【お得情報】TVで見た秋田のここに行きたい!これが食べたい!旅行に格安で行く裏技は?

秋田は本州の最北、日本海と太平洋の両方に面し、しかも白神山地をはじめとした山地・山脈もある自然豊かな観光エリアです。海の幸・山の幸に恵まれ、見どころもグルメもいろいろあります。

テレビで観て「秋田へ旅行に行ってみたい!」って思った人も多いのではないでしょうか。

秋田旅行を考えたら、事前に行き方はもちろんのこと、見どころ、食べ物、お土産などはチェックしておきたいもの。

インスタ映えする写真の撮れるフォトジェニックなスポットも欠かせません。

ついでに、旅行に格安で行く裏技や、現地でお得に過ごせる方法があったら最高だと思いませんか?

お得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけまとめてみました。

スポンサーリンク

 


秋田へ飛行機で行く

秋田飛行機で行ければ時間が短縮できて一番いいんだけど、という人は多いと思います。秋田には秋田空港大館能代空港があります。

秋田空港はJR秋田駅からリムジンバスで35分ほどの距離にあります。

秋田空港の国内路線は下記の空港と接続しています。

東京(羽田)、札幌(新千歳)、大阪(伊丹)、名古屋(中部)

秋田空港の国内線は日本航空(JAL)、全日空(ANA)が就航しています。

→秋田空港フライトスケジュール

大館能代空港は秋田県の北部側にあります。空港から最寄のJR大館駅まではリムジンバスで45分。能代駅までは車で45分です。

大館能代空港の国内路線は東京(羽田)のみ。日本航空(JAL)が運航しています。

→大館能代空港フライトスケジュール

(フライトは2018年11月時点の情報です。予告なしに変更される場合があります。)

飛行機にはマイルで乗るのがお得

飛行機をお得に利用するなら、やっぱりマイルを貯めて乗るのが一番おすすめです。マイルを貯める方法は大きく2つあります。

1.ポイントサイトを利用する
2.マイルの貯まるクレジットカードを活用する

例えば、東京(羽田)→秋田を利用する場合。

ANAの場合

ANAマイルの場合、東京(羽田)→秋田 のレギュラーシーズンの片道運賃は27,190円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。

ANAマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→秋田6000マイル27,190円

→ANA 往復運賃表(PDF)

→ANA 必要マイルチャート

実際には割引価格のチケットもあるので、購入時期によっては普通に購入したほうがお得な場合もありますが、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいです。

ANAマイルの貯め方については、以下の記事で紹介しています。

JALの場合

JALでは東京(羽田)→秋田 のレギュラーシーズンの片道運賃は27,890円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。

JALマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→秋田6000マイル27,890円

JALの場合、少し広めのクラスJが用意されています。マイルの場合は片道2000マイル追加することで利用できます。

実際には割引価格のチケットもあるので、購入時期によっては普通に購入したほうがお得な場合もありますが、JALは直接マイルで購入する以外にも、マイルをe JALポイントに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

→JAL 国内線運賃案内

→JAL マイル早見表

JALマイルの貯め方については、以下の記事で紹介しています。

秋田へ新幹線で行く

秋田には秋田新幹線で行きます。秋田県内の新幹線発着駅は「雫石」「田沢湖」「角館」「大曲」「秋田」の5駅です。

東京から1本で秋田まで行けるのは秋田新幹線「こまち」だけです。

東京から秋田までの「こまち」の乗車時間は4時間弱です。

新幹線は予約サービスを利用するのがお得

秋田新幹線を利用して秋田へ行く場合、JR東日本が提供している予約サービス「えきねっと」を利用すると割安になる場合があります。

特に早めの予約をした場合は「トクだ値」「お先にトクだ値」の特別価格で購入できるので、10~35%お得になります。

ホテルはポイントで泊まるのがお得

ホテルの中には、会員になるとポイントが貯まるものがあります。

そのポイントでお得に宿泊できるのはもちろんのこと、会員特典で1ランク上の部屋にアップグレードしてもらえたりすることもあります。

プリンスホテル

SEIBU PRINCE CLUBのポイントを貯めると、国内のプリンスホテル(または系列のホテル)に格安で宿泊することができます。

秋田の場合、十和田プリンスホテルがポイントで利用できるのでおすすめです。

十和田プリンスホテルなら、ツインに6000ポイントで宿泊できるので、かなりお得です。

プリンスポイントが貯まる「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」や「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールド」を活用したり、あるテクニックを使うと、ポイントが貯めやすくなります。

また、プリンスホテルはプリンスステータスサービスというシステムを導入しており、年間の利用金額に応じてステータスが上がり、翌年のサービス内容・特典がアップグレードするしくみになっています。

プリンスホテルに絞って利用するようにすれば、よりお得なサービスが受けられるようになります。

プリンスホテルに無料で宿泊する方法については、以下の記事で紹介しています。

マリオット

マリオット・インターナショナルのポイントを集めると、世界中にある高級ブランドのホテルにお得に宿泊することができ、とてもお得です。

ただ、残念ながら秋田にはマリオット系列のホテルがないので、ポイントを利用してお得に宿泊、というわけにはいきません。

東北で唯一の系列ホテルは宮城の「ウェスティンホテル仙台」になります。

マリオットリワードポイントを貯めることにより、ラグジュアリーな空間を格安で利用することができます。

マリオット・リワード・ポイントを貯める方法としておすすめなのは【SPGアメックス】というクレジットカードを活用することです。

普段の買い物で無理なくポイントが貯められるので、知らないうちに1泊分くらいは貯まってた、ということも・・・。

今なら無料宿泊1泊分のポイントはあっという間に貯めることができる紹介プログラムもあります。

マリオットに無料・格安で泊まる方法については、以下の記事で紹介しています。

秋田の”これ”が食べたい!

りんごやきりたんぽ、数々の海産物など、思いつく名産品がいろいろある秋田。ありすぎて何から食べればいいのか悩むくらいです。

秋田に行ったら絶対に食べたいものを、ちょっとだけ紹介します。

稲庭うどん(いなにわうどん)

「讃岐」「水沢」「氷見」「五島」に並ぶ日本五大うどんに数えられる「稲庭うどん」。平べったい麺で、つるっとしたのどごしが自慢の逸品です。適度な細さと食感で、熱烈なファンが多いことで知られるご当地うどんで、お土産にも最適です。

比内地鶏(ひないじどり)

愛知の名古屋コーチン、鹿児島の薩摩地鶏とともに日本三大美味鶏に数えられる秋田の比内地鶏。ストレスを貯めないように放し飼いで飼育された地鶏は濃厚な旨みとしっかりした歯ごたえが人気です。

比内地鶏の入ったきりたんぽ鍋は最強ですね。

横手焼きそば

B級グルメの大会「B-1グランプリ」で過去に優勝と準優勝を獲得している、ご当地B級グルメの覇者。ウスターソースとダシを組み合わせた味付けと、太めの湯で麺、そして福神漬けと目玉焼きのトッピングが特徴のオリジナル焼きそばです。

 

@wacowacowacoがシェアした投稿

男鹿しょっつる焼きそば

東北名物の魚「はたはた」を材料に作られた魚醤“しょっつる”は秋田の名物。男鹿市で食べられる「男鹿しょっつる焼きそば」は、しょっつるベースのタレに粉末わかめ・昆布だしを練りこんだ麺を用いたご当地グルメです。

海鮮具材だけを使っているのも特徴です。

 

@u868.jpがシェアした投稿

大曲納豆汁

北東北の家庭的な郷土料理「納豆汁」。すりつぶした納豆を使った具沢山の味噌汁で、素朴ながら濃厚な味わいが人気です。

特に納豆の街・大曲市の納豆汁は、地元産の納豆と旬の山菜やきのこを使って美味しくヘルシー、そして安全さをアピール。一度味わうと忘れられない逸品です。

バター餅

秋田の子供たちが大好きな名物「バター餅」。北秋田では40年以上の歴史を持つ郷土菓子です。バターが入っているので硬くなりにくく、冬場の猟師たちの非常食としても重宝したといわれています。

 

375さん(@375.29)がシェアした投稿

金萬(きんまん)

カステラ生地に白あんが入った秋田の名物お菓子。見た目小さくてかわいくて、素朴でおいしく、お土産品としても大人気です。ハローキティ金萬もあります。

 

こうさん(@koucharapo)がシェアした投稿

秋田の”ここ”が見たい!

秋田に行ったらぜひとも訪れたい定番スポット・穴場スポットを紹介します。

塩瀬崎

男鹿半島・大潟ジオパークは、大地の歴史を学べる広大な学習エリア。その一端にある塩瀬崎は、自然が生み出した数々の奇岩で有名です。

テレビCMに使われたこともある「ゴジラ岩」をはじめ、カメ岩・ガメラ岩・双子岩などユニークな巨岩が並びます。

 

miiさん(@miipekoo)がシェアした投稿

ちなみにこの近くには、門前の「なまはげ立像」があります。こちらもお見逃しなく。

 

ややこしやさん(@yayakoshiya.823)がシェアした投稿

田沢湖

水深が日本一の湖として有名な田沢湖。最大水深は423.4mで世界第17位です。かつてはクニマスの生息地としても知られていました。

 

Taku Noharaさん(@noharataku)がシェアした投稿

イメージキャラクターの「たっこちゃん」や湖畔に設置されているたつこ像は、この地に伝わる辰子伝説をモチーフにしています。

男鹿水族館GAO

東北一の巨大水槽を持つ水族館。ホッキョクグマ、ペンギン、アザラシ、アシカのショーが人気です。男鹿の海を再現した水中トンネルは、幻想的な写真が獲れるスポットとして知られています。

 

Shu (シュウ)さん(@s.komatsu)がシェアした投稿

→男鹿水族館GAO(公式)

なまはげ館・男鹿真山伝承館

秋田の伝統行事「なまはげ」を体験できる施設です。実演ショーの他、展示物も多く、なまはげの面なども間近で見ることができます。

 

hiyoさん(@hiyo.yohi)がシェアした投稿

「なまはげ」は怠けている者を諫め、災いを払うために家々を回る来訪神。2018年11月にはユネスコ無形文化遺産への登録も決定し、世界的にも知名度が高まりつつあります。

→なまはげ館・男鹿真山伝承館

まとめ

秋田へ旅行に格安で行く裏技、見どころやグルメの情報をちょっとだけお伝えしました。いかがでしたか?

ここでは紹介しきれないほど、秋田にはまだまだ有名・無名の名所や名産がいっぱいあります。

旅行へ行くときは、行き当たりばったりも楽しいですが、事前にいろいろ調べておくことをおすすめします。知らなかったお得情報や豆知識が頭に入っていれば、より楽しい旅行になること間違いなしです。

また、帰ってきてから「せっかくなら見ておくべきだった・・・」「知らずに素通りしちゃった・・・」「もっとお得に利用できたのに・・・」なんてことも、事前の情報収集があれば少なくてすみます。

当サイトではこれからも、楽しい旅行に役立つお得情報・豆知識をお伝えしていきます。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク