アニメ・映画『ここさけ』の気になるロケ地・聖地はここ⇒学校・公園・お寺・駅・ホテル

2011年に発表された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(『あの花』)のメインスタッフ(超平和バスターズ)が再集結して2015年に制作された『心が叫びたがってるんだ。』(『ここさけ』)は、『あの花』と同じく秩父を舞台にして制作されています。2017年にはSexy Zone中島健人芳根京子らによる実写映画も公開されました。

2019年10月には『あの花』『ここさけ』に続く秩父3部作の最後の作品『空の青さを知る人よ』が公開。話題になっています。

アニメ作品『ここさけ』の主なロケ地の場所とアクセス方法を紹介します。

スポンサーリンク

 


栃木県立足利南高等学校

物語の舞台となる揚羽高校の外観は、栃木県立足利南高等学校であることが知られています。

名称栃木県立足利南高等学校
住所栃木県足利市下渋垂町980
アクセス東武伊勢崎線県駅から徒歩7分

GoogleMapで見る

羊山公園

成瀬順が玉子の妖精に呪文をかけられた階段は羊山公園の「牧水の滝」付近にあります。羊山公園には『あの花』のオープニングで有名になった「見晴らしの丘」もあります。

名称羊山公園
住所埼玉県秩父市熊木町41−1
アクセス秩父鉄道 西武秩父駅から徒歩8分

GoogleMapで見る

大慈寺

拓実が住職と話していた神社は、秩父札所十番の萬松山 大慈寺(だいじじ)です。公式ポスターにも使われており、聖地の中では重要なスポットとされています。

羊山公園の裏手に位置します。

名称萬松山 大慈寺
住所埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬5151
アクセス秩父鉄道 御花畑駅から徒歩20分

GoogleMapで見る

横瀬駅

菜月と大樹が話をしていた駅のホームは西武秩父線の横瀬駅。高校の最寄り駅ということで登場するカットが多いスポットです。

名称横瀬駅
住所埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬 秩父郡横瀬町横瀬4067
アクセス西武秩父線 横瀬駅

GoogleMapで見る

お山の上のお城

物語の冒頭と終盤で印象的な場所として登場するお山の上のお城。この建物についてはいろいろなロケ地情報やモデルが噂されていますが、結局のところ「実在しない建物」という説で落ち着いています。

イメージの元になった可能性があるのは次のような場所です。

ホテルシャトーデュオ

群馬県高崎市鼻高町にあるホテル。プラザアテネという有名な廃墟でしたが2005年にリニューアルオープンしました。

GoogleMapで見る

ノイシュヴァンシュタイン城

日本人にとって西洋のお城のイメージといえば、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城が一番。架空のお城を描くにあたって参考にした可能性は十分あります。

GoogleMapで見る

まとめ

以上、映画『ここさけ』の主なロケ地の紹介でした。秩父はアニメ作品の聖地巡礼を推奨している地域。秩父三部作の舞台ということで見て回らなければならない場所が多くて大変ですが、マナーを守って節度ある巡礼を心がけましょう。

近くに行った際には、ぜひ充実した聖地探訪を!

なお、『ここさけ』のコミック版もかなりおすすめです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク