【2021年最新】東京・神奈川・千葉のかわいいおみくじが入手できる神社・寺院はここ!

近年はおみくじを人形などの中に入れて授与する神社やお寺が急増しています。

東京・神奈川・千葉の神社や寺院の中にも、かわいいおみくじ(ゆるみくじ)を入手できるところがいくつかあります。選りすぐりのおみくじが入手できる神社や寺院を紹介します。

おみくじを求めての神社・お寺巡り。あなたのお気に入りが見つかるかもしれませんよ。

※販売終了もしくは品切れの場合もあります。

スポンサーリンク

田無神社の五龍神みくじ(東京)

水が不足していた当地区に水の守り神である尉殿大権現を祀ったことを由来とする西東京市の田無神社。とても人気のある神社で、いつもにぎわっています。

田無神社では五行思想に基づいて金龍、黒龍、白龍、赤龍、青龍の五龍神をお祀りしています。

五龍のおみくじはここでしか手に入らないオリジナル。5色揃えて購入する人が多いとか。

名称田無神社(たなしじんじゃ)
住所東京都西東京市田無町3-7-4
アクセス西武新宿線 田無駅より徒歩6分
⇒公式サイト

芝大神宮の恋昇りみくじ(東京)

1005年創建の芝大神宮は鎌倉時代には源頼朝、江戸時代には徳川家康の信奉を受けた古社で「関東のお伊勢さま」とも呼ばれています。かわいい鯉の形の恋昇りみくじのほか、干支みくじも拝受できます。

名称芝大神宮(しばだいじんぐう)
住所東京都港区芝大門1丁目12−7
開館時間等9:00~16:00/年中無休
アクセスJR山手線・京浜東北線「浜松町」から徒歩5分
都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門」から徒歩1分
都営地下鉄三田線「御成門」から徒歩5分
⇒公式サイト

鷲神社の招き猫みくじ(東京)

酉の市(とりのいち)発祥の地として知られる鷲神社(おおとりじんじゃ)。福を呼ぶ”なでおかめ”が人気です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tetsuya Kono(@kounotet)がシェアした投稿

鷲神社では縁起物の招き猫みくじが入手できます。姿や表情にバリエーションがあるようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ミモザ色の風(@kumi_mimosa)がシェアした投稿

※2020年12月時点では入手できなくなっています。社務所の方に確認したところ、2021年の正月には限定販売を予定しているとのこと。

名称鷲神社(おおとりじんじゃ)
住所東京都台東区千束3-18-7
アクセス地下鉄日比谷線 入谷駅より徒歩7分
⇒公式サイト

浅草神社の一年安鯛みくじ(東京)

檜前浜成・武成という漁師の兄弟の網に仏像が引っかかり、その仏像を見た土師真中知が自宅を寺に変えて安置したことがきっかけで誕生した浅草寺。創建に貢献した三人を神格化してお祀りしているのが浅草神社です。

浅草神社では檜前兄弟にちなんだ一年安鯛みくじが人気です。

名称浅草神社(あさくさんじゃ)
住所東京都台東区浅草2-3-1
アクセス東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線・東武線の浅草駅から徒歩7分
⇒公式サイト

豪徳寺の招き猫みくじ(東京)

招き猫発祥の地とされる豪徳寺は、彦根藩第二代藩主・井伊直孝が当寺の飼い猫に招き入れられて大雨を免れたことがきっかけで井伊家の菩提寺となった寺院です。猫の死後に招猫堂が建てられ、招福猫児(まねぎねこ)という人形が作られるようになったのが、現在の招き猫のもとだとか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

たつまき(@s0860s)がシェアした投稿

豪徳寺では招き猫みくじが入手できます。

名称豪徳寺
住所東京都世田谷区豪徳寺2丁目24−7
アクセス東急世田谷線 宮の坂駅から徒歩4分

太子堂八幡神社の弁天みくじ(東京)

太子堂八幡神社では、厄除、家内安全、交通安全、安産、商売繁盛、学業成就、五穀豊穣、殖産興業などあらゆる面でご利益があるとされている八幡さまを祀っています。狐やうさぎのおみくじが入手できます。

太子堂には弁財天を祀った社もあり、授与品には弁天みくじも用意されています。

名称太子堂八幡神社
住所東京都世田谷区太子堂 5−23−5
アクセス東急世田谷線 西太子堂駅 徒歩5分
⇒公式サイト

六本木天祖神社の龍みくじ(東京)

六本木の街なかにある六本木天祖神社(龍土神明宮)は六本木の氏神神社です。御祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の三柱。

品川沖から夜ごと、竜が御灯明を献じたという伝説から、六本木天祖神社では正月限定で龍のおみくじが入手できます。

名称六本木天祖神社
住所東京都港区六本木7-7-7
アクセス東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩5分
⇒公式サイト

花園神社のダルマみくじ・きつねみくじ(東京)

新宿の繁華街にある花園神社は江戸時代にできた宿場町・内藤新宿の総鎮守として誕生した神社です。

花園神社ではダルマやキツネのおみくじが入手できます。

名称花園神社
住所東京都新宿区新宿5-17-3
アクセス地下鉄「新宿三丁目駅」下車
⇒公式サイト

愛宕神社のだるまみくじ(東京)

出世階段で有名な愛宕神社。愛宕山は東京都23区内の最高峰(海抜26メートル)。主祭神は火の神こと火産霊命(ほむすびのみこと)で、防火・防災、商売繁盛、縁結びなどのご利益があるとされています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

愛宕神社【Atagojinja】official(@atagojinja_gallery)がシェアした投稿

愛宕神社の授与品には、凛々しい顔のだるまみくじがあります。

名称愛宕神社
住所東京都港区愛宕1丁目5番3号
アクセス日比谷線「神谷町駅」「虎ノ門ヒルズ駅」より徒歩5分
⇒公式サイト

蛇窪神社の巳くじ(東京)

蛇窪神社(へびくぼじんじゃ)は正式名称を天祖神社(てんそじんじゃ)といい、白蛇を祀る神社として知られています。蛇窪はこの地区の昔の地名です。

蛇窪神社では12日に一度の巳の日限定で巳(み)くじを授与することができます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

牧 謙佑(@2ken_mark2)がシェアした投稿

名称蛇窪神社(天祖神社)
住所東京都品川区二葉4丁目4番12号
アクセス東急大井町線中延駅から徒歩6分
⇒公式サイト

徳大寺の猪みくじ(東京)

日本三大摩利支天のひとつとして知られる徳大寺。摩利支天には厄除け、招福、開運の御利益があり、気力・体力・財力を得られるパワースポットと評判になっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

s・tachi(@tachi8810)がシェアした投稿

江戸時代より当寺に伝わる「開運大摩利支尊天像」は聖徳皇太子の御手彫とされており、神使である猪にちなんだ猪みくじが授与品として用意されています。

名称摩利支天 徳大寺
住所東京都台東区上野4丁目6-2
アクセスJR御徒町駅・東京メトロ銀座線上野広小路・都営大江戸線上野御徒町駅より2分
⇒公式サイト

不忍池辯天堂の辯才天みくじ(東京)

不忍池辯天堂(しのばずのいけべんてんどう)は天海大僧正が建立したもので、ご本尊は8本の腕を持つ「八臂辯才天(はっぴべんざいてん)」。音楽と芸能の守り神であり、金運をもたらす御利益があるといわれています。

本堂正面にあるのは財をもたらす神とされている宇賀神(うがじん)の像。

不忍池辯天堂ではとてもかわいい弁天様のおみくじが入手できます。

名称不忍池辯天堂(しのばずのいけべんてんどう)
住所東京都台東区上野公園2−1
アクセスJR上野駅・地下鉄上野広小路駅・地下鉄上野御徒町駅から徒歩5分
⇒公式サイト

今戸神社の招き猫みくじ(東京)

浅草の縁結び神社として人気の高い今戸神社。招き猫の奉納が多い神社としても知られており、境内は猫関連の置物などでいっぱいです。

現代風のポップな招き猫がおみくじになっています。

種類がいろいろあるので、集めてみるのも楽しそうですね。

名称今戸神社(いまどじんじゃ)
住所東京都台東区今戸1丁目5−22
アクセス浅草駅より徒歩15分
⇒公式サイト

牛嶋神社の牛みくじ(東京)

860年創建の牛嶋神社は平安時代に源頼朝の寄進を受けて大きく発展した神社。珍しい三輪鳥居があることでも知られています。5年に一度の大祭では黒牛が曳く鳳輦(牛車)を中心とする行列が巡行する神幸祭が行われます。

牛嶋神社では授与品として干支みくじが用意されており、黒牛をモチーフにした牛みくじ(御守り)も入手できます。

名称牛嶋神社
住所東京都墨田区向島1-4-5
アクセス都営浅草線「本所吾妻橋駅」または東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」から徒歩5分
⇒公式サイト

神楽坂 赤城神社のうさぎみくじ(東京)

群馬県の赤城神社の分霊をお祀りしている神楽坂の赤城神社。古くより牛込地区一帯の鎮守として崇敬を集めています。

赤城神社では授与品として、縁をとりもつとされる因幡の白兎にちなんだ”うさぎみくじ”が用意されています。

名称神楽坂 赤城神社
住所東京都新宿区赤城元町1-10
アクセス地下鉄東西線「神楽坂駅」下車 徒歩1分
⇒公式サイト

赤坂氷川神社の干支みくじ(東京)

1730年創建の赤坂氷川神社。社殿は8代将軍 徳川吉宗公が建立したものとされ、歴代将軍からの厚い信奉を受けた神社です。境内には江戸時代から今に残る石碑や灯籠、狛犬などが見られます。

赤坂氷川神社ではかわいい干支みくじが拝受できます。

名称赤坂氷川神社(あかさかひかわじんじゃ)
住所東京都港区赤坂6-10-12
開館時間等9:00~17:00
アクセス千代田線 赤坂駅
日比谷線/大江戸線 六本木駅
南北線 六本木一丁目駅
銀座線 溜池山王駅
⇒公式サイト

八釼八幡神社のアサリみくじ(千葉)

源頼朝も社殿を寄進したという歴史ある八釼八幡神社(やつるぎはちまんじんじゃ)。古くより木更津の守り神として信仰を集めています。

八釼八幡神社ではとても珍しいアサリみくじが入手できます。

名称八釼八幡神社(やつるぎはちまんじんじゃ)
住所千葉県木更津市富士見1丁目6-15
アクセスJR内房線 木更津駅から徒歩3分
⇒公式サイト

白子神社の白蛇みくじ(千葉)

白蛇を守り神とする白子神社。縁結びのパワースポットとしても知られています。かっこいい白ヘビ様のおみくじが話題です。

名称白子神社
住所千葉県長生郡白子町関5364
アクセスJR外房線 茂原駅からバスで25分
⇒公式サイト

※2020年12月現在、白へびみくじは残念ながら神社側の都合で入手できなくなっています。

鶴峯八幡宮の鶴みくじ(千葉)

『関東三鶴』の一つに数えられる鶴峯八幡宮。昔の風情の残る閑静な神社で、隠れた癒し系スポットと呼ばれています。

鶴が羽を広げた姿を模した鶴みくじが入手できます。縁起物として好評です。

名称鶴峯八幡宮(つるみねはちまんぐう)
住所千葉県市原市中高根1223
アクセス小湊鉄道 光風台駅から徒歩15分
⇒公式サイト

柏神社の小槌みくじ(千葉)

江戸時代、この地に流行した疫病から人々を救済する厄除け神社として建てられた柏神社。地元では”天王様”の名で親しまれています。柏神社では「うちでの小槌 釣りみくじ」に挑戦できます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ライオンマン(@raionman8881)がシェアした投稿

名称柏神社(かしわじんじゃ)
住所千葉県柏市柏3-2-2
アクセスJR常磐線 柏駅から徒歩5分
⇒公式サイト

乾坤山 日本寺(千葉)

鋸山(のこぎりやま)の乾坤山日本寺(にほんじ)は725年に創建された関東最古の寺院。鋸山はロープウェイも完備されており、手軽にお参りできる人気スポットとなっています。1783年に造られた大仏や岩肌に掘られた百尺観音など見どころが豊富です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TOMOKO.K(@tomoko1122)がシェアした投稿

日本寺ではダルマみくじが入手できます。

名称乾坤山 日本寺
住所千葉県安房郡鋸南町元名184
アクセスJR内房線 浜金谷駅下車 ロープウェイ駅まで徒歩10分 山頂駅まで4分
⇒公式サイト

東光院の唐獅子みくじ(千葉)

千葉市緑区にある東光院は七仏薬師如来をご本尊とする寺院で、平将門の叔父である平忠常が病気平癒を願って建立したものと伝えられています。

境内にある大師堂は”ぴんぴんころり大師さま”として知られており、たいへん人気があります。

東光院ではかわいい唐獅子みくじなど、様々な縁起物のゆるみくじが入手できます。

名称東光院
住所千葉県千葉市緑区平山町278
アクセスJR外房線 鎌取駅からバス「平山坂下」で下車
⇒公式サイト

遠見岬神社の鯛みくじ(千葉)

遠見岬神社の御祭神・天冨命(あめのとみのみこと)は安房の国に文化と技術を伝えた房総半島全体の守り神。『かつうらビッグひな祭り』の重要拠点としても知られ、60段の石段一面におよそ1,800体のひな人形が飾られます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

JUN / 絶景ハンター(@az.junichi)がシェアした投稿

遠見岬神社では縁起物の鯛みくじが入手できます。

名称遠見岬神社(とみさきじんじゃ)
住所千葉県安房郡鋸南町元名184
アクセスJR外房線 鎌取駅からバス「平山坂下」で下車
⇒公式サイト

常泉寺のカッパのおみくじ(神奈川)

1588年創建の常泉寺は「花のお寺」「河童のお寺」として親しまれており、境内には四季折々の花木に紛れて300体以上のカッパの像が配置されています。

常泉寺ではとびきりかわいいカッパのおみくじが入手できます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ℂ⑅︎◡̈︎*(@sadacocco)がシェアした投稿

名称常泉寺(じょうせんじ)
住所神奈川県大和市福田2176
アクセス小田急江ノ島線 高座渋谷駅から徒歩7分
⇒公式サイト

走水神社のカッパのおみくじ(神奈川)

日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)を御祭神とする走水神社。上総国へ向かう日本武尊が海上で暴風雨に遭った際、弟橘媛が海へ身を投じて暴風雨を鎮めたという言い伝えがあり、走水神社には水運・武運と併せて女性の運気を高めるご利益があるとされています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開運コンサルタント 若宮ちえこ(@chieko_luckylabo)がシェアした投稿

この地には人助けをする河童の伝承があり、走水神社ではかっぱのおみくじが入手できます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おみくじ好き!(@omikujisuki)がシェアした投稿

名称走水神社(はしりみずじんじゃ)
住所神奈川県横須賀市走水2-12-5
備考社務所は午前9時~午後3時まで
アクセス京浜急行 馬堀海岸駅からバス「走水神社」下車、徒歩2分
⇒公式サイト

森戸大明神の恋し鯛みくじ(神奈川)

源頼朝が1180年に創建した森戸大明神(森戸神社)。商売繁盛、開運厄除、家内・交通安全、安産・子宝祈願、恋愛成就、水難よけなど、様々なご利益があるとされている葉山の守り神で、古くは将軍家や皇族による参拝もたびたび行われていました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

御朱印はじめました(@ss.jenja_yut)がシェアした投稿

恋愛成就祈願の”恋し鯛みくじ(こいしたいみくじ)”は、狙ったものを自分で釣り上げます。

2021年からは福を呼ぶ”ふぐ”のおみくじも仲間入り。

名称森戸大明神(もりとだいみょうじん)
住所神奈川県三浦郡葉山町堀内1025
アクセスJR横須賀線 逗子駅からバスで15分「森戸神社」下車すぐ
⇒公式サイト

長谷寺の和み地蔵みくじ(神奈川)

736年創建の長谷寺。御本尊の十一面観音菩薩は高さ9.18mの木彫仏で日本最大級。境内に2007年から設置されている和み地蔵(なごみじぞう)・良縁地蔵が人気です。

授与品には和み地蔵のおみくじもあります。

名称長谷寺(はせでら)
住所神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
アクセス小田急線 藤沢駅下車→江ノ電 長谷駅より徒歩5分
⇒公式サイト

海南神社の三崎まぐろみくじ(神奈川)

海南神社の御祭神は三浦の地に流れ着き、海賊を平定し、郷民に漁業の技術を伝えた藤原資盈公。三崎まぐろをモチーフにしたおみくじが人気です。

名称海南神社(かいなんじんじゃ)
住所神奈川県三浦市三崎4-12-11
アクセス三崎口駅からバス「三崎東岡」下車 徒歩5分
⇒公式サイト

最乗寺の天狗みくじ(神奈川)

600余年の歴史を持つ大雄山最乗寺は1394年に了庵慧明禅師が建立した寺院。了庵禅師の死後、弟子の道了尊者は天狗に姿を変え、寺の守護神となったと伝えられています。

最乗寺では天狗のおみくじを始め、いろいろなおみくじが入手できます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mina(@m.i.n.a999)がシェアした投稿

名称大雄山 最乗寺(さいじょうじ)
住所神奈川県南足柄市大雄町1157
アクセス伊豆箱根鉄道 大雄山駅からバス「道了尊」下車 徒歩5分
⇒公式サイト

杉本寺の福だるまみくじ(神奈川)

鎌倉市にある杉本寺(すぎもとでら)は734年に行基(ぎょうき)によって建立された、鎌倉最古の寺院です。源頼朝公が寄進したとされる前立本尊十一面観音像が安置されています。

強そうで可愛いだるまのおみくじが入手できるようです。

名称大藏山 杉本寺(すぎもとでら)
住所神奈川県鎌倉市二階堂903
アクセス鎌倉駅より京急バス「杉本観音」下車 徒歩1分
⇒公式サイト

まとめ

以上、東京・千葉・神奈川のかわいいおみくじ(ゆるみくじ)についての紹介でした。

見た目にかわいいおみくじは旅の想い出に持ち帰るには最適。身近な場所に置くことでご利益もあるかもしれません。神社や寺院を巡る目的の一つにしてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク