拓の村・百年記念塔

人気コミック『ゴールデンカムイ』の描写に登場したり、NHKドラマ『永遠のニシパ』のロケが行われたりして話題になっている「北海道開拓の村」は、開拓時代の歴史的建造物を移築してつくられた広大な建物博物館です。

北海道の歴史を学びながら建物を観て回ると、その時代の人々の息吹を感じるような気さえしてくるから不思議です。

また、「北海道開拓の村」のある野幌森林公園内には「北海道博物館」や「北海道百年記念塔」があります。特に百年記念塔は50年余りの間札幌のシンボルタワーとして親しまれてきましたが、近々解体されることが決まっており、今が見納めになります。

→北海道開拓の村(公式)

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ㉒藻岩山

札幌市街からほど近い場所にある絶景スポットとして知られる藻岩(もいわ)山。ロープウェイで登れる標高531mの山です。

山頂は札幌の街が一望できる北海道有数のフォトスポット。その夜景は長崎・北九州と肩を並べて日本新三大夜景に数えられています。

藻岩山は「恋人の聖地サテライト」に認定されており、展望台には「幸せの鐘」があります。

⇒藻岩山(公式)

GoogleMapで見る

北海道のインスタスポット ㉓札幌芸術の森

札幌芸術の森美術館、工芸館、札幌芸術の森野外美術館などの施設が集まる「札幌芸術の森」。札幌駅から30~40分で行ける人気のアートスポットです。

64作家74点の彫刻が展示されている野外美術館は自然とアートが融合した癒しの空間としても好評です。

⇒札幌芸術の森(公式)

GoogleMapで見る

まとめ

以上、北海道のインスタ映えスポットを厳選して紹介してみました。いかがでしたか?

北海道にはまだまだたくさんのフォトジェニックなスポットがあります。一度に欲張らず、何度かチャレンジして、お気に入りの一枚を手に入れましょう。

北海道旅行へ格安で行く裏技は、以下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク