【お得情報】TVで見た佐賀のここに行きたい!ついでにこれが食べたい!旅行に格安で行くには?

佐賀というと毎年11月に行われるバルーンフェスタが話題になっていますが、吉野ヶ里遺跡や唐津城、祐徳稲荷神社、嬉野温泉など名所がたくさんあります。

また近年はアニメ作品やゲームなどとのコラボも盛んで、『ロマンシング佐賀』『Sagakeen』『ゾンビランドサガ』など話題作が続々登場しています。

メディアで紹介されることも多いので、テレビ等で観て「ぜひ一度、佐賀へ行ってみたい!」と思った人も多いのではないでしょうか。

佐賀へ旅行をするなら、事前に行き方はもちろんのこと、見どころ、食べ物、お土産などはチェックしておきたいもの。

インスタ映えする写真の撮れるフォトジェニックなスポットも欠かせません。

ついでに、旅行に安く行く方法や、現地でお得に過ごせる方法があったら最高だと思いませんか?

お得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけまとめてみました。

スポンサーリンク

 


佐賀へ飛行機で行く

佐賀へ旅行する場合、飛行機で行ければ時間が短縮できて一番いいんだけど、という人は多いと思います。

そもそも九州には北九州・福岡・大分・佐賀・熊本・宮崎・長崎・鹿児島の8つの空港があります。

佐賀旅行の拠点となる空港は、もちろん佐賀空港。佐賀空港は県の中心地にある佐賀駅からバスで35分の距離にあります。

佐賀空港の国内路線は下記の国内空港と接続しています。

東京(羽田)、東京(成田)

佐賀空港の国内線は全日空(ANA)、Spring Japan(春秋航空日本:SSE)が就航しています。

→九州佐賀国際空港フライト情報

佐賀空港は路線が東京方面(羽田・成田)しかないのが難点です。もし福岡空港や長崎空港からのアクセスのほうが便利なのであれば、そちらを利用する手もありです。

(フライトは2018年11月時点の情報です。予告なしに変更される場合があります。)

飛行機にはマイルで乗るのがお得

飛行機をお得に利用するなら、やっぱりマイルを貯める方法が一番おすすめです。マイルを貯める方法は大きく3つあります。

マイルの貯まるクレジットカードを活用する

マイルの貯まりやすいクレジットカードを持っていると、普段の買い物でどんどんマイルが貯まります。旅行の際の飛行機代がタダになるのはうれしいですね。

ポイントを貯めてマイルに交換できるサービスを利用する

広告を見たり無料会員登録をしたり、通販を利用したりすることでポイントが貯まるサービスがあります。貯まったポイントをマイルに交換できるサービスも多いので、大量マイルが無料で手に入ることも・・・。

マイルを格安で買う

マイルの価値は搭乗時期や利用する座席クラスによって異なりますが、1マイルあたり1.5円から2円とされています。

JALマイル

佐賀空港へのJAL便はありませんから、JALマイルを利用する方法は使えません。

福岡空港の場合なら、東京(羽田)から福岡へのレギュラーシーズンの片道運賃は41,390円。この便にマイルを使って乗る場合に必要なマイル数は7500マイルです。

この場合、1マイル=5.51円という計算になります。

JALマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→ 福岡7500マイル41,390円

実際には早割のようにもっと安く購入できる割引航空券もあるので、1マイルの価値は1.6円ぐらいになることもあります。

→JAL 国内線運賃案内

→JAL マイル早見表

JALの場合、少し広めのクラスJが用意されています。マイルの場合は1区間(片道)2000マイルを追加することで利用できます。

ANAマイル

ANAマイルの場合、東京(羽田)と佐賀のレギュラーシーズンの片道運賃は39,490円で、マイルで乗る場合は7500マイル必要になります。1マイル5.51円換算です。

ANAマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→ 佐賀7500マイル39,490円

→ANA 往復運賃表(PDF)

→ANA 必要マイルチャート

ANAの場合も実際には早割などの割引航空券もあるので、1マイルの価値は変動します。

もしもこれらの換算値よりも安くマイルが手に入れば、現金で購入するよりもお得になります。

また、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいでしょう。

佐賀へ新幹線で行く

九州には九州新幹線が通っています。現在開通しているのは鹿児島ルートだけで、長崎ルート(西九州ルート)は2022年以降に開通する予定です。現時点で佐賀県内にある新幹線発着駅は新鳥栖駅です。また、佐賀に近い新幹線の発着駅としては福岡県の久留米駅があります。

東京から佐賀へ新幹線で行くには、博多までは山陽新幹線、博多から九州新幹線で新鳥栖駅まで行き、新鳥栖から佐賀駅まで在来線の特急に乗ります。

東京から博多までは「のぞみ」で300分ほど、博多から新鳥栖までは九州新幹線「さくら」で12分になります。新鳥栖から佐賀までは特急「かもめ」で12分です。

ただし博多ー新鳥栖間は新幹線を使うまでもなく、特急かもめで35分ほどで直行することもできます。九州新幹線にこだわりがなければ、こちらのほうが現実的です。

新幹線は予約サービスを利用するのがお得

新幹線を利用する場合、乗車券・特急券を普通に購入するよりも安く済む方法があります。それはJR東海が運営する新幹線予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」を利用する方法です。

「エクスプレス予約」「スマートEX」を経由して予約をすると、東海道新幹線や山陽新幹線の料金が大幅に割引されます。

「エクスプレス予約」を利用するにはビューカード系クレジットカードが必要で、年会費も1,080円(税込)かかりますが、距離によっては1回の乗車で年会費の元が取れるほどの割引料金で購入できます。頻繁に利用する人なら圧倒的にお得です。

「スマートEX」は年会費無料のサービスで、「エクスプレス予約」と比べると割引率や優待枠の数でやや劣りますが、早めの予約で大幅な割引になるなどのサービス内容は「エクスプレス予約」と同じです。

計画旅行であれば「エクスプレス予約」「スマートEX」で早めの予約をとることで、新幹線にお得な値段で乗れるのは間違いありません。

東京ー博多間の場合、前日購入では普通車指定席が21,810円するのに対し、EX早特なら17,400円で購入できます。

ホテルはポイントで泊まるのがお得

次にホテルですが、ホテルの中には会員になるとポイントが貯まるシステムを持つものがあります。

そのポイントでお得に宿泊できるのはもちろんのこと、会員特典で1ランク上の部屋にアップグレードしてもらえたりすることもあります。

SEIBU PRINCE CLUB

SEIBU PRINCE CLUBのポイントを貯めると、国内のプリンスホテル(または系列のホテル)に格安で宿泊することができます。

九州にある契約ホテルは、宮崎の「日南海岸 南郷プリンスホテル」の一か所だけです。ツインに5000ポイントで宿泊できます。

宮崎旅行以外で利用するのは難しいかもしれませんが、九州旅行の際の拠点としてはお得に利用できて便利だということをおぼえておくと役に立つかもしれません。

プリンスポイントが貯まる「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」や「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールド」を活用すると、普段の生活でポイントが貯めやすくなります。

また、プリンスホテルはプリンスステータスサービスというシステムを導入しており、年間の利用金額に応じてステータスが上がり、翌年のサービス内容・特典がアップグレードするしくみになっています。

プリンスホテルに絞って利用するようにすれば、よりお得なサービスが受けられるようになります。

マリオットリワード

マリオット・インターナショナルのポイントを集めると、世界中にある高級ブランドのホテルにお得に宿泊することができ、とてもお得です。

九州では宮崎の「シェラトン グランデ オーシャンリゾート」が、マリオットリワードポイントで利用できる唯一のホテルになります。

マリオット・リワード・ポイントを貯める方法としておすすめなのは「SPGアメックスカード」というクレジットカードを活用することです。

SPGアメックスカードの利用で貯まるスターポイントは、3:1の比率でマリオットリワードポイントに交換できます。

普段の買い物で無理なくポイントが貯められるので、知らないうちに1泊分くらいは貯まってた、ということも。

佐賀の”これ”が食べたい!

佐賀に旅行した際にぜひとも味わいたいご当地グルメ・定番グルメを、ちょっとだけ紹介します。

シシリアンライス

知る人ぞ知る佐賀のご当地グルメ。メディアでも時々取り上げられています。甘辛に炒めた牛肉・たまねぎと、トマトやレタスなどの生野菜・ゆで卵をトッピングして、その上にマヨネーズをかけたライスプレートで、起源は洋食屋さんの賄い飯だとか。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Michiko MiYharaさん(@miyharamichiko)がシェアした投稿

呼子のイカ

玄界灘のイカは全国的にも有名で、港町である呼子で食べる新鮮なイカの味は格別です。透き通るようなケンサキイカの生け造りは好評で、リピーターも多いとか。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ayako Tanakaさん(@tanan.chu)がシェアした投稿

有名なお店には「いか本家」「河太郎」「いか道楽」などがあります。

マジェンダ

2011年に誕生した小城市のご当地グルメ。さまざまな具材を載せた麺料理で、市内16箇所ほどのお店がそれぞれにオリジナリティあふれるマジェンダを提供しています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tamuraさん(@tamutamu0727)がシェアした投稿

麺も中華麺・豆乳麺・パスタ麺などさまざま。いろいろ楽しめるのも魅力です。

→小城市役所のホームページ

佐賀の”ここ”が見たい!

佐賀でおすすめの定番スポット・穴場スポットを紹介します。

祐徳稲荷神社

九州で一番の稲荷神社であり、日本三大稲荷にも数えられる祐徳稲荷神社。その堂々たる懸(かけ)造りの本殿は、かの有名な清水寺よりも高さがあります。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mineさん(@reo_mama0905)がシェアした投稿

日光東照宮の陽明門を模したとされる楼門といい、奥の院まで続く赤鳥居といい、撮影スポットの宝庫です。年間300万人が参拝する祐徳稲荷神社。佐賀旅行では必見です。

→祐徳稲荷神社

吉野ヶ里遺跡

弥生時代の遺跡の中では日本最大の規模を誇る吉野ヶ里遺跡。弥生時代においてクニと呼ばれていた大都市がそのままの規模で復元されています。

人々が住んでいたと考えられる村の様子や、倉や市、そして歴代の王が埋葬されていると考えられている王墓など、さまざまなものが発掘・復元されているので、弥生時代を身近に感じることができます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

雨涼さん(@kei_tuyu)がシェアした投稿

→吉野ヶ里歴史公園

唐津城

唐津湾に突き出た山に立てられた唐津城は海に面した石垣を持つ珍しい城で、海城とも呼ばれています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

富田篤史さん(@tomita_sensei)がシェアした投稿

天守は模造天守ですがその姿はとても美しく、この城を中心として東の虹の松原、西の西ノ松原が翼を広げた鶴のように見えることから、舞鶴城の別名で呼ばれることもあります。

→唐津城

海中鳥居

沖ノ島から海岸(大魚神社)まで続く海中の真っ赤な鳥居。インスタグラマーに人気のスポットです。

海中鳥居と大魚神社のある太良町は干満差が激しいことで有名で、干潮時には鳥居をくぐって歩けるほどになります。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yassyさん(@nostalgy33)がシェアした投稿

→海中鳥居(大魚神社)

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

嘉瀬川河川敷で毎年秋に行われるインターナショナルバルーンフェスタ。世界中から熱気球のチームが集まって競技が行われるほか、巨大バルーンが勢ぞろいするバルーンファンタジアも催されます。

大空を埋め尽くすバルーンを一目見ようと、多くの観客が集まります。インスタにはもってこいのイベントです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

©︎o©︎o-instaさん(@cocoa.inst)がシェアした投稿

有田ポーセリンパーク

美しいツヴィンガー宮殿が出迎える有田ポーセリンパーク。有田焼体験工房・登り窯・展示館・レストラン・ギャラリー・酒蔵・お土産品売り場などが揃った「酒・器」のテーマパークです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mariさん(@m_ri07)がシェアした投稿

有田町とドイツのマイセンが姉妹都市であることから、ドイツ風のパークの建造が実現しました。広大なバロック庭園も見どころです。

→有田ポーセリンパーク

まとめ

佐賀へのお得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけお伝えしました。いかがでしたか?

ここでは紹介しきれないほど、佐賀にはまだまだ有名・無名の名所や名産がいっぱいあります。

旅行へ行くときは、行き当たりばったりも楽しいですが、事前にいろいろ調べておくことをおすすめします。知らなかったお得情報や豆知識が頭に入っていれば、より楽しい旅行になること間違いなしです。

また、帰ってきてから「せっかくなら見ておくべきだった・・・」「知らずに素通りしちゃった・・・」「もっとお得に利用できたのに・・・」なんてことも、事前の情報収集があれば少なくてすみます。

当サイトではこれからも、楽しい旅行に役立つお得情報・豆知識をお伝えしていきます。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク