ドラマ『グランメゾン東京』の気になるロケ地・聖地はここ⇒橋,レストラン

木村拓也、鈴木京香、及川光博、沢村一樹などなど豪華俳優陣が揃ったドラマ『グランメゾン東京』。放送前から話題になっていました。

今回のキムタクドラマではどのようなロケ地が使われているのでしょうか。海外ロケもたっぷりなのだとか・・・。

本記事ではドラマ作品『グランメゾン東京』の主なロケ地の場所とアクセス方法を紹介します。

スポンサーリンク

 


フランス・パリ

番線もかねて沢村一樹と木村拓也がロケ地パリで街歩きをする番組がありました。番組のティーザートレーラーでもエッフェル塔らしきものが映っています。

パリでのロケは7日間に渡って敢行されたとか。映画なみですね。

尾花が早見に料理を作った店

尾花(木村拓哉)が早見(鈴木京香)に手長エビのエチュベを振舞ったお店は、サン=ソヴァール通りにあるJohana’s Fish & Chipsになります。

GoogleMapで見る

エッフェル塔の見える橋

早見と尾花が話をしていた、エッフェル塔が見える橋の上。撮影場所はビル=アケム橋の上だと思われます。

GoogleMapで見る

レストラン「gaku」

丹後(尾上菊之助)のレストラン「gaku」の撮影は、代官山にある有名な高級レストラン「Maison Paul Bocuse(メゾン ポール ボキューズ)」です。様々なドラマや映画で使われているロケ地の常連店。

GoogleMapで見る

豊洲市場

豊洲市場に木村拓也が突然登場してロケが行われ、その場にいた人全員がエキストラになったのだとか。働いている職場が突然ロケ地になったら、それは大騒ぎしますよね。

名称豊洲市場
住所東京都江東区豊洲6丁目3
アクセスゆりかもめ新豊洲駅から徒歩2分

GoogleMapで見る

東京タワー付近(国道1号)

東京タワーが映るカットは国道1号沿いだと思われます。付近に撮影用のレストランがあるのかもしれません。

GoogleMapで見る

東京ベイ東急ホテル

平古(玉森裕太)や松井(吉谷彩子)が働いているレストランは、東京ベイ東急ホテルの「CORAL TABLE」が撮影場所になります。

名称東京ベイ東急ホテル
住所千葉県浦安市日の出7丁目2番
アクセス京葉線新浦安駅から車で7分

GoogleMapで見る

フードフェス会場⇒フェスティバルウォーク蘇我

第5話でグランメゾン東京の面々がカレーを販売したフードフェス会場は、千葉県にある「フェスティバルウォーク蘇我」です。

名称フェスティバルウォーク蘇我
住所千葉県千葉市中央区川崎町51−1
アクセス蘇我駅西口より無料巡回バスで15分

GoogleMapで見る

肉フェス会場⇒さいたまスーパーアリーナ

同じく第5話でジビエハンバーガーを販売していたのは、さいたまスーパーアリーナのけやきひろば。実際に肉フェスが開催されていました。

名称けやきひろば
住所埼玉県さいたま市中央区新都心10
アクセスさいたま新都心駅から徒歩6分

GoogleMapで見る

餃子フェス会場⇒中野四季の森公園

同じく第5話、餃子フェスの会場は中野四季の森公園になります。

名称中野四季の森公園
住所東京都中野区中野4丁目13
アクセスJR中野駅から徒歩6分

GoogleMapで見る

まとめ

以上、ドラマ『グランメゾン東京』の主なロケ地の紹介でした。ロケ地が判明したら随時更新していきます。ロケ地訪問をする場合はマナーを守って節度ある巡礼を心がけましょう。

近くに行った際には、ぜひ充実した聖地探訪を!

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク