『劇場版 おっさんずラブ Love or Dead』気になるロケ地(香港・橋・公園・うどん屋)あの場所はどこ?

ごく普通のサラリーマンたちの純愛ストーリー(BL)として多くの人々から絶大な支持を受けた大ヒットドラマ『おっさんずラブ』。2019年には続編映画が公開されて大ヒット。

映画『劇場版おっさんずラブ Love or Dead』のロケは主に東京・神奈川・千葉、そして香港で行われました。

ドラマ以上に見どころが満載の『劇場版おっさんずラブ Love or Dead』。名シーンも多いので、またまた聖地が増えそうですね。

主なロケ地の場所とアクセス方法を紹介します。

スポンサーリンク

 


香港ロケ①「北角 春秧街マーケット」

上海勤務を経て香港勤務となった春田の姿が撮影されたと思われる場所です。

名称北角 春秧街マーケット
住所72 Chun Yeung St, North Point, 香港
アクセスMTR北角駅下車

GoogleMapで見る

香港ロケ②「鵝頸橋街市」

鵝頸橋街市は鵝頸橋熟食中心(青空マーケット)が有名な、香港らしい庶民的なストリート。こちらも香港勤務となった春田の姿が撮影されたと思われる場所になります。

名称鵝頸橋熟食中心
住所Wanchai Rd, Wanchai 
アクセスMTR銅鑼灣駅 A出口から徒歩8分

GoogleMapで見る

帰国した春田が桜の中を歩いた「菊野台3丁目緑地」

1年ぶりに日本に帰国した春田が桜吹雪の中を歩くシーンは、調布市にある「菊野台3丁目緑地」で撮影されています。

⇒映画「おっさんずラブ LOVE OR DEAD」の撮影が・・・(調布観光ナビ)

名称菊野台3丁目緑地
住所東京都調布市菊野台3丁目
アクセス京王線柴崎駅から徒歩11分 

GoogleMapで見る

春田と牧が歩いた「辰巳桜橋」

日本で再会した春田と牧が歩いた橋は江東区にある「辰巳桜橋」。花火大会に一緒に行くという1年越しの約束を楽しみにしている牧。仲の良い二人の姿がほほえましい名シーンがここで撮影されました。

名称辰巳桜橋
住所東京都江東区辰巳1丁目1
アクセス東京メトロ有楽町線辰巳駅から徒歩5分 

GoogleMapで見る

立ち退きに反対していたうどん屋「ゆで五郎」⇒「根岸屋」

春田たちは立ち退きに反対するうどん屋の気持ちを知るために、店の手伝いをしようとするが・・・。物語の中で重要な役割を持つうどん屋「ゆで五郎」のシーンは、青梅市にある「根岸屋」で撮影されています。

名称根岸屋
住所東京都青梅市勝沼1丁目40−4
アクセスJR東青梅駅から徒歩3分

GoogleMapで見る

春田と牧が訪れた花火大会の会場「相模湖公園」

春田と牧が花火大会デートで訪れた会場。ボートに乗って春田が落ちた湖は相模湖です。200人のエキストラ募集に当たった人たちは本当にラッキー!

名称神奈川県立相模湖公園
住所神奈川県相模原市緑区与瀬317−1
アクセスJR中央本線 相模湖駅から徒歩10分

GoogleMapで見る

春田たちの行きつけ居酒屋「わんだほう」の移転先「カラバッシュ」

春田の幼馴染・ちずの兄・鉄平が経営し、みんながよく利用していた「居酒屋わんだほう」のロケ地となっていた居酒屋「たつみ」が閉店したため、新生「わんだほう」として登場しているのが浜松町にあるアフリカ料理店「カラバッシュ」。アフリカの”おばちゃんの味”が人気です。

名称カラバッシュ
住所東京都港区浜松町2丁目10−1
アクセスJR浜松町駅南口S5階段より徒歩90秒

GoogleMapで見る

第二営業所の7人が並んで歩いた「竜閑さくら橋」

第二営業所の7人が横一列に並んで歩くかっこいいシーンが撮影されたのが、大手町にある「竜閑さくら橋」。大手町プレイスの北側に2018年に開通した歩行者専用の通路橋です。

名称竜閑さくら橋
住所中央区日本橋本石町4-1
アクセス東京メトロ丸の内線大手町駅から徒歩7分

GoogleMapで見る

まとめ

以上、『劇場版おっさんずラブ Love or Dead』の代表的なロケ地の紹介でした。

人気ドラマの続編映画化となるとハードルが高くなりすぎてコケることがよくありますが、『劇場版おっさんずラブ Love or Dead』はドラマファンからの評価が激高で、制作側がいかにファンの心理を把握していたかがわかる、最高の仕上がりになっています。

『おっさんずラブ』はドラマも映画も大人気。これはもう立派な日本のカルチャーです。文化勲章ものです!

近くに行った際には、ぜひ聖地探訪を!

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク