[インスタ映え]和歌山旅行で観光・SNSにおすすめのスポットを20選!穴場や名所もあり

和歌山でインスタ映えをねらうならここ!最高級のフォトジェニックなスポットがあなたを待っています。せっかく旅行に行くんですから、素敵な写真を撮って帰りたいですよね。

数多い和歌山のフォトジェニックなスポットの中から、ここだけは撮っておきたいおすすめの場所を厳選して紹介します。

極上の一枚を求めて、インスタの旅に出かけてみませんか?

スポンサーリンク

 


和歌山でインスタ映えをねらうには

和歌山は広いですから、全体を一度に回るのは難しいでしょう。ある程度エリアを決めて回るか、長期計画で日数をかけて回ることをおすすめします。

公共交通機関では行きにくい場所も多くあります。レンタカーでの移動がベストかもしれません。道路は事前に確認しておきましょう。

景勝地は未舗装の道も多く、トレッキングを要する場合もあります。服装や靴はできるだけアクティブなものを選びましょう。

なお、インスタ映えをねらう旅行では、マナーを守るよう心がけましょう。迷惑になるようなことはつつしまなければなりません。

和歌山のおすすめインスタスポットはこれだ!

和歌山に行ったらぜひとも訪れたい定番スポット・穴場スポットはたくさんあります。以下に紹介するのは、そのうちのごく一部です。

和歌山のインスタスポット ①ポルトヨーロッパ

フランス、イタリア、スペインの街並みを再現した、南紀にふさわしいテーマパークです。20種類以上のアトラクションがあり、季節のイベントやキッズ・ショーも開催されるので、大人から子供まで楽しめます。

また、全国的にも珍しい「ペット同伴OK」のパークとしても知られています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TAKE-SEAさん(@take__sea)がシェアした投稿

→ポルトヨーロッパ(公式)

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ②アドベンチャーワールド

パンダといえば上野動物園が話題になりがちですが、国内で最も多くのパンダを飼育しているのは和歌山のアドベンチャーワールド。ここのパンダファミリーは6頭の大家族です。(2018年11月時点)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アドベンチャーワールド 公式さん(@adventureworld_official)がシェアした投稿

アドベンチャーワールドはマリンワールドとサファリワールド、それにプレイゾーンで構成されていて、動物園と水族館と遊園地が一度に楽しめる人気スポット。来園者数は年間100万人。

→アドベンチャーワールド(公式)

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ③友ヶ島

紀淡海峡の地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の4島から構成される友ヶ島(ともがしま)。その中心となる沖ノ島には、明治時代に日本軍によって建設された砲台や防備衛所などがあり、要塞島としての姿を現代に伝えています。

近年では「まるでラピュタ」「ジブリの世界」と話題になり、人気が高まっています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Belleさん(@bellebest9170)がシェアした投稿

友ヶ島は無人島ですが、一日4便の汽船が和歌山加太港から出ています。

→友ヶ島汽船

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ④白崎海岸

美しい景観が楽しめることで有名な白崎海岸(しらさきかいがん)。古くは万葉集にも詠われており、近年では「日本のエーゲ海」として注目されている、和歌山を代表する景勝地です。

白い岩と青い海のコントラストはインスタ映え間違いなし。展望台から淡路島や四国が見渡せることも。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@umekyu_umekyuがシェアした投稿

一帯は白崎海洋公園として整備されており、各種施設も充実しています。なお、2018年11月時点では台風被害による全面閉鎖となっているので要注意。

→白崎海洋公園

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑤熊野古道

熊野古道(熊野参詣道)は熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へ続く参詣道。その中心ともいうべき熊野本宮大社までは、南紀白浜空港からの直行バス(140分)も出ています。

「発心門王子-熊野本宮大社」ルートは高低差も少なく、初心者向きと言われています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Elina Kobayashiさん(@elina_1121)がシェアした投稿

また、石畳の道や夫婦杉、那智の滝で有名な「大門坂-熊野那智大社-那智の滝」ルートも大人気。こちらはJR線紀伊勝浦駅からバスで20分ほどで行くことができます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kaiさん(@kazz1109)がシェアした投稿

本格的に歩こうと思ったら大変ですから、まずは下見程度から。

→熊野参詣道(和歌山県世界遺産センター)

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑥小原洞窟恐竜ランド

和歌山の珍スポットとして有名な「小原洞窟恐竜ランド」。昭和の時代意に使われていた金鉱跡を利用して「古代の恐竜・生物」と「地獄・極楽の教え」を融合させた風変わりな世界を作りだしています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Risa Sasaki(Nagami)さん(@nagamin86)がシェアした投稿

→恐竜ランド&極楽洞

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑦高野山

高野山は金剛峰寺を中心に117もの子院が集まっている日本仏教の宗教都市です。今からおよそ1200年前に空海(弘法大師)がこの地に導かれたと伝えられています。

 

いけだ ちさん(@chi_i516)がシェアした投稿

高野山には2つの聖地があります。その一つが高野山の中心に建つ「壇上伽藍(だんじょうがらん)」です。密教思想に基づく曼荼羅(まんだら)の世界観をかたちにしたものだとされています。

 

twilight🌇さん(@1221twilight)がシェアした投稿

もう一つの聖地が御廟橋の先にある「奥の院」。空海の御廟があり、高野山の聖域とも言える場所です。

 

godphotojinさん(@godphotojin)がシェアした投稿

敷地が広大で、拝観するものが無数にある高野山。時間をかけてじっくりと廻りたいスポットです。

→高野山

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑧熊野本宮大社

世界遺産にも登録されている「熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)」は、全国に3000社ある熊野神社の総本宮です。熊野速玉大社、熊野那智大社とあわせて「熊野三山」と呼ばれています。

 

Chihiro Kさん(@chihiro.1868)がシェアした投稿

熊野のシンボルは「八咫烏(やたがらす)」と呼ばれる三本足のカラス。神武天皇を熊野国から大和国へと道案内をしたと言われている「神の遣い」です。熊野本宮大社には「八咫烏の像」「八咫烏ポスト」があります。こちらもお見逃しなく。

 

closet old manさん(@closet_old_man)がシェアした投稿

→熊野本宮大社

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑨大斎原

熊野本宮大社から500mほどの場所にある大斎原(おおゆのはら)。神が舞い降りたと伝えられる神聖な場所です。ここには1889年まで熊野本宮大社がありましたが、大水で全壊してしまったため、残った建物を現在の場所に移しました。

 

@footsteps5050がシェアした投稿

現在の大斎原には遠くからでも目立つ巨大な鳥居と石造の小祠があります。この大鳥居は高さが33.9mあり、日本一の高さです。

 

Tomoki Taniguchiさん(@jajao1228)がシェアした投稿

→大斎原

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑩神倉神社

熊野速玉大社の摂社「神倉神社(かみくらじんじゃ)」は、ゴトビキ岩と呼ばれる巨岩を御神体としていることで知られています。その迫力ある姿から、パワースポットとして人気です。

 

melさん(@mel_19891)がシェアした投稿

神倉山は熊野大権現が最初に降臨した地と伝えられており、神倉神社へは538段の石段を上って行きます。脚に自信のない人にはおすすめできません。

→神倉神社

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑪橋杭岩

奇岩スポットとして有名な「橋杭岩(はしぐいいわ)」。大小40ほどの岩が海岸から小島まで続く不思議な光景は、まさに橋を渡す杭のように見えます。

 

ℜさん♠︎さん(@riyota1674)がシェアした投稿

近くには道の駅「くしもと橋杭岩」があり、ドライブがてら立ち寄るにも便利です。

 

T Shimoさん(@tsksmn)がシェアした投稿

→橋杭岩

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑫三段壁洞窟

高さ50mほどの断崖絶壁が2キロに渡って続く名勝「三段壁(さんだんべき)」には、「源平の合戦」で活躍した熊野水軍の舟隠し場だったとされる「三段壁洞窟」があります。

 

リュウさん(@riyuu2443)がシェアした投稿

パワースポットとしても人気の洞窟へは、エレベーターで降りて行けるので楽々です。車椅子・ベビーカ―も可。

 

CRZ Hiroshiさん(@jun2.chii.717)がシェアした投稿

→三段壁洞窟

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑬あらぎ島

あらぎ島は有田川町にある棚田で、国の重要文化的景観に指定されている名所です。川の流れが湾曲した部分につくられており、その独特の形状が人気を呼んでいます。

 

Mitokoさん(@mito_stagram29)がシェアした投稿

季節によって景観ががらりと変わるので、折々に違った味わいがあります。イルミネーションが行われることもあり、幻想的なムードが漂います。

 

TatsuKawaseさん(@turuguren)がシェアした投稿

→あらぎ島

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑭とれとれヴィレッジ

南紀白浜にあるドーム型宿泊施設「とれとれヴィレッジ」は、ファンタジーの世界に入り込んだような気分にさせてくれる個性的なスポットです。

 

ピピさん(@piyo33pipi33)がシェアした投稿

特殊な発泡スチロール製のドームは全部で133棟あり、どれも内装・コンセプトが異なるという徹底したこだわりっぷり。アトピーやぜんそく対策のために珪藻土塗装を施した部屋やペット同伴可の部屋もあります。

 

@p.1103.cがシェアした投稿

エリアには入浴施設・バイキング・とれとれ市場もあるので、いろいろ便利。とても快適に過ごせると評判です。

ちなみにとれとれヴィレッジの隣にはパンダヴィレッジもあり、こちらはさらに突出した個性を発しています。

 

kaw0102さん(@kaw0102)がシェアした投稿

→とれとれヴィレッジ

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑮円月島

洞穴のある小島「高嶋」は円月島と呼ばれており、南紀白浜のシンボルになっています。洞穴越しに水平線が見えるので、春分の日や秋分の日の前後には夕日との奇跡のコラボが実現します。

→円月島

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑯和歌山城

虎伏山(とらふすやま)に建つ和歌山城は和歌山のシンボル。徳川御三家のひとつ、紀州徳川家の居城でした。暴れん坊将軍のモデルとして知られる8代・徳川吉宗や、14代・徳川家茂を排出しています。

二の丸と西の丸をつなぐ御橋廊下(おはしろうか)は、藩主とそのお付きしか渡れない屋根つきの渡り廊下でした。斜めに架けられたものは全国的にも珍しいということで、平成になって復元されました。

→史跡 和歌山城

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑰白良浜

南紀白浜にある「白良浜(しららはま)」は日本のワイキキと呼ばれるほどの美しいビーチで知られています。

真っ白な砂浜と透明度抜群の海に、日本であることを忘れてしまいそう!

→南紀白浜観光ガイド

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑱那智の滝

華厳の滝(栃木)・袋田の滝(茨城)と並ぶ日本三大瀑布のひとつである那智の滝(なちのたき)は、熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)の別宮・飛瀧神社の御神体でもある神聖な滝です。

落差は133m、滝壷の深さは10mにも及ぶ大瀑布は日本最大級。近くで見るとすごい迫力です。那智山青岸渡寺の三重塔との組み合わせはカメラ好きの間では定番となっています。

→那智の滝

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑲戸津井鍾乳洞

和歌山でただ一つの鍾乳洞、戸津井鍾乳洞(とついしょうにゅうどう)。100mほどの小さな洞窟ですが、2億5千万年以上前のペルム紀に形成されたと考えられており、学術的価値は計り知れません。

→戸津井鍾乳洞

GoogleMapで見る

和歌山のインスタスポット ⑳深山第一砲台跡

瀬戸内海国立公園の一部としてハイキングコースにもなっている深山(みやま)砲台跡。休暇村紀州加太(きしゅうかだ)の近辺には、地下にレンガで造られた弾薬庫跡や、由良要塞(ゆらようさい)の一つであった深山第一砲台の跡が残されており、歴史スポットとして人気です。

紀淡海峡が一望できる展望台もあり、絶景も楽しめるのでおすすめです。

→深山砲台跡

GoogleMapで見る

まとめ

以上、和歌山のインスタ映えスポットを厳選して紹介してみました。いかがでしたか?

和歌山にはまだまだたくさんのフォトジェニックなスポットがあります。一度に欲張らず、何度かチャレンジして、お気に入りの一枚を手に入れましょう。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク