【全国】四神(青龍・白虎・朱雀・玄武)に出会える代表的なスポットがこちら

全国には古くから伝わる伝説の神獣”四神”(しじん/ししん)が見られる神社やお寺があります。

四神
中国神話を発祥とする、天の四方の方角を司る霊獣。東の青龍(蒼龍)・南の朱雀・西の白虎・北の玄武の四獣は日本でもさまざまな事物に影響を与えている。

四神の由来や役割は諸説ありますが、その霊験は次のように伝えられています。

青龍…太陽の昇る東方の守護神。金運を呼び込み、商売繁盛をもたらす。
朱雀…南の守護神。大きな両翼によって災いをはらいのけて平安をもたらす。
白虎…太陽の沈む西方の守護神。鋭い睨みで邪気をはね返して幸せをもたらす。
玄武…北方の守護神。頑丈な盾として守りを固め、繁栄と長寿をもたらす。

東の青龍・南の朱雀・西の白虎・北の玄武を守り神とする信仰は奈良・京都・江戸などの都を築く際にも大きく影響したと伝えられています。最強パワースポットとしても名高い、四神にちなんだ神社・仏閣などを紹介します。

スポンサーリンク

京都・平安神宮の白虎と青龍

京都でもっとも有名な白虎と青龍は平安神宮にあります。太極殿の左右に建つ白虎楼と蒼龍楼に因んで奉納されたものです。

白虎の像は白虎楼(びゃっころう)側の手水舎にあります。

青龍の像は蒼龍楼(そうりゅうろう)側の手水舎にあります。

ちなみに京の都は平安神宮を中心に、東方:蒼龍は八坂神社、西方:白虎は松尾大社、
南方:朱雀は城南宮、北方:玄武は上賀茂神社(賀茂別雷神社)が守護しているとされています。

京都・護王神社の四神絵馬と相応図

京都市上京区にある「護王神社」は四神の姿が描かれた四神絵馬が有名です。拝殿には四神相応図も奉納されています。

港区・虎ノ門金刀比羅宮の銅鳥居

東京都港区にある「虎ノ門金刀比羅宮」は高層ビルの間に鎮座する近代的な神社。こちらには1821年に奉納された銅鳥居があり、左右の柱上部に施された四神の彫刻が人気を呼んでいます。

白虎↓

青龍↓

朱雀↓

玄武↓

江東区・亀戸駅前公園の四神

東京都江東区では平成4年にを改修した際に設置された亀のモニュメントを北の「玄武」とし、平成9年に東大島の「青龍」、平成18年に若洲公園の「朱雀」を設置。

平成27年に豊洲シビックセンター前に白虎のモニュメントを設置することで23年越しの四神包囲が完成しました。

千代田区・神田明神の四神

東京都千代田区にある「神田明神」の随神門には見ごたえのある四神の彫刻が施されています。昭和50年建立の門は平成10年に美しく塗り替えられました。

神奈川・亀ヶ池八幡宮の四神詣り御朱印

神奈川県相模原市の「亀ヶ池八幡宮」では境内を囲っている玉垣に四神の彫刻が施されています。これに因んだ期間限定の”四神詣り御朱印”が人気です。

千葉・松戸神社の神幸祭

千葉県松戸市の「松戸神社」で行われる神幸祭は四神が行幸に加わる珍しい祭りとして知られています。手水舎に施されている四神の彫刻も見ごたえがあります。

浜松・秋葉山本宮 秋葉神社の四神彫刻

静岡県浜松市にある「秋葉山本宮 秋葉神社」は標高866mの秋葉山山頂に建つ神社。 上社の西ノ閽の神門(にしのかどもりのしんもん)には御鎮座1300年記念事業(2021年)で施された四神の彫刻が施されています。

奈良・朝護孫子寺の白虎

奈良の朝護孫子寺には「西方守護神白虎」が設置されています。この白虎の姿は高松塚古墳の壁画に記されている白虎と同じです。

奈良・薬師寺の金堂本尊台座の四神

2021年に東塔の修復工事が完了した奈良・薬師寺。金堂の本尊台座には四神が彫られており、模型で確認することができます。

奈良・御霊神社の四神御守

奈良市薬師堂町「ならまち 御霊神社」では授与品として神獣四神御守が用意されています。

浜松・秋葉神社の白虎

静岡県浜松市にある「秋葉山本宮 秋葉神社」の西ノ閽(にしのかどもり)の神門には四神の彫刻が施されています。

千葉・松戸神社の白虎

千葉県松戸市の「松戸神社」で執り行われる神幸祭は『四神像』を伴った祭礼として知られています。

松戸神社の境内の手水舎にも白虎をはじめ四神の姿が見られます。

まとめ

以上、全国の四神にまつわる神社やお寺の紹介でした。四神はこの他にもさまざまな場所で目にすることができます。あなたの近所の思わぬ場所でも四神に出会えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク