ホテルのクラブラウンジが楽しい♪大阪マリオット都ホテル<宿泊記ブログ>

ホテルのクラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)は一度経験すると病みつきになってしまう空間です。

ディズニーランドが魔法の国であるように、ラグジュアリーなホテルも独特の雰囲気があって、その中でもクラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)は特別。

さらにフードプレゼンテーションが充実しているとホテルライフが格別なものになります。

今回は、大阪マリオット都ホテルに宿泊した際の様子を少しだけご紹介します。

「大阪マリオット都ホテル」は「あべのハルカス」高層階

大阪・天王寺、高さ300mを超える「あべのハルカス」上層階に位置する「大阪マリオット都ホテル」。フロントは19階にあり、客室は38階~55階の天空のホテルです。

名前の通りマリオットヴォンボイ参加ホテルです。

つまり【SPG アメックス】を所有しているとマリオットのゴールド会員資格がもらえ、何かとお得になる便利に宿泊できるホテルです。

しかも、【SPG アメックス】でマリオットのポイントを貯めるとポイントを使って「大阪マリオット都ホテル」に無料宿泊が可能です。

基本的にホテルに宿泊することだけが目的という人は少ないと思うので、ホテルを選択する上で利便性は選択の上位項目。

ビジネス目的での宿泊だと、他のマリオット系ホテルより利便性は下がるかもしれませんが、観光で大阪方面ならおすすめのホテルです。

「あべのハルカス」にも行きやすく、おまけに宿泊者は展望台「ハルカス300」が無料で利用できます。

大阪マリオット都ホテルの部屋

「大阪マリオット都ホテル」の人気の理由の1つは部屋にあると思います。

客室は38階~55階にあるので、まず眺望は抜群。夜景もきれいです。

落ち着いた色合いでベッドも大きめ。部屋の広さも38㎡ほどあります。

お風呂は湯舟があり、家にいるような感覚で入れます。

洗面台も使いやすい、落ち着いた作りです。

2019年はカテゴリー6です。

大阪マリオット都ホテルのラウンジ

「大阪マリオット都ホテル」の38階にはクラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)があります。キーがないと入れません。

マリオットリワード・プラチナメンバー以上は無料で利用できます。

中は吹き抜けのある広々とした空間です。

フードプレゼンテーションは4回。それぞれの時間帯で十分楽しませてもらえます。

朝食:6:30~7:00(コンチネンタルブレックファースト)
   7:00~10:30(和洋ブッフェ)
アフタヌーンティー:14:30~17:00
カクテルタイム:17:30~19:30
バータイム:19:30~21:30
(ティータイムとして6:30~23:30まで利用可能)
(小学生以下のお子さんは19:30まで)

カクテルタイムにはアルコールもあります。

朝食もオムレツから野菜まできちんと取れました。和洋どちら派でもOKです。

大阪マリオット都ホテルを利用する方法

以前は【SPG アメックス】を所有しているとマリオットのゴールド会員資格で利用できました。

が、2019年11月現在、プラチナメンバー以上でないとクラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)は利用できません。

ただ、「大阪マリオット都ホテル」の場合、日によってはポイントのみでクラブラウンジを利用できる部屋を予約できることがあります。

つまり【SPG アメックス】を持ってポイントを貯めていれば、無料でクラブラウンジを利用できる部屋を利用できるチャンスがあるということ!ポイントのみで可能というのは嬉しい点です。

プラスの料金を支払えばラウンジを利用できることもあります。

以前ほどかんたんにクラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)は利用できませんが、それでも基本の宿泊費はポイントで無料宿泊、プラスの料金(あるいはポイント)でラウンジを格安で利用できるチャンスはあります。

プラチナチャレンジでマリオットのプラチナ資格を狙う人もいます。それはそれで楽しそうなのですが、管理人の場合、年に何回もホテルに宿泊するわけではないので、プラチナチャレンジはせず、プラスの料金(あるいはポイント)でラウンジを楽しむ方向性です。

まとめ

ホテルのクラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)は一度経験すると病みつきになってしまう特別な空間です。

しかしそうそう利用できるものではありません。

でもチャンスはあります!

①【SPG アメックス】でゴールド会員
②ポイントを貯めて無料宿泊
③クラブラウンジ(エグゼクティブラウンジ)はプラス料金かポイントで狙う

【SPG アメックス】に入会する時がポイントを獲得する最初のチャンスです。

【SPG アメックス】に入会するなら紹介プログラム経由でないと絶対損ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする