【行くなら必見】あべのハルカス展望台(ハルカス300)の昼景・夜景は?アクセスは?注意点は?

大阪で夜景を楽しめる2大絶景スポットといえば「梅田スカイビル 空中庭園展望台」と「ハルカス300」です。

特にハルカス300は日本一の超高層ビル「あべのハルカス」の屋上だけあって、眺望も日本随一といわれています。

大阪旅行でハルカス300も訪れようと思い、いろいろ調べてみましたので、情報共有のためにご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 


ハルカス300へのアクセスは?

あべのハルカスの最寄り駅は次のいずれかになります。

・JR、地下鉄各線「天王寺」駅
・近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」駅
・阪堺電車「天王寺駅前」駅

車で行く場合は、高速道路14号松原線の天王寺出口が最寄です。(帰りは阿倍野入口になります。)

駐車場はアベノハルカス提携の下記駐車場なら、3,000円の買い物で2時間無料になります。ハルカス300のみの利用の場合は1時間600円が目安です。

・タイムズ近鉄パーキングビル(600円/時)
・タイムズ近鉄南(600円/時)

ハルカス300の営業時間・料金は?

公式サイトによると、ハルカス300の営業時間は9:00から22:00となっています。最終入場は21:30まで。年中無休です。

料金は次のようになっています。

区分大人
(18歳以上)
中高生
(12歳~17歳)
小学生
(6歳~11歳)
幼児
(4歳以上)
個人料金1,500円1,200円700円500円
障がい者料金750円600円350円250円
一般団体料金
(15人以上)
1,350円1,080円630円450円
学校団体料金
(15人以上)
1,200円高校生 960円
中学生 840円
560円400円

通常の当日券以外に、「ハルカス300 1dayチケット」というものが発売されています。何度でも再入場できるチケットなので、昼の景色と夜の景色を両方楽しみたい人はこちらを購入しましょう。

1dayチケットの料金は次のようになっています。

区分大人
(18歳以上)
中高生
(12歳~17歳)
小学生
(6歳~11歳)
幼児
(4歳以上)
個人料金
(再入場可)
1,950円1,650円950円750円
障がい者料金
(再入場可)
1,000円850円500円400円

さらに、入場時の混雑を避けたい人には、月間内に1回、優先レーンを通って入場できる「月間有効券」というものが販売されています。

区分大人
(18歳以上)
中高生
(12歳~17歳)
小学生
(6歳~11歳)
幼児
(4歳以上)
個人料金2,000円1,700円1,200円1,000円
障がい者料金1,250円1,100円850円750円

デートで行くなら入場券・記念撮影・ディナー券がセットになった「ハルカス300ペアプラン」もあります。

区分大人2名(18歳以上)
料金11,000円(税込/ペア料金)

※いずれも2019年11月時点の料金です。

当日入場券は「あべのハルカス16階 チケットカウンター」での購入となります。月間有効券はインターネットやコンビニ販売もあります。

⇒チケットぴあ

ハルカス300からの昼間の景色は?

昼間は京都から六甲山系、明石海峡大橋から淡路島、生駒山系、そして関西国際空港

以下は公式インスタから紹介します。

海方面の景色がこちら。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハルカス300(展望台)-HARUKAS300_OSAKA(@harukas300)がシェアした投稿

生駒山を含めた東の山々。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハルカス300(展望台)-HARUKAS300_OSAKA(@harukas300)がシェアした投稿

通天閣・大阪城・丹波山系方面。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハルカス300(展望台)-HARUKAS300_OSAKA(@harukas300)がシェアした投稿

ハルカス300は空中回廊を備えた58階、59階、60階の三層構造が特徴でもあります。景色だけでなく建物そのものも良い被写体になります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハルカス300(展望台)-HARUKAS300_OSAKA(@harukas300)がシェアした投稿

ハルカス300からの夜の景色は?

夜景の美しさは、多くの人がSNS等で紹介しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハルカス300(展望台)-HARUKAS300_OSAKA(@harukas300)がシェアした投稿

真っ暗な時間もいいですが、やはり日没後のマジックアワーの光景は見逃せません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハルカス300(展望台)-HARUKAS300_OSAKA(@harukas300)がシェアした投稿

ハルカス300での注意点は?

ハルカス300に行く時の注意点は次のとおり。

寒さ対策

標高が300m上がると気温は3℃下がります。吹き抜け構造で天井無しですから、天候によっては風も強くなりますから、暑い時期以外は服装の準備をある程度していかないと寒さに凍えることにもなりかねません。

トイレの場所

トイレは58階と59階にあり、59階のトイレのほうが大きめです。60階にはありません。混雑時には男子トイレも列ができるのだとか・・・。

59階のトイレはシースルーのトイレとして有名です。

コインロッカー

ハルカス300専用のコインロッカーはありません。チケットカウンターのある16階のコインロッカーが一番近いと思われます。

三脚は可でも混雑時は・・・

三脚は一応可ですが、空いている時ならいざ知らず、混雑時の三脚はひんしゅくを買うこともあるので注意が必要です。節度のあるカメラマンを目指しましょう。

おまけ

ハルカス300には「ヘリポートツアー」というオプションサービスがあります。最上階である屋上にあるヘリポートに出て、15~20分程度見学できる500円のツアーです。

吹きさらしの屋上で極上のスリルを味わいたい人はぜひ!

⇒ヘリポートツアー

まとめ

以上、あべのハルカス展望台「ハルカス300」について調べたことのまとめでした。

大阪に行ったらぜひ訪れたい名所です。高いところが苦手でなければ、地上300mの景色を堪能しにいきましょう。

できれば時間を十分にとって、昼と夜と両方楽しめるといいですね。

名称ハルカス300(展望台)
住所大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
営業時間9:00~22:00 年中無休
料金大人1500円~
アクセス・JR、地下鉄各線「天王寺」駅
・近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」駅
・阪堺電車「天王寺駅前」駅
駐車場・タイムズ近鉄パーキングビル(600円/時)
・タイムズ近鉄南(600円/時)
アベノハルカスでの買い物3,000円(税込)以上で2時間無料
⇒公式サイト

GoogleMapで見る

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク