【お得情報】TVで見た山形のここに行きたい!これが食べたい!旅行に格安で行く裏技は?

山形は山地・山脈と日本海で囲まれた自然豊かな観光エリアです。海の幸・山の幸に恵まれ、見どころもグルメもいろいろあります。

テレビで観て「山形へ旅行に行ってみたい!」って思った人も多いのではないでしょうか。

山形旅行を考えたら、事前に行き方はもちろんのこと、見どころ、食べ物、お土産などはチェックしておきたいもの。

インスタ映えする写真の撮れるフォトジェニックなスポットも欠かせません。

ついでに、旅行に格安で行く裏技や、現地でお得に過ごせる方法があったら最高だと思いませんか?

お得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけまとめてみました。

スポンサーリンク

 


山形へ飛行機で行く

山形に飛行機で行ければ時間が短縮できて一番いいんだけど、という人は多いでしょう。山形には山形空港があります。

山形空港は中心都市にあるJR山形駅から、シャトルバスで35分ほどの距離にあります。

山形空港の国内路線は下記の空港と接続しています。

札幌(新千歳)、東京(羽田)、名古屋(小牧)、大阪(伊丹)

山形空港の国内線は日本航空(JAL)、フジドリームエアラインズ(FDA)が就航しています。

→山形空港フライトスケジュール

(フライトは2018年11月時点の情報です。予告なしに変更される場合があります。)

飛行機にはマイルで乗るのがお得

飛行機をお得に利用するなら、やっぱりマイルを貯めて乗るのが一番おすすめです。マイルを貯める方法は大きく2つあります。

1.ポイントサイトを利用する
2.マイルの貯まるクレジットカードを活用する

ANAの場合

山形空港にはANA便の就航がないのでANAマイルは使えないのですが、近隣の仙台空港はJR山形駅まで高速バスで1時間20分の距離にあります。ANAを利用して山形入りする方法も、場合によってはありかもしれません。

ANAマイルの場合、東京(成田)→仙台 のレギュラーシーズンの片道運賃は21,070円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。

ANAマイル必要マイル数運賃
東京(成田)→仙台6000マイル21,070円

→ANA 往復運賃表(PDF)

→ANA 必要マイルチャート

実際には割引価格のチケットもあるので、購入時期によっては普通に購入したほうがお得な場合もありますが、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいです。

ANAマイルの貯め方については、以下の記事で紹介しています。

JALの場合

JALでは東京(羽田)→山形 のレギュラーシーズンの片道運賃は18,990円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。

JALマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→山形6000マイル18,990円

JALの場合、少し広めのクラスJが用意されています。マイルの場合は片道2000マイル追加することで利用できます。

実際には割引価格のチケットもあるので、購入時期によっては普通に購入したほうがお得な場合もありますが、JALは直接マイルで購入する以外にも、マイルをe JALポイントに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

→JAL 国内線運賃案内

→JAL マイル早見表

JALマイルの貯め方については、以下の記事で紹介しています。

山形へ新幹線で行く

宮城には山形新幹線「つばさ」で行きます。山形県内の新幹線発着駅は「米沢」「高畠」「赤湯」「かみのやま温泉」「山形」「天童」「さくらんぼ東根」「村山」「大石田」「新庄」の10駅です。

東京から1本で新庄まで行けるのは山形新幹線「つばさ」だけです。「高畠」「赤湯」「かみのやま温泉」の3駅には一部の車両が停車し、その他の駅は全ての「つばさ」が停車します。

東京から山形までの「つばさ」の乗車時間は2時間45分ほどです。終点の新庄までは3時間30分ほどかかります。

新幹線は予約サービスを利用するのがお得

山形新幹線を利用して山形へ行く場合、JR東日本が提供している予約サービス「えきねっと」を利用すると割安になる場合があります。

特に早めの予約をした場合は「トクだ値」「お先にトクだ値」の特別価格で購入できるので、10~35%お得になります。

→えきねっと(JR東日本)

ホテルはポイントで泊まるのがお得

ホテルの中には、会員になるとポイントが貯まるものがあります。

そのポイントでお得に宿泊できるのはもちろんのこと、会員特典で1ランク上の部屋にアップグレードしてもらえたりすることもあります。

プリンスホテル

SEIBU PRINCE CLUBのポイントを貯めると、国内のプリンスホテル(または系列のホテル)に格安で宿泊することができます。

山形の場合、残念ながら県内に契約ホテルがないため、プリンスクラブのポイントを貯めたり使ったりする機会がありません。

東北は岩手や青森にあります。山形旅行で利用するのは難しいですが、岩手や青森に旅行する際にはポイントで宿泊できればかなりお得になります。

ちなみに雫石プリンスホテルなら、ツインに5000ポイントで宿泊できるので、かなりお得です。

プリンスポイントが貯まる「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」や「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールド」を活用したり、あるテクニックを使うと、ポイントが貯めやすくなります。

また、プリンスホテルはプリンスステータスサービスというシステムを導入しており、年間の利用金額に応じてステータスが上がり、翌年のサービス内容・特典がアップグレードするしくみになっています。

プリンスホテルに絞って利用するようにすれば、よりお得なサービスが受けられるようになります。

プリンスホテルに無料で宿泊する方法については、以下の記事で紹介しています。

マリオット

マリオット・インターナショナルのポイントを集めると、世界中にある高級ブランドのホテルにお得に宿泊することができ、とてもお得です。

東北で唯一の系列ホテルは宮城の「ウェスティンホテル仙台」になります。宮城旅行をする際に最適なホテルですが、山形旅行でも使えないことはありません。ホテルのある仙台駅と山形駅はJR仙山線で1時間30分です。

マリオットリワードポイントを貯めることにより、ラグジュアリーな空間を格安で利用することができます。

マリオット・リワード・ポイントを貯める方法としておすすめなのは【SPGアメックス】というクレジットカードを活用することです。

普段の買い物で無理なくポイントが貯められるので、知らないうちに1泊分くらいは貯まってた、ということも・・・。

今なら無料宿泊1泊分のポイントはあっという間に貯めることができる紹介プログラムもあります。

マリオットに無料・格安で泊まる方法については、以下の記事で紹介しています。

山形の”これ”が食べたい!

米沢牛や山形牛、岩ガキなどの海産物、フルーツなど、思いつく名産品がいろいろある山形。ありすぎて何から食べればいいのか悩むくらいです。

山形に行ったら絶対に食べたいものを、ちょっとだけ紹介します。

冷やしラーメン

山形の夏のご当地ラーメンとして人気なのが冷やしラーメン。「栄屋本店」が元祖です。夏の山形市の気温はかなり高くなるので、冷たいラーメンが食べたくなるのだとか。

トマトやきゅうりなどのトッピングは店によって違いがあります。スープに氷が入っていることも。

 

kasumiさん(@kasumi_js)がシェアした投稿

冷たい肉そば

河北町の名物料理。常温で出てくる、冷えても美味しい人気の鶏そばです。つゆが冷えているのでそばが伸びにくいという利点があります。

 

焚火人さん(@t_b_b5.3)がシェアした投稿

玉こんにゃく

こんにゃくの消費量が日本一と言われている山形では、スルメをダシにして醤油で煮た丸いこんにゃくがおなじみです。低カロリーの滋養食材として常に注目されているこんにゃくは、長い階段で知られる山寺でも「力こんにゃく」という名で販売され、疲労回復に役立っています。

 

msnr_ysdさん(@msnr_ysd)がシェアした投稿

山形のだし

ナス、キュウリ、ミョウガ、ねぎ、生姜、大葉などの夏野菜や香味野菜を細かく切って、醤油や酒、調味料で味付けして浅漬けにしたもの。ご飯やそばにのせて食べます。村山地方の郷土料理で、山寺の「美登屋」が有名です。

 

amy1222さん(@amy_kaneko1222)がシェアした投稿

山鉾丼

酒田港にある「みなと市場 小松鮪専門店」で話題を独占している名物が「海鮮山鉾丼」。ダイナミックな盛り付けから「鮪タワー」とも呼ばれています。

なかなかの量なので、自身のある人だけチャレンジしましょう。

 

Naobilly1220さん(@naobilly1220)がシェアした投稿

→酒田市みなと市場 小松鮪専門店

芋煮

江戸時代から芋煮会の習慣があった山形。秋になると河川敷で芋煮鍋を囲む姿がよく見られます。山形の芋煮はサトイモと牛肉を使い、味噌か醤油で味付けをするのが一般的ですが、村山・庄内・置賜・最上と地域によって特色があります。

 

🦊はるべ🐰さん(@harubeo227)がシェアした投稿

芋煮会は季節行事ですが、芋煮を一年中提供しているお店もあります。「山形長屋酒場」「花膳」「いのこ家 山形田」など、山形駅周辺のお店をのぞいてみましょう。

山形の”ここ”が見たい!

山形に行ったらぜひとも訪れたい定番スポット・穴場スポットを紹介します。

山寺(立石寺)

山寺の名前で親しまれている立石寺(りっしゃくじ)は、岩肌に沿ってつくられた千段以上の石段を登った先に建つ寺院。松尾芭蕉が「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」と詠ったことで有名です。

四季折々の自然の美しさに、登った疲れも忘れて心穏やかになる天空の世界です。

 

momomoさん(@smooopi)がシェアした投稿

→宝珠山 立石寺(公式)

銀山温泉

尾花沢市にある温泉地。山形で最も有名なフォトジェニック・スポットです。対象ロマンあふれる建物が並ぶ情景は、国内外から多くの観光客を集めています。

 

Naomi Muraoさん(@can_703)がシェアした投稿

鶴岡市立加茂水族館

世界から注目されているクラゲドリーム館が有名な加茂水族館。クラゲの展示種類数はギネス級です。

アシカショーや音楽イベント、クラゲ教室などもあり、とてもためになる水族館です。また、海岸に面した場所ならではの「ウミネコへの餌やり」なども体験できます。

→加茂水族館(公式)

羽黒山 五重塔

山岳信仰の聖地「出羽三山」には月山神社・湯殿山神社・出羽神社の3つの神社があります。そのひとつ、出羽神社のある羽黒山は、山形でも屈指のパワースポットとして知られています。

国宝に指定されている「五重塔」は特に人気スポット。厳かな雰囲気の中に突然現れたような巨大建造物は参拝者を圧倒します。

 

katsu1024さん(@katsu1024)がシェアした投稿

→出羽三山 公式ページ

まとめ

山形旅行に格安で行く裏技、見どころやグルメの情報をちょっとだけお伝えしました。いかがでしたか?

ここでは紹介しきれないほど、山形にはまだまだ有名・無名の名所や名産がいっぱいあります。

旅行へ行くときは、行き当たりばったりも楽しいですが、事前にいろいろ調べておくことをおすすめします。知らなかったお得情報や豆知識が頭に入っていれば、より楽しい旅行になること間違いなしです。

また、帰ってきてから「せっかくなら見ておくべきだった・・・」「知らずに素通りしちゃった・・・」「もっとお得に利用できたのに・・・」なんてことも、事前の情報収集があれば少なくてすみます。

当サイトではこれからも、楽しい旅行に役立つお得情報・豆知識をお伝えしていきます。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク