【お得情報】TVで見た新潟のここに行きたい!ついでにこれが食べたい!旅行に格安で行くには?

新潟は越後山脈などの山々と日本海にはさまれ、海にも山にも恵まれたエリア。見どころもグルメもいろいろ楽しめるおすすめエリアです。

また金鉱や佐渡おけさで知られるリゾート島「佐渡ヶ島」もあります。

テレビで観て「新潟へ旅行に行ってみたい!」って思った人も多いのではないでしょうか。

新潟旅行を考えたら、事前に行き方はもちろんのこと、見どころ、食べ物、お土産などはチェックしておきたいもの。

インスタ映えする写真の撮れるフォトジェニックなスポットも欠かせません。

ついでに、旅行に安く行く方法や、現地でお得に過ごせる方法があったら最高だと思いませんか?

お得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけまとめてみました。

スポンサーリンク

 


新潟へ飛行機で行く

富山飛行機で行ければ時間が短縮できて一番いいんだけど、という人は多いと思います。富山には富山きときと空港(富山空港)があります。

富山空港からJR富山駅までは空港連絡バスで20分ほどです。

富山空港の国内路線は下記の空港と接続しています。

札幌(新千歳)、東京(羽田)

富山空港の国内線は全日空(ANA)が就航しています。

→富山きときと空港フライトスケジュール

富山空港の難点は、やはり札幌便と羽田便しかないことです。場合によっては石川県の小松空港を利用するのも手かもしれません。

小松空港から富山駅への移動は、バスと鉄道で1時間半~2時間ほどです。(金沢経由)

小松空港の国内路線は下記の空港と接続しています。

札幌(新千歳)、仙台、成田、東京(羽田)、福岡、那覇

小松空港の国内線には全日空(ANA)、日本航空(JAL)、アイベックスエアラインズ(IBX)、日本トランスオーシャン航空(JTA)が就航しています。

→小松空港フライトスケジュール

(フライトは2018年11月時点の情報です。予告なしに変更される場合があります。)

飛行機にはマイルで乗るのがお得

飛行機をお得に利用するなら、やっぱりマイルを貯めて乗るのが一番おすすめです。マイルを貯める方法は大きく3つあります。

マイルの貯まるクレジットカードを活用する

マイルの貯まりやすいクレジットカードを持っていると、普段の買い物でどんどんマイルが貯まります。旅行の際の飛行機代がタダになるのはうれしいですね。

ポイントを貯めてマイルに交換できるサービスを利用する

広告を見たり無料会員登録をしたり、通販を利用したりすることでポイントが貯まるサービスがあります。貯まったポイントをマイルに交換できるサービスも多いので、大量マイルが無料で手に入ることも・・・。

マイルを格安で買う

マイルの価値は搭乗時期や利用する座席クラスによって異なりますが、1マイルあたり1.5円から2円とされています。

ANAの場合

最初にANAマイルを見てみましょう。

ANAマイルの場合、東京(羽田)→富山 のレギュラーシーズンの片道運賃は23,490円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。この場合、1マイル3.91円換算です。

ANAマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→富山6000マイル23,490円

→ANA 往復運賃表(PDF)

→ANA 必要マイルチャート

実際には割引価格のチケットもあるので、マイルの価値は変動します。

また、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいでしょう。

JALの場合

次にJALマイルの場合です。富山空港はJAL便の就航がありませんから、小松空港を利用した場合を想定します。

JALでは東京(羽田)と小松のレギュラーシーズンの片道運賃は25,890円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。この場合、1マイル4.31円換算です。

JALマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→小松6000マイル25,890円

JALの場合、少し広めのクラスJが用意されています。こちらは26,750円で、マイルの場合は片道2000マイル追加することで利用できます。

JALも実際には割引で安くなっているチケットもあるので、1マイルの価値は変動します。

→JAL 国内線運賃案内

→JAL マイル早見表

もしもこれらの換算値よりも安くマイルが手に入れば、現金で購入するよりもお得になります。

また、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいでしょう。

新潟へ新幹線で行く

北陸新幹線が金沢まで延伸したのが2015年。これにより石川への交通の便は格段に良くなりました。富山県内にも「黒部宇奈月温泉」「富山」「新高岡」の3つの新幹線発着駅があります。

東京から富山までの北陸新幹線の所要時間は「かがやき」で2時間10分、「はくたか」で2時間45分ほどです。

新幹線は予約サービスを利用するのがお得

北陸新幹線を利用して富山へ行く場合、JR東日本が提供している予約サービス「えきねっと」を利用すると割安になる場合があります。

特に早めの予約をした場合は「トクだ値」「お先にトクだ値」の特別価格で購入できるので、10~30%お得になります。

東海道新幹線を利用する場合は、えきねっとでも割引価格になりますが、もっと安く済む方法があります。それはJR東海が運営する新幹線予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」を利用する方法です。

「エクスプレス予約」「スマートEX」を経由して予約をすると、東海道新幹線や山陽新幹線の料金が大幅に割引されます。

「エクスプレス予約」を利用するにはビューカード系クレジットカードが必要で、年会費も1,080円(税込)かかりますが、距離によっては1回の乗車で年会費の元が取れるほどの割引料金で購入できます。頻繁に利用する人なら圧倒的にお得です。

「スマートEX」は年会費無料のサービスで、「エクスプレス予約」と比べると割引率や優待枠の数でやや劣りますが、早めの予約で大幅な割引になるなどのサービス内容は「エクスプレス予約」と同じです。

計画旅行であれば「エクスプレス予約」「スマートEX」で早めの予約をとることで、新幹線にお得な値段で乗れるのは間違いありません。

東京ー京都間の場合、EXグリーン早特が13,860円で購入でき、普通車よりも安い料金でグリーン車に乗れてお得です。

ホテルはポイントで泊まるのがお得

ホテルの中には、会員になるとポイントが貯まるものがあります。

そのポイントでお得に宿泊できるのはもちろんのこと、会員特典で1ランク上の部屋にアップグレードしてもらえたりすることもあります。

SEIBU PRINCE CLUB

SEIBU PRINCE CLUBのポイントを貯めると、国内のプリンスホテル(または系列のホテル)に格安で宿泊することができます。

富山の場合、残念ながら県内に契約ホテルがないため、プリンスクラブのポイントを貯めたり使ったりする機会がありません。

関西圏は京都にあります。京都ー富山間は特急サンダーバードと北陸新幹線の乗り継ぎで2時間30分。前泊など、使いようによってはありかもしれません。

ちなみにグランドプリンスホテル京都なら、デラックスツインまたはキングに8000ポイントで宿泊できるので、かなりお得です。

プリンスポイントが貯まる「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」や「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールド」を活用すると、普段の生活でポイントが貯めやすくなります。

また、プリンスホテルはプリンスステータスサービスというシステムを導入しており、年間の利用金額に応じてステータスが上がり、翌年のサービス内容・特典がアップグレードするしくみになっています。

プリンスホテルに絞って利用するようにすれば、よりお得なサービスが受けられるようになります。

マリオットリワード

マリオット・インターナショナルのポイントを集めると、世界中にある高級ブランドのホテルにお得に宿泊することができ、とてもお得です。

富山旅行の際に利用できる県内のホテルはありません。こちらもプリンス同様、最も近いホテルは京都になります。

京都の場合、リッツ・カールトン京都がおすすめです。マリオットリワードポイントを貯めることにより、ラグジュアリーな空間を格安で利用することができます。

マリオットリワードポイントを貯めることにより、ラグジュアリーな空間を格安で利用することができます。

マリオット・リワード・ポイントを貯める方法としておすすめなのは「SPGアメックスカード」というクレジットカードを活用することです。

普段の買い物で無理なくポイントが貯められるので、知らないうちに1泊分くらいは貯まってた、ということも。

新潟の”これ”が食べたい!

新潟の名産と言っても、いろいろありすぎて困るくらいです。

などの名産品が知られていますが、それ以外にもご当地グルメがたくさんあります。富山に行ったら絶対に食べたいものを、ちょっとだけ紹介します。

イタリアン

ソース焼きそばにミートソース(トマトソース)をかけた、新潟のご当地グルメです。新潟では当たり前のソウルフード的なメニューですが、県外では知られていません。しょっぱさと甘酸っぱさの愛称が抜群で、一度食べるとやみつきになると評判です。

 

Kuniakiさん(@koba920424)がシェアした投稿

実は滋賀の長浜にも「イタリアンやきそば」というご当地グルメがあります。食べ比べてみると似て非なるものだそうです。

新潟タレカツ丼

カツ丼には地域性がありますが、新潟の場合はトンカツを特製タレにくぐらせてからご飯にのせます。

見た目はソースカツ丼のようですが、タレは甘辛しょうゆベース。和風でシンプルなカツ丼が地元で愛されています。

→うますぎタレかつ軍

三条カレーラーメン

三条市に行ったら必ず食べたいのが、近年盛り上がりを見せている三条カレーラーメン。何軒かの店舗で食べられますが、それぞれに個性を持っていて、食べ比べる価値あり。

 

kyokoさん(@kyk096)がシェアした投稿

ちなみに新潟には“新潟5大ラーメン”というものがあり、もともとラーメン愛が強い土地柄。「新潟あっさり」「越後濃厚味噌」「燕背油系」「長岡しょうが醤油」「三条カレー」の5種類で、県内のさまざまなお店で食べられます。

柏崎鯛茶漬け

2013年の「第4回 全国ご当地どんぶり選手権」でグランプリを受賞し、一躍有名になったのが柏崎鯛茶漬け。揚げた鯛やいくらなどをのせたご飯にダシの効いたお茶をかけていただきます。

 

tomさん(@tomyan.0313)がシェアした投稿

鯛茶漬けが食べられるお店は市内に30店舗ほどありますが、店によってそれぞれ工夫があります。ご飯が鯛めしになっていたり、鯛の漬けが加わったりと、いろいろな鯛茶漬けがあって楽しめます。

糸魚川ブラック焼きそば

「黒さがハンパない!」と評判の糸魚川ブラック焼きそば。新潟県産のイカとイカ墨が使われているのが共通の特徴で、それ以外の具材は提供するお店によって異なります。

イカ好きにはたまらない逸品です。

 

染井よしの🌸さん(@ranjingyoshino)がシェアした投稿

笹だんご

新潟を代表する和菓子で、餡入りのヨモギだんごを笹の葉で包んであります。新潟県内には笹だんごの製造販売業者が100軒以上あるとか。形状もそれぞれ違いがあったりするので、好みのものを探す楽しみがあります。

 

mayuさん(@mmaayyou)がシェアした投稿

新潟には笹だんご以外にも、笹餅や笹飴など笹で包んだ和菓子が多く見られます。笹飴は夏目漱石の『坊っちゃん』にも登場しています。

わっぱ飯・へぎそば

どちらも新潟の郷土料理として知られています。「わっぱ」は杉の薄板でつくった丸い容器、「へぎ」は板状の器のことで、わっぱめしもへぎそばも容器の名前が由来です。

わっぱ飯は福島県の会津地方でも見られますが、新潟のわっぱめしの具材は主に海産物。お店によっていろいろですが、鮭やイクラ、カニなどが多いようです。

へぎそばはつなぎに布海苔を使用しているため、コシが強くてのど越しがサッパリしていると評判です。

 

アンディさん(@andy_harapeko_metal)がシェアした投稿

新潟の”ここ”が見たい!

新潟に行ったらぜひとも訪れたい定番スポット・穴場スポットを紹介します。

Befcoばかうけ展望室

朱鷺メッセ(ときめっせ)にあるホテル日航新潟の最上階が展望室になっており、「ばかうけ」で有名な栗山米菓が命名権を取得したため「Befco(ベフコ)ばかうけ展望室」という名前になっています。

 

tokkuniさん(@tokkuni0206)がシェアした投稿

125mという高さは本州日本海側では最高度で、新潟はもちろん、日本海は佐渡ヶ島や五頭連峰まで見渡せる360度パノラマが楽しめます。

→展望室(ホテル日航新潟)

龍ヶ窪の池

一日に約43,000tという膨大な量の湧き水により、一年中濁ることがないといわれる龍ヶ窪の池。飲用水としても使われており、地元では神聖な池として奉られています。その透明度は水草が見通せるほど。「全国名水百選」にも選ばれました。

 

@jm0101015がシェアした投稿

→龍ヶ窪の池(新潟県観光協会)

清津峡渓谷トンネル

遊歩道が通行禁止になった清津峡渓谷につくられた観光用の歩道トンネル。全長は750mあります。トンネル内の照明を工夫したり、最深部に人工池を造り、渓谷の絶景が映りこむようにするなど、随所にフォトジェニックなポイントがあり、観光客に大人気です。

 

nanaha.さん(@iam_nanaha38)がシェアした投稿

→清津峡渓谷トンネルのご利用(公式)

現美新幹線

越後湯沢から新潟までの区間を走る、世界最速の芸術鑑賞列車。食堂車も含めた各車両でアーティストが異なり、さまざまなコンセプトのもと、現代美術・写真・芸術作品を楽しむことができます。

 

Yuma Sakai papaさん(@sh.style529)がシェアした投稿

乗車時間は50分ほどなので、作品を見ていると、あっという間に終点に到着してしまいます。時間配分にご注意を。

 

intl.watariさん(@takashi.watari)がシェアした投稿

→現美新幹線(JR東日本)

笹川流れ

日本海随一といわれる透明度を誇る、村上市の海岸地域が「笹川流れ」です。奇岩や絶壁、洞窟などの景観が見られ、遊覧船も出ています。

シュノーケリングに最適の海岸ですが、近年は写真家が撮影したウユニ湖ばりの写真が注目を浴び、笹川流れの名は世界に広まりました。

→笹川流れ(村上市公式)

彌彦神社(やひこじんじゃ)

越後の一之宮である彌彦神社は2400年の歴史を持つ大社です。万葉集にも詠われた伊夜日子大神(いやひこのおおかみ)をご祭神に、また古くから神山として崇められてきた弥彦山を背後に控えています。伊夜日子大神は天香山命(あめのかごやまのみこと)の別名で、天照大神(あまてらすおおみかみ)の曾孫にあたります。

 

Takuya Endoさん(@takuta.endo)がシェアした投稿

境内には鹿園や鶏舎があり、厳かな中にも癒しの雰囲気があります。パワースポットとしても知られ、「火の玉石(重い軽いの石)」という石占いも人気です。

なお本社では、全国でも珍しい「2礼、4拍手、1礼」が正式です。

→彌彦神社(公式)

北沢浮遊選鉱場跡

金銀の採掘施設としては東洋一の規模を誇っていた北沢浮遊選鉱場跡。「ブラタモリ」でも紹介されました。

植物と同化した巨大な建造物は「佐渡のラピュタ」「古代ローマみたい」と評判になり、観光客が殺到しています。オンシーズンにはライトアップもされているとか。

 

@greatkochanがシェアした投稿

まとめ

新潟へのお得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけお伝えしました。いかがでしたか?

ここでは紹介しきれないほど、新潟にはまだまだ有名・無名の名所や名産がいっぱいあります。

旅行へ行くときは、行き当たりばったりも楽しいですが、事前にいろいろ調べておくことをおすすめします。知らなかったお得情報や豆知識が頭に入っていれば、より楽しい旅行になること間違いなしです。

また、帰ってきてから「せっかくなら見ておくべきだった・・・」「知らずに素通りしちゃった・・・」「もっとお得に利用できたのに・・・」なんてことも、事前の情報収集があれば少なくてすみます。

当サイトではこれからも、楽しい旅行に役立つお得情報・豆知識をお伝えしていきます。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク