アニメ・映画『あの花』の気になるロケ地・聖地はここ⇒神社・公園・駅・学校・橋・打ち上げ櫓

『あの花』こと『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』がテレビアニメとして誕生したのが2011年。社会現象を引き起こした稀代の名作はコミックやアニメ映画にもなり、2015年には村上虹郎・浜辺美波らによる実写ドラマも制作されました。

2019年9月に劇場版『あの花』が地上波初放送ということでまたまた盛り上がりました。。

アニメと映画のロケ地は若干異なりますが、聖地としては秩父が有名です。アニメ作品の主なロケ地の場所とアクセス方法を紹介します。

スポンサーリンク

 


聖地巡礼の拠点「秩父神社」

秩父神社は『あの花』聖地巡礼の拠点となっているパワースポット。

名称秩父神社
住所埼玉県秩父市番場町1-3
アクセス秩父鉄道 秩父駅から徒歩3分

GoogleMapで見る

キングオブ聖地「旧秩父橋」

アニメ版・ドラマ版ともに『あの花』のシンボルとして有名なのが「旧秩父橋」です。橋上公園・遊歩道になっており、落ち着いた雰囲気の場所です。

オープニング映像やポスター等にも登場するので、『あの花』と聞けばこの場所を想起する人が多い「キングオブ聖地」です。

名称旧秩父橋(きゅう ちちぶばし)
住所埼玉県秩父市阿保町12−3759番地1先ほか
アクセス秩父線大野原駅から徒歩10分

GoogleMapで見る

「旧秩父橋」横の階段

秩父橋は橋上のシーンも有名ですが、劇場版では橋下へ降りる階段も登場しているため、重要なフォトスポットになっています。

名称旧秩父橋(きゅう ちちぶばし)
住所埼玉県秩父市阿保町12−3759番地1先ほか
アクセス秩父線大野原駅から徒歩10分

GoogleMapで見る

羊山公園の見晴らしの丘

アニメのオープニングに登場する有名なカット。ポッポの気分を味わうことができるスポットとして有名です。

名称羊山公園 見晴らしの丘
住所埼玉県秩父市熊木町41−1
アクセス秩父鉄道 西武秩父駅から徒歩13分

GoogleMapで見る

定林寺

超平和バスターズのメンバーが号泣する場所として知られる定林寺。秩父霊場の第17番札所です。回想シーンにも登場しており、聖地巡礼では重要なスポットとして知られています。

名称定林寺
住所埼玉県秩父市桜木町21-3
アクセス秩父鉄道 西武秩父駅から徒歩13分

GoogleMapで見る

西武秩父駅とその周辺

劇中に登場する聖地駅として知られる西武秩父駅。線路沿いにはめんまが歩いたフェンスも。

名称西武秩父駅
住所埼玉県秩父市野坂町1丁目16
アクセス秩父鉄道 西武秩父駅

GoogleMapで見る

龍勢打ち上げ櫓

地域農民による手作りロケットを空高く打ち上げる『龍勢祭り』の打ち上げ櫓(やぐら)。椋神社(むくじんじゃ)の例大祭として行われるこの祭りは、「秩父吉田の龍勢」の名で国の重要無形民俗文化財に指定されています。

毎年10月に行われる打ち上げでは、「超平和バスターズ」のロケット花火も上がります。

名称龍勢打ち上げ櫓
住所埼玉県秩父市下吉田7297
アクセス秩父鉄道 皆野駅から車で13分

GoogleMapで見る

秩父第一中学校

校庭脇のフェンス沿いの通学路や、学校の校門が劇中に登場する秩父第一中学校。

宿海と安城の登校シーンがよみがえります。

名称秩父市立秩父第一中学校
住所埼玉県秩父市滝の上町9−9−22
アクセス秩父鉄道 西武秩父駅から徒歩13分

GoogleMapで見る

まとめ

以上、映画『あの花』の主なロケ地の紹介でした。秩父では『あの花』関連のさまざまなイベントが行われていましたが、現在ではあまり見かけません。

秘密基地もあったようですが・・・。

いずれにしてもアニメ史上に永遠に残る青春ファンタジー作品『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の影響は、地域にとっても相当なものでした。本格的な聖地巡礼のさきがけといってもいいと思います。

近くに行った際には、ぜひ聖地探訪を!

なお、『あの花』のコミック版もかなりおすすめです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク