[インスタ映え]秋田・十和田旅行で観光・SNSにおすすめのスポットを20選!穴場や水族館もあり

秋田でインスタ映えをねらうならここ!最高級のフォトジェニックなスポットがあなたを待っています。せっかく旅行に行くんですから、素敵な写真を撮って帰りたいですよね。

数多い秋田のフォトジェニックなスポットの中から、ここだけは撮っておきたいおすすめの場所を厳選して紹介します。

極上の一枚を求めて、インスタの旅に出かけてみませんか?

スポンサーリンク

 


秋田でインスタ映えをねらうには

秋田は広いですから、全体を一度に回るのは難しいでしょう。ある程度エリアを決めて回るか、長期計画で日数をかけて回ることをおすすめします。

公共交通機関では行きにくい場所も多くあります。レンタカーでの移動がベストかもしれません。道路は事前に確認しておきましょう。

景勝地は未舗装の道も多く、トレッキングを要する場合もあります。服装や靴はできるだけアクティブなものを選びましょう。

なお、インスタ映えをねらう旅行では、マナーを守るよう心がけましょう。迷惑になるようなことはつつしまなければなりません。

秋田のおすすめインスタスポットはこれだ!

秋田に行ったらぜひとも訪れたい定番スポット・穴場スポットはたくさんあります。以下に紹介するのは、そのうちのごく一部です。

秋田のインスタスポット ①潮瀬崎(塩瀬崎)

男鹿半島・大潟ジオパークは、大地の歴史を学べる広大な学習エリア。その一端にある潮瀬崎は、自然が生み出した数々の奇岩で有名です。

テレビCMに使われたこともある「ゴジラ岩」をはじめ、カメ岩・ガメラ岩・双子岩などユニークな巨岩が並びます。

→塩瀬崎ジオサイト

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ②田沢湖

水深が日本一の湖として有名な田沢湖。最大水深は423.4mで世界第17位です。かつてはクニマスの生息地としても知られていました。

イメージキャラクターの「たっこちゃん」や湖畔に設置されているたつこ像は、この地に伝わる辰子伝説をモチーフにしています。

→田沢湖

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ③男鹿水族館GAO

東北一の巨大水槽を持つ水族館。ホッキョクグマ、ペンギン、アザラシ、アシカのショーが人気です。男鹿の海を再現した水中トンネルは、幻想的な写真が獲れるスポットとして知られています。

 

Shu (シュウ)さん(@s.komatsu)がシェアした投稿

→男鹿水族館GAO(公式)

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ④なまはげ館・男鹿真山伝承館

秋田の伝統行事「なまはげ」を体験できる施設です。実演ショーの他、展示物も多く、なまはげの面なども間近で見ることができます。

C0022T01

「なまはげ」は怠けている者を諫め、災いを払うために家々を回る来訪神。2018年11月にはユネスコ無形文化遺産への登録も決定し、世界的にも知名度が高まりつつあります。

→なまはげ館・男鹿真山伝承館

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑤角館武家屋敷通り

角館(かくのだて)は昔から「みちのく小京都」と呼ばれている風情豊かな街で、現在でも歴史ある建物が数多く保存されており、当時の面影を残しています。

角館屋敷通りには3000坪の敷地を誇る青柳家をはじめとした武家屋敷が立ち並び、中には資料館として使われているものもあります。寺子屋を移築した和食の店「古泉洞」なども人気です。

 

oggi55さん(@ojimarugizmo)がシェアした投稿

→角館観光協会

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑥乳頭温泉郷

時代劇の世界に迷い込んだかと思うような佇まいが国内外の観光客に大人気の「乳頭温泉郷」。全部で7つの宿・7つの湯があり、湯めぐりのバスも走っています。

乳頭温泉郷

これぞ温泉旅館、という感じの建屋ばかりなので、どこを撮っても絵になります。見も心も癒される空間をぜひ堪能してみては。

 

IMUSEさん(@umi_ushi_)がシェアした投稿

→乳頭温泉組合公式サイト

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑦入道崎灯台

男鹿半島の先端にある入道崎の灯台で、岩手県の陸中黒崎灯台とともに北緯40度線上にある指標として知られています。

参観灯台として有料開放しているので、灯台の上から入道崎の海岸と日本海を一望することもできます。

→入道崎(観光情報サイト)

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑧なまはげ立像

秋田の伝統行事「なまはげ」。その巨大な立像が県内3箇所にあります。

1つは男鹿温泉郷入り口のなまはげ立像。

GoogleMapで見る

2つめは船川港の近くの本山門前にある「門前のなまはげ入道」。迫力はこれが一番かも。

GoogleMapで見る

3つめは男鹿総合観光案内所の前。赤と青の2体が並んでいます。

GoogleMapで見る

秋田にはいろいろな場所に「なまはげ」がいます。小さな像が橋のふもとに立っていたり、宿泊施設の前にいたりします。2018年に世界文化遺産に登録されたことで、さらに増えると思いますから、いろいろ探してみてはいかがでしょう。

秋田のインスタスポット ⑨ポートタワー・セリオン

吉田輝星選手のサインで知名度がグンと上がった「秋田ポートタワー・セリオン」。全高143mのこのタワーは「道の駅あきた港」にあります。

 

@bostonbickysがシェアした投稿

地上100mの展望ホール(無料)からは秋田の街やあきた港、寒風山、遠くは鳥海山まで見渡せます。海に沈む夕日の美しさも堪能できます。夜はライトアップも。

 

atsuさん(@ysrnsyuky_16atsu)がシェアした投稿

→道の駅あきた港

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑩十和田湖

日本第3位の水深326.8mを誇る十和田湖。周辺は十和田八幡平国立公園に指定されており、ほとんどのエリアが特別保護区域になっています。

湖には遊覧船も就航していますが、近年では不沈ボートによるグリランドツアーを利用すると保護区域内を見学することができ、また話題の「奇跡のキリスト像」や、奥入瀬渓流の湖底の源流地点「イトムカの入り江」などを探索できます。

→グリランド公式サイト

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑪玉川温泉

毎分9000リットルという、温泉の単独湧出量では日本で1、2位を争う玉川温泉。古くから岩盤浴による湯治の場として知られ、現役のオンドル小屋も3棟あります。

 

Stella Siuさん(@nickis915)がシェアした投稿

特別天然記念物に指定されている「北投石(ほくとうせき)」が産出される場所としても有名です。万病が治るといううわさも・・・。

 

furujoyumiko_lomiさん(@hagiyummy)がシェアした投稿

→玉川温泉

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑫小安峡(おやすきょう)

湯沢市にある渓谷で、50mほどの区間に大小無数の滝があり、また岩肌から90度の温泉が噴き出す「大噴湯」という現象が見られるなど、見どころいっぱいの注目スポットです。

 

Kenji.Kさん(@pedal02)がシェアした投稿

近くの小安峡温泉街には風情のある宿が多く、レトロな癒し空間です。日帰り温泉施設もあります。

 

Aya Komizuさん(@aya_komizuito)がシェアした投稿

→小安峡温泉公式サイト

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑬元滝伏流水

幾筋にも分かれて流れる白い滝が苔むした岩とマッチして独特の雰囲気を出している元滝伏流水(もとたきふくりゅうすい)。絹糸のような滝を激写するには、シャッター速度の調整など技術が必要です。

→元滝伏流水

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑭ふれあいセンターかまくら館

横手市は雪祭りのかまくらが有名ですが、それを一年を通していつでも体験できる施設が「ふれあいセンターかまくら館」です。マイナス10℃に保たれた室内に本物のかまくらが設置されていて、中に入ることができます。伝統行事である「かまくら」に関する資料も多数展示されています。

 

Kia_orana_cさん(@kia_orana_c)がシェアした投稿

→横手市観光協会

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑮尾去沢鉱山

尾去沢(おさりざわ)鉱山は708年頃から1300年以上続いた日本最大級の鉱山で、現在は坑内や鉱山施設の見学や砂金とりが体験できるテーマパークになっています。

大煙突、選鉱場、シックナーなど設備が当時のままに残されているため、近代化産業遺産に認定されています。

→史跡 尾去沢鉱山(公式)

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑯安の滝

中ノ又渓谷の奥にある上下二段、合計落差90mの滝で、日本の滝百選に選ばれている名瀑です。天候によっては虹が出ることでも知られています。

1時間ほどトレッキングしなければ見に行けない場所ですが、歩く価値は十分あります。

 

kazuya sasakiさん(@syrup1014)がシェアした投稿

「やす伝説」という乙女の悲恋話が伝えられており、恋愛成就の滝とも言われています。

→安の滝

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑰抱返り渓谷

仙北市にある景勝地「抱き返り渓谷(だきがえりけいこく)」は東北の耶馬渓と称される穴場観光地です。強酸性湯で知られる玉川温泉が上流にあることもあって、この渓谷は独特の青色をしています。

 

小野寺弥生さん(@y0905y_onodera)がシェアした投稿

遊歩道を奥まで進むと「回顧の滝(みかえりのたき)」が現れます。落差30mの勢いのある滝で、とても見応えがあります。

 

Kazuya Ogataさん(@kazuya_0914)がシェアした投稿

→抱返り渓谷

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑱くまくま園

北秋田市にある「阿仁熊牧場 くまくま園」はヒグマとツキノワグマのいる動物園です。ヒグマを間近で観察したり、ツキノワグマに餌をあげたりすることができます。

 

Michitomo Sasakiさん(@mitchie_blackmore)がシェアした投稿

園内で生まれた子熊が遊ぶ「こぐまの保育園」は特に人気。かわいい小熊のシャッターチャンスがいっぱいです。

 

kenさん(@wonderfulzooken)がシェアした投稿

→くまくま園観光情報

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑲小町堂

平安の美女・小野小町(おののこまち)を偲んで建てられたお堂です。湯沢市小野地区は小野小町が生まれ、晩年を過ごした地で、深草少将(ふかくさのしょうしょう)との悲恋の舞台でもあります。

 

mamanさん(@ma.to.to)がシェアした投稿

GoogleMapで見る

秋田のインスタスポット ⑳リゾートしらかみ

JR東日本が運行している五能線の「リゾートしらかみ」は、個性的な内装はもちろんのこと、魅力ある走行ルートと行き届いたサービスで人気の高いリゾート列車です。

リゾートしらかみ

「リゾートしらかみ」には「橅(ぶな)」「青池(あおいけ)」「くまげら」の3種類の車両があります。外観・内装のコンセプトカラーやデザインが異なること以外に、橅(ぶな)だけ3号車に飲食用のカウンタースペースがあります。

DSC_1084

フルフラットにもできる4人がけボックス席や、列車の最前部と最後部に設けられた展望スペースなど、列車での移動を最大限楽しめる工夫を凝らしており、海岸線を走る五能線ならではの美しい車窓風景を存分に堪能できます。

DSC_4422

→リゾートしらかみ(JR東日本)

まとめ

以上、秋田のインスタ映えスポットを厳選して紹介してみました。いかがでしたか?

秋田にはまだまだたくさんのフォトジェニックなスポットがあります。一度に欲張らず、何度かチャレンジして、お気に入りの一枚を手に入れましょう。

秋田旅行へ格安で行く裏技は、以下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク