【お得情報】TVで見た群馬のここに行きたい!これが食べたい!旅行に格安で行く裏技は?

群馬は草津や伊香保といった有名な温泉が多く、温泉王国と呼ばれています。2014年に世界遺産に登録された富岡製糸場も人気を呼び、ますます注目されているおすすめの観光エリアです。

テレビで観て「群馬へ旅行に行ってみたい!」って思った人も多いのではないでしょうか。

群馬旅行を考えたら、事前に行き方はもちろんのこと、見どころ、食べ物、お土産などはチェックしておきたいもの。

インスタ映えする写真の撮れるフォトジェニックなスポットも欠かせません。

ついでに、旅行に格安で行く裏技や、現地でお得に過ごせる方法があったら最高だと思いませんか?

お得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけまとめてみました。

スポンサーリンク

 


群馬へ飛行機で行く

群馬に飛行機で行ければ時間が短縮できて一番いいんだけど、という人は多いでしょう。でも残念ながら群馬には空港がありません。

群馬の近隣の空港というと、最も近くても茨城空港になります。茨城空港からレンタカーを借りたら、高速を使って1時間30分ほどで高崎市街に着きます。鉄道・バスでも行けますが、乗り換えも多い上、3時間ほどかかるのであまり実用的ではありません。

群馬旅行に茨城空港を利用するのは、レンタカーを利用するという条件のもとではギリギリありかもしれません。

ちなみに茨城空港はJR石岡駅から連絡バスで35分、JR水戸駅から高速バスで40分ほどの距離にあります。

茨城空港の国内路線は下記の空港と接続しています。

札幌(新千歳)、神戸、福岡、沖縄(那覇)

茨城空港の国内線はスカイマークエアラインズ(SKY)が就航しています。

→茨城空港フライトスケジュール

(フライトは2018年11月時点の情報です。予告なしに変更される場合があります。)

飛行機にはマイルで乗るのがお得

飛行機をお得に利用するなら、やっぱりマイルを貯めて乗るのが一番おすすめです。マイルを貯める方法は大きく2つあります。

1.ポイントサイトを利用する
2.マイルの貯まるクレジットカードを活用する

ANAの場合

茨城空港にはANA便の就航がないのでANAマイルを貯めたり使ったりすることができません。栃木旅行でどうしてもANAマイルを利用したいと考えた場合、成田空港から高速バスに3時間乗ってJR宇都宮駅に行く方法があります。場合によってはありかもしれません。

ANAマイルの場合、例えば大阪(伊丹)→東京(成田) のレギュラーシーズンの片道運賃は25,900円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。

ANAマイル必要マイル数運賃
大阪(伊丹)→東京(成田)6000マイル25,900円

→ANA 往復運賃表(PDF)

→ANA 必要マイルチャート

実際には割引価格のチケットもあるので、購入時期によっては普通に購入したほうがお得な場合もありますが、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいです。

ANAマイルの貯め方については、以下の記事で紹介しています。

JALの場合

JALでは大阪(伊丹)→東京(成田) のレギュラーシーズンの片道運賃は25,900円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。

JALマイル必要マイル数運賃
大阪(伊丹)→東京(成田)6000マイル25,900円

JALの場合、少し広めのクラスJが用意されています。マイルの場合は片道2000マイル追加することで利用できます。

実際には割引価格のチケットもあるので、購入時期によっては普通に購入したほうがお得な場合もありますが、JALは直接マイルで購入する以外にも、マイルをe JALポイントに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

→JAL 国内線運賃案内

→JAL マイル早見表

JALマイルの貯め方については、以下の記事で紹介しています。

群馬へ新幹線で行く

群馬には北陸新幹線「はくたか」「あさま」で行きます。群馬県内の新幹線発着駅は「高崎」「安中榛名」の2駅です。

高崎駅には「あさま」の全線と「はくたか」の一部の列車が停車します。安中榛名駅は「あさま」「はくたか」ともに、一部の車両しか停車しません。

東京から高崎までの乗車時間は「はくたか」「あさま」ともに50分ほどです。

新幹線は予約サービスを利用するのがお得

東北新幹線を利用して榛名安中駅まで行く場合、JR東日本が提供している予約サービス「えきねっと」を利用すると割安になる場合があります。

特に早めの予約をした場合は「トクだ値」「お先にトクだ値」の特別価格で購入できるので、10~35%お得になります。

高崎までの乗車では割引対象にはならないので注意が必要です。

→えきねっと(JR東日本)

ホテルはポイントで泊まるのがお得

ホテルの中には、会員になるとポイントが貯まるものがあります。

そのポイントでお得に宿泊できるのはもちろんのこと、会員特典で1ランク上の部屋にアップグレードしてもらえたりすることもあります。

プリンスホテル

SEIBU PRINCE CLUBのポイントを貯めると、国内のプリンスホテル(または系列のホテル)に格安で宿泊することができます。

群馬の場合、残念ながら県内に契約ホテルがないため、プリンスクラブのポイントを貯めたり使ったりする機会がありません。

群馬の近隣でプリンス系列ホテルを探した場合、埼玉の川越プリンスホテルがあります。川越と高崎は在来線と新幹線の乗り継ぎで60分ほどですが、群馬旅行で利用するのはちょっと難しいかもしれません。でもポイントで宿泊できればかなりお得になります。

ちなみに川越プリンスホテルの場合、ツインに6000ポイントで宿泊できるので、かなりお得です。

プリンスポイントが貯まる「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」や「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールド」を活用したり、あるテクニックを使うと、ポイントが貯めやすくなります。

また、プリンスホテルはプリンスステータスサービスというシステムを導入しており、年間の利用金額に応じてステータスが上がり、翌年のサービス内容・特典がアップグレードするしくみになっています。

プリンスホテルに絞って利用するようにすれば、よりお得なサービスが受けられるようになります。

プリンスホテルに無料で宿泊する方法については、以下の記事で紹介しています。

マリオット

マリオット・インターナショナルのポイントを集めると、世界中にある高級ブランドのホテルにお得に宿泊することができ、とてもお得です。

残念ながら群馬周辺にはマリオット系列のホテルがありません。関東では東京に集中しています。

群馬に比較的近いのは長野にある「軽井沢マリオットホテル」です。高崎と軽井沢は新幹線を使えば16分で行けます。群馬旅行をする際に利用しようと思えばできそうなホテルです。

マリオットリワードポイントを貯めることにより、ラグジュアリーな空間を格安で利用することができます。

マリオット・リワード・ポイントを貯める方法としておすすめなのは【SPGアメックス】というクレジットカードを活用することです。

普段の買い物で無理なくポイントが貯められるので、知らないうちに1泊分くらいは貯まってた、ということも・・・。

今なら無料宿泊1泊分のポイントはあっという間に貯めることができる紹介プログラムもあります。

マリオットに無料・格安で泊まる方法については、以下の記事で紹介しています。

群馬の”これ”が食べたい!

群馬といえば水沢うどんが全国的に有名ですが、それ以外にもおいしいものがたくさんあります。

栃木に行ったら絶対に食べたいものを、ちょっとだけ紹介します。

ご当地うどん

うどん王国とも言われている栃木には、名物うどんがたくさんあります。

水沢うどん

秋田の「稲庭うどん」、香川の「讃岐うどん」に並ぶ「日本三大うどん」のひとつが水沢うどん。小麦粉と塩、それに水沢の水だけをつかってつくる、コシの強いうどんです。

 

Haruyuki Hiroseさん(@hurry0403)がシェアした投稿

桐生うどん

桐生市のご当地うどんで、やや太めなのが特徴です。桐生のうどんにはひもかわと呼ばれる平べったい帯のようなうどんもあり、こちらもかなり特徴的。どうやって食べたらいいのか悩みそう。

 

Kenji Itoさん(@k.ito7788)がシェアした投稿

館林うどん

水の美味しい館林が生んだご当地うどん。麺を竹ざおにかけ、天日で乾燥させる製法が特徴的で、コシが強くても口当たりが柔らかいと評判です。

館林は上質の小麦の産地として江戸時代の頃から有名で、日清製粉グループの元となった「館林製粉」発祥の地です。

 

Verdy Fu ✈️⚽️🍴さん(@verdyfu)がシェアした投稿

分福茶釜の釜玉うどん

明治時代に館林で開業した老舗「花山うどん」がご当地うどんと茂林寺の分福茶釜を組み合わせて誕生させた「分福茶釜の釜玉うどん」。見ているだけでも楽しくなります。

U-1グランプリ(うどん日本一決定選手権)で優勝したこともあるうどんの味は格別です。

 

hanayamaudonさん(@hanayamaudon)がシェアした投稿

→花山うどん

弁当

群馬には個性的な弁当がたくさんあります。

峠の釜飯

知名度全国レベルの「峠の釜飯」。安中市の荻野屋がつくる釜飯弁当です。益子焼の釜に入っていて、その釜を家で使えば一合のご飯が炊けるのだとか。

駅弁として誕生した釜飯ですが、近年は直営ドライブインなどでの販売がメイン。日本で最も人気のある弁当と言われています。

上州御用鳥めし

全国にファンの多い「鳥めし」。群馬の場合、老舗「登利平(とりへい)」の「御用鳥めし」はソウルフードに近い存在だとか。秘伝のタレで味わう極上の鳥めしに、リピーター続出です。

 

ぽ て ま るさん(@potemal_0202)がシェアした投稿

→登利平(とりへい)

だるま弁当

 

横山辰太郎さん(@ryu_jiro)がシェアした投稿

もっそ飯

平安時代の武将たちが持っていた木箱の弁当を「木層笥飯(もっそけめし)」と呼んでいたのがルーツだとか。別名「勝ち飯」。

 

P-mikiさん(@kyohogrape)がシェアした投稿

ちらしもっそ・栗もっそ・鳥もっそ・鮭もっそなど、具材によっていろいろなバージョンがあります。

おっきりこみ

群馬県の郷土料理で、「煮ぼうとう」「上州ほうとう」とも呼ばれています。山梨の「ほうとう」に似た幅広の小麦麺を、きのこ・にんじん・ごぼう・だいこんなどの野菜と一緒に煮込み、味噌や醤油で味付けをしてあります。

 

まぁちゃんさん(@_cookmad_)がシェアした投稿

焼きまんじゅう

群馬の郷土菓子「焼きまんじゅう」は、蒸した饅頭の串焼きです。黒砂糖や水飴を加えた味噌ダレをつけて焼くので、濃厚な甘さと香ばしさが甘党ファンにはたまらない逸品です。

冷めると固くなるので、焼きたてのアツアツをどうぞ。

 

Aku-1230さん(@aku1230ai)がシェアした投稿

群馬の”ここ”が見たい!

群馬に行ったらぜひとも訪れたい定番スポット・穴場スポットを紹介します。

富岡製糸場

養蚕の盛んだった富岡に明治政府が設立した、官営の模範工場です。昭和62年まで稼動していました。2014年に世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」に登録されて以来、多くの観光客で賑わっています。

 

Tatsuya/تاتسوياさん(@tatsu_jpw_5_5)がシェアした投稿

夕暮れからはライトアップも行われて、ムード満点です。

 

田村さん(@tamura4888)がシェアした投稿

珍名物の「お蚕チョコ」もどうぞ。

 

Ekomoさん(@ekomo0223)がシェアした投稿

→富岡製糸場

草津温泉

兵庫の有馬温泉、岐阜の下呂温泉に並ぶ「日本三大名湯」に数えられている草津温泉。源泉であり街のシンボルでもある湯畑(ゆばたけ)では毎分4600リットルの湯が噴出し、その横にある「熱の湯」では名物「湯もみ」が行われています。

 

@llab_hgihがシェアした投稿

夜はライトアップもあり、多くの観光客で賑わいます。

→草津温泉ポータルサイト

めがね橋とアプトの道

廃線となった碓氷峠鉄道施設を遊歩道として開放している「アプトの道」は、通称「めがね橋」で知られる碓氷第三橋梁(うすいだいさんきょうりょう)ほか3つの橋梁と10本の隧道(トンネル)がある6キロほどの散策コースです。

 

@haruna.lili.melがシェアした投稿

「めがね橋」は明治25年につくられた国内最大の煉瓦づくりアーチ橋。国の重要文化財に指定されています。

 

Hiroki Murakamiさん(@h.mrkm)がシェアした投稿

→あんなか観光ガイド

榛名神社(はるなじんじゃ)

1400年の歴史を持つ、群馬屈指のパワースポット。巨岩と共存している建造物は迫力満点。場所によっては古代の遺跡のような雰囲気さえあります。

 

chi〜photo.loveさん(@chiphoto.love)がシェアした投稿

双龍門や瓶子の滝、矢立て杉など見どころいっぱいですが、圧巻は本殿の「御姿岩(みすがたいわ)」。日本のバランスロックにみなぎるエネルギーを感じます。

 

遥さん(@ha___.__ru)がシェアした投稿

まとめ

群馬へ旅行に格安で行く裏技、見どころやグルメの情報をちょっとだけお伝えしました。いかがでしたか?

ここでは紹介しきれないほど、群馬にはまだまだ有名・無名の名所や名産がいっぱいあります。

旅行へ行くときは、行き当たりばったりも楽しいですが、事前にいろいろ調べておくことをおすすめします。知らなかったお得情報や豆知識が頭に入っていれば、より楽しい旅行になること間違いなしです。

また、帰ってきてから「せっかくなら見ておくべきだった・・・」「知らずに素通りしちゃった・・・」「もっとお得に利用できたのに・・・」なんてことも、事前の情報収集があれば少なくてすみます。

当サイトではこれからも、楽しい旅行に役立つお得情報・豆知識をお伝えしていきます。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク