【お得情報】TVで見た栃木のここに行きたい!これが食べたい!旅行に格安で行く裏技は?

栃木は那須塩原・日光など有名すぎる名所の数々、宇都宮餃子をはじめとした豊かな食文化で知られるおすすめの観光エリアです。

テレビで観て「栃木へ旅行に行ってみたい!」って思った人も多いのではないでしょうか。

栃木旅行を考えたら、事前に行き方はもちろんのこと、見どころ、食べ物、お土産などはチェックしておきたいもの。

インスタ映えする写真の撮れるフォトジェニックなスポットも欠かせません。

ついでに、旅行に格安で行く裏技や、現地でお得に過ごせる方法があったら最高だと思いませんか?

お得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけまとめてみました。

スポンサーリンク

 


栃木へ飛行機で行く

栃木に飛行機で行ければ時間が短縮できて一番いいんだけど、という人は多いでしょう。でも残念ながら栃木には空港がありません。

栃木の近隣にある空港は茨城空港になります。茨城空港からレンタカーを借りたら、高速を使って50分ほどで宇都宮市街に着きます。鉄道・バスでも行けますが、乗り換えも多いのであまり実用的ではありません。

栃木旅行に茨城空港を利用するのは、レンタカーを利用するという条件のもとではありかもしれません。

ちなみに茨城空港はJR石岡駅から連絡バスで35分、JR水戸駅から高速バスで40分ほどの距離にあります。

茨城空港の国内路線は下記の空港と接続しています。

札幌(新千歳)、神戸、福岡、沖縄(那覇)

茨城空港の国内線はスカイマークエアラインズ(SKY)が就航しています。

→茨城空港フライトスケジュール

(フライトは2018年11月時点の情報です。予告なしに変更される場合があります。)

飛行機にはマイルで乗るのがお得

飛行機をお得に利用するなら、やっぱりマイルを貯めて乗るのが一番おすすめです。マイルを貯める方法は大きく2つあります。

1.ポイントサイトを利用する
2.マイルの貯まるクレジットカードを活用する

ANAの場合

茨城空港にはANA便の就航がないのでANAマイルを貯めたり使ったりすることができません。栃木旅行でどうしてもANAマイルを利用したいと考えた場合、成田空港から高速バスに3時間乗ってJR宇都宮駅に行く方法があります。場合によってはありかもしれません。

ANAマイルの場合、例えば大阪(伊丹)→東京(成田) のレギュラーシーズンの片道運賃は25,900円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。

ANAマイル必要マイル数運賃
大阪(伊丹)→東京(成田)6000マイル25,900円

→ANA 往復運賃表(PDF)

→ANA 必要マイルチャート

実際には割引価格のチケットもあるので、購入時期によっては普通に購入したほうがお得な場合もありますが、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいです。

ANAマイルの貯め方については、以下の記事で紹介しています。

JALの場合

JALでは大阪(伊丹)→東京(成田) のレギュラーシーズンの片道運賃は25,900円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。

JALマイル必要マイル数運賃
大阪(伊丹)→東京(成田)6000マイル25,900円

JALの場合、少し広めのクラスJが用意されています。マイルの場合は片道2000マイル追加することで利用できます。

実際には割引価格のチケットもあるので、購入時期によっては普通に購入したほうがお得な場合もありますが、JALは直接マイルで購入する以外にも、マイルをe JALポイントに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

→JAL 国内線運賃案内

→JAL マイル早見表

JALマイルの貯め方については、以下の記事で紹介しています。

栃木へ新幹線で行く

栃木には東北新幹線「なすの」「つばさ」「やまびこ」で行きます。栃木県内の新幹線発着駅は「小山」「宇都宮」「那須塩原」の3駅です。

宇都宮駅には「なすの」の全線と「つばさ」「やまびこ」の一部の線が停車します。3駅全てに停車するのは「なすの」の全線と「やまびこ」の一部の線だけです。「つばさ」は小山駅と那須塩原駅には停車しません。

東京から宇都宮までの「やまびこ」「つばさ」の乗車時間は50分ほど、「なすの」で60分弱です。

新幹線は予約サービスを利用するのがお得

東北新幹線を利用して栃木方面へ行く場合、JR東日本が提供している予約サービス「えきねっと」を利用すると割安になる場合があります。

特に早めの予約をした場合は「トクだ値」「お先にトクだ値」の特別価格で購入できるので、15~35%お得になります。

→えきねっと(JR東日本)

ホテルはポイントで泊まるのがお得

ホテルの中には、会員になるとポイントが貯まるものがあります。

そのポイントでお得に宿泊できるのはもちろんのこと、会員特典で1ランク上の部屋にアップグレードしてもらえたりすることもあります。

プリンスホテル

SEIBU PRINCE CLUBのポイントを貯めると、国内のプリンスホテル(または系列のホテル)に格安で宿泊することができます。

栃木の場合、残念ながら県内に契約ホテルがないため、プリンスクラブのポイントを貯めたり使ったりする機会がありません。

栃木の近隣でプリンス系列ホテルを探した場合、埼玉の川越プリンスホテルがあります。川越と宇都宮は電車で1時間20分ほどですが、栃木旅行で利用するのは難しいかもしれません。でもポイントで宿泊できればかなりお得になります。

ちなみに川越プリンスホテルの場合、ツインに6000ポイントで宿泊できるので、かなりお得です。

プリンスポイントが貯まる「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」や「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールド」を活用したり、あるテクニックを使うと、ポイントが貯めやすくなります。

また、プリンスホテルはプリンスステータスサービスというシステムを導入しており、年間の利用金額に応じてステータスが上がり、翌年のサービス内容・特典がアップグレードするしくみになっています。

プリンスホテルに絞って利用するようにすれば、よりお得なサービスが受けられるようになります。

プリンスホテルに無料で宿泊する方法については、以下の記事で紹介しています。

マリオット

マリオット・インターナショナルのポイントを集めると、世界中にある高級ブランドのホテルにお得に宿泊することができ、とてもお得です。

残念ながら栃木周辺にはマリオット系列のホテルがありません。関東では東京に集中しています。

東北で唯一の系列ホテルは宮城の「ウェスティンホテル仙台」になります。宮城旅行をする際に最適なホテルです。

マリオットリワードポイントを貯めることにより、ラグジュアリーな空間を格安で利用することができます。

マリオット・リワード・ポイントを貯める方法としておすすめなのは【SPGアメックス】というクレジットカードを活用することです。

普段の買い物で無理なくポイントが貯められるので、知らないうちに1泊分くらいは貯まってた、ということも・・・。

今なら無料宿泊1泊分のポイントはあっという間に貯めることができる紹介プログラムもあります。

マリオットに無料・格安で泊まる方法については、以下の記事で紹介しています。

栃木の”これ”が食べたい!

栃木といえば宇都宮餃子が全国的に有名ですが、それ以外にもおいしいものがたくさんあります。

栃木に行ったら絶対に食べたいものを、ちょっとだけ紹介します。

佐野ラーメン

青竹打ちという製法でつくられたコシの強い平麺、醤油ベースの透き通ったスープが特徴の、関東でも名の知れたご当地ラーメンです。佐野市のラーメン愛は「さのまる」というラーメン丼をかぶったゆるキャラを誕生させたほどです。

 

中里聡さん(@aquapig01)がシェアした投稿

スープ入り焼きそば

那須塩原市のご当地メニューです。ウスターソースの焼きそばに鶏がら醤油ベースのスープをかけたもので、昭和30年代から食べられているソウルフードです。

 

Yoshikazu Takeiさん(@zen1.takei)がシェアした投稿

焼きそばのウスターソースが徐々にスープと混ざり合って、どんどん美味しくなるとか。独特の旨みがくせになると評判です。

→塩原温泉郷「スープ入り焼きそば」

鮎料理

那珂川は天然鮎の遡上が日本一。川魚の女王と称される鮎の料理を堪能するなら、栃木名物の「観光やな」でいただく鮎づくしがおすすめです。

新鮮だからこその鮎の刺身をはじめ、塩焼き、フライ、鮎釜めしなど、どれも一度は味わいたい逸品です。

 

kazuto_hagiwaraさん(@kazuand)がシェアした投稿

温泉とらふぐ

海のない栃木の那珂川町では、温泉水をつかった「温泉とらふぐ」の養殖が盛んです。適度な塩分濃度のある温泉水が、海育ちのとらふぐにはない濃厚なうまみを生じさせるとか。地元の新しい絶品グルメとして知名度が高まっています。

いもフライ

佐野市のソウルフードともいえる「いもフライ」は、ふかしたジャガイモを一口大に切って、衣をつけて揚げたもの。長いもを混ぜることもあるという衣の生地は、まるでお好み焼きのようなボリュームがあり、食べ応え抜群です。単なる串揚げイモではないので、ぜひ一度ご賞味を。

 

rinrin4946さん(@rinrin4946)がシェアした投稿

栃木の”ここ”が見たい!

栃木に行ったらぜひとも訪れたい定番スポット・穴場スポットを紹介します。

日光東照宮

誰もが知る世界遺産「日光の社寺」。日光東照宮 · 日光二荒山神社・ 日光山輪王寺は栃木観光の要です。特に徳川家康公を祀る日光東照宮の絢爛さは目を見張るばかり。

とても一日では回りきれない日光エリアは、何度足を運んでも足りないくらい見どころ満載です。

 

Satosi field EASTさん(@satosifield)がシェアした投稿

華厳ノ滝

和歌山の那智の滝・茨城の袋田の滝と並んで日本三名瀑のひとつに数えられる「華厳ノ滝(けごんのたき)」。落差97mを一気に流れ落ちる様はまさに圧巻です。

滝を真正面から見られる場所までエレベーター(有料)で降りていくことができます。

 

ℛ ᴵ ᴺ .さん(@__.rin.stagram.__)がシェアした投稿

東武ワールドスクウェア

47の世界遺産を一度に見ることができる、25分の1サイズのミニチュア・テーマパーク。ヴェルサイユ宮殿やスフィンクス、ピサの斜塔、サンピエトロ大聖堂などなど、世界中の有名建築物102点が並んでいます。

とにかく面白い写真が撮れるので大人気。インスタ狙いでもかなりおすすめです。

 

rionaさん(@rio323na)がシェアした投稿

→東武ワールドスクウェア

大谷資料館

宇都宮市の大谷石採石場跡を利用してつくられた資料館および多目的ホールです。巨大な地下空間になっている採掘場跡は一般公開されており、コンサートや美術展に使われることもあります。

 

Yohei418さん(@yohei418)がシェアした投稿

→大谷資料館

まとめ

栃木へ旅行に格安で行く裏技、見どころやグルメの情報をちょっとだけお伝えしました。いかがでしたか?

ここでは紹介しきれないほど、栃木にはまだまだ有名・無名の名所や名産がいっぱいあります。

旅行へ行くときは、行き当たりばったりも楽しいですが、事前にいろいろ調べておくことをおすすめします。知らなかったお得情報や豆知識が頭に入っていれば、より楽しい旅行になること間違いなしです。

また、帰ってきてから「せっかくなら見ておくべきだった・・・」「知らずに素通りしちゃった・・・」「もっとお得に利用できたのに・・・」なんてことも、事前の情報収集があれば少なくてすみます。

当サイトではこれからも、楽しい旅行に役立つお得情報・豆知識をお伝えしていきます。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク