【2020年7月最新版】[インスタ映え]大分・別府旅行で観光・SNSにおすすめのスポットを20選!穴場や名所もあり

大分でインスタ映えをねらうならここ!最高級のフォトジェニックなスポットがあなたを待っています。せっかく旅行に行くんですから、素敵な写真を撮って帰りたいですよね。

数多い大分のフォトジェニックなスポットの中から、ここだけは撮っておきたいおすすめの場所を厳選して紹介します。

極上の一枚を求めて、インスタの旅に出かけてみませんか?

【2020年8月最新版】

スポンサーリンク

 


大分でインスタ映えをねらうには

大分県は広いですから、全体を一度に回るのは難しいでしょう。ある程度エリアを決めて回るか、長期計画で日数をかけて回ることをおすすめします。

公共交通機関では行きにくい場所も多くあります。レンタカーでの移動がベストかもしれません。道路は事前に確認しておきましょう。

景勝地は未舗装の道も多く、トレッキングを要する場合もあります。服装や靴はできるだけアクティブなものを選びましょう。

なお、インスタ映えをねらう旅行では、マナーを守るよう心がけましょう。迷惑になるようなことはつつしまなければなりません。

大分のおすすめインスタスポットはこれだ!

大分に行ったらぜひとも訪れたい定番スポット・穴場スポットはたくさんあります。以下に紹介するのは、そのうちのごく一部です。

大分のインスタスポット ①昭和のテーマパーク「ロマン蔵」

豊後高田市にある昭和の町のテーマパーク。2019年には平成も終わりを告げ、さらに過去へと遠ざかった昭和の時代を体験できる場所です。

民家や商店、学校の教室など、さまざまなものを再現しており、とくにおもちゃ関連ではコレクター必見です。

→昭和のテーマパーク「ロマン蔵」(豊後高田市観光サイト)

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ②沈堕(ちんだ)発電所跡

明治42年に建造された水力発電所跡。石造りの重厚な建造物に、廃墟ファンならずともインスタ狙いの観光客が急増中です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

D.c photographyさん(@d.c.photography.86)がシェアした投稿

近くには沈堕の滝があり、こちらも見ごたえがあります。

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ③関崎海星館

関崎海星館(せきざきかいせいかん)は大分市にある展望・天体観測施設です。天体観測室やパネル展示室、天体グッズのショップなどがあり、展望室からは豊予(ほうよ)海峡が一望できます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ほっとさんさん(@hottosan_kyomoyuku)がシェアした投稿

この地域はアサギマダラの群生が見られることでも有名です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Minato Tukinoさん(@tukino_minato)がシェアした投稿

→関崎海星館

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ④稲積水中鍾乳洞

稲積(いなづみ)水中鍾乳洞3億年前に形成された鍾乳洞が30万年前の阿蘇山の噴火で水没したもので、水中鍾乳石や水深40mの地底湖が見られる貴重な名勝です。水中鍾乳洞としては日本最大サイズになります。

→稲積水中鍾乳洞

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑤特急ゆふいんの森

ビュッフェ付きの特急列車というものは特別の楽しさがありますね。「特急ゆふいんの森」は博多駅から大分駅を経由して由布院駅まで行く特別列車で、グリーン&ゴールドの車体と、木調をベースにしたモダンな内装が特徴です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Daisuke Shibuyaさん(@honeycomb_photos)がシェアした投稿

車窓からの眺めも格別。3~4人の旅行にはテーブル付きのボックスシートも用意されています。

→特急ゆふいんの森(JR九州)

大分のインスタスポット ⑥九重”夢”大吊橋

歩行者専用の吊り橋としては日本一の高さ(173m)を誇る大分の名所です。眼下を流れる筑後川や震動の滝を高い場所から眺め、絶景とスリルを堪能してみては?

→九重”夢”大吊橋

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑦豊後森機関庫

近代化産業遺産・登録有形文化財に指定されている「豊後森機関庫(ぶんごもりきかんこ)」は、1934年から1971年まで使用されていた扇形機関庫や転車台の遺構です。豊後森機関庫公園・豊後森機関庫ミュージアムが併設されており、2015年からは国鉄9600形蒸気機関車も展示されています。

米軍機の機銃掃射の跡がそのまま残っているなど、歴史的にも価値のある機関庫は、鉄道ファンならずとも一見の価値があります。

→豊後森機関庫

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑧宇佐神宮

主祭神として八万大神(応神天皇)を祀る宇佐神宮(うさじんぐう)は、全国に約44,000社ある八幡宮の総本社。八幡様は万能の神としてさまざまなご利益を持つとされています。

上宮・下宮・西大門・呉橋など、境内の建造物は歴史的価値のあるものばかりで、どれも必見です。

→宇佐神宮

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑨白水溜池堰堤

白水溜池堰堤(はくすいためいけえんてい)は竹田市の大野川上流に造られた堰堤で、白水ダムとも呼ばれています。「日本一美しいダム」の呼び声高い堰堤の魅力は、落差14mの水流が紡ぐレースのカーテン。

衝撃を極力抑えて滑らかに流れる曲線構造になっており、一般的な荒々しいダムにはない癒しがあります。

→白水溜池堰堤

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑩扇森稲荷神社

古来より「こうとうさま」の名で親しまれている扇森稲荷神社(おうぎもりいなりじんじゃ)は、400年以上の歴史を持つ由緒ある神社。古墳時代にすでに祭事の場だったという説もあります。

一般に稲荷神社の主祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)ですが、扇森稲荷神社の場合は保食神(うけもちのかみ)。どちらも食べ物に関わる神様です。

稲荷神社によく見られる連続した鳥居が扇森稲荷神社にもあり、整然と並ぶその光景は異世界への通り道のようにも感じられます。

→扇森稲荷神社

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑪中津城

中津市のシンボルである「中津城」は、黒田官兵衛が九州で初めて築城した名城でした。残念ながら廃藩置県の際にそのほとんどが棄却されてしまい、現在の天守は昭和39年に建造された復元天守です。

 

エイテルさん(@__531__46)がシェアした投稿

中津城の城下は、名君ぞろいと謳われた奥平家による150年余りの安定政治のもとで栄えてきました。現在でも歴史的な建造物が多く残されており、見どころ満天の街となっています。

→中津城

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑫由布川峡谷

由布川峡谷は岩肌と岩肌の間の峡谷にたくさんの滝が流れる様が特徴的で、別名「東洋のチロル」とも呼ばれています。V字型の谷は12キロも続いていて、手付かずの自然が織り成す光景は見る人を圧倒します。

これまで何度か、台風等の災害によって壁面が崩れたり、峡谷へのルートが通行止めになったりしています。2019年1月時点でも通行止めが発生していますので、出向く際には公式情報の確認が必要です。

→由布川峡谷

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑬奈多海岸

杵築(きつき)市にある奈多海岸(なたかいがん)は、2キロに渡る白い砂浜と松並木、そして海に建つ八幡奈多宮の鳥居が有名な景勝地で、フォトスポットとしても人気があります。

八幡奈多宮は宇佐神宮の別宮として創建された1200年近い歴史を持つ神宮です。八幡神社は一般に複数の御祭神を祀っていて、万能のご利益があるとされています。

 

ラムミさん(@ramumi8)がシェアした投稿

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑭杵築城下街

杵築(きつき)城の城下は2つの坂に挟まれた全国でも他に類を見ないユニークな形状をしており、「サンドイッチ型城下町」と呼ばれています。

 

Hiroyoshiさん(@urusy)がシェアした投稿

江戸の風情が残る町並みが保存されており、観光客にも人気のスポット。レンタル着物も盛んです。また、映画やドラマで使われることもたびたびあります。

→杵築市観光協会

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑮くじゅう花公園

竹田市にある「くじゅう花公園」はデイジーやバラ、ネモフィラなどの広大な花畑で有名なおすすめのフォトスポットです。

ガーデンショップやレストラン、ギャラリーなども併設しており、家族みんなで楽しめるテーマパークとして人気です。

→くじゅう花公園

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑯湯布院フローラルビレッジ

九州随一のインスタ映えする街並みとして注目されている湯布院フローラルビレッジは、絵本の世界に入り込んだかのような気分にさせてくれる素敵な場所です。

 

櫻井琉央さん(@riou.sakurai)がシェアした投稿

イギリスのコッツウォルズ地方の街並みをモチーフにしており、楽しい雰囲気の中で食事やショッピングが楽しめます。

 

damiさん(@da00000mi)がシェアした投稿

→湯布院フローラルビレッジ

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑰金鱗湖

由布岳に並ぶ由布院のシンボル的存在の金鱗湖(きんりんこ)は、周囲400mほどの湖で、滑降の散策コースになっています。湖底から温泉が湧き出しているため、早朝には湖面が朝もやにつつまれ、とても幻想的です。

→金鱗湖

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑱別府タワー

地獄めぐりと並ぶ別府温泉のシンボルが「別府タワー」です。設計者は名古屋テレビ塔、通天閣、さっぽろテレビ塔、東京タワー、博多ポートタワーを設計した構造エンジニア、内藤多仲氏。6本揃えて「タワー六兄弟」と呼ばれています。

タワーから見下ろす別府の街並みは格別。別府湾や国東半島も見渡せます。

 

Sirou Hatayamaさん(@naragocoro)がシェアした投稿

→別府タワー

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑲真玉海岸

豊後高田市の海岸線「恋叶ロード」は縁結びのパワースポット「粟嶋社」やチームラボギャラリー、真玉海岸などロマンチックな場所がいっぱい!

 

もろこしさん(@tomokn5)がシェアした投稿

特に真玉海岸は「奇跡の夕日」の撮影スポットとして人気で、メディアなどにもたびたび紹介されています。

 

Photravelersさん(@photravelers)がシェアした投稿

→真玉海岸(ツーリズムおおいた)

GoogleMapで見る

大分のインスタスポット ⑳大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

水族館好きにはおすすめの撮影スポットが大分マリーンパレス水族館「うみたまご」。人気のイルカやアシカのショーはもちろんのこと、近年はかわうそやカメレオンなども注目されています。

見事な水面エフェクトが撮影できるスポットもあるとか。

→大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

まとめ

以上、大分のインスタ映えスポットを厳選して紹介してみました。いかがでしたか?

大分にはまだまだたくさんのフォトジェニックなスポットがあります。一度に欲張らず、何度かチャレンジして、お気に入りの一枚を手に入れましょう。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク