【お得情報】TVで見た茨城のここに行きたい!これが食べたい!旅行に格安で行く裏技は?

茨城は「偕楽園」「袋田の滝」「筑波山」など有名な名所も多く、また「つくばエキスポセンター」「アクアワールド」「国営ひたち海浜公園」などアミューズメント施設も充実しているおすすめの観光エリアです。

テレビで観て「茨城へ旅行に行ってみたい!」って思った人も多いのではないでしょうか。

茨城旅行を考えたら、事前に行き方はもちろんのこと、見どころ、食べ物、お土産などはチェックしておきたいもの。

インスタ映えする写真の撮れるフォトジェニックなスポットも欠かせません。

ついでに、旅行に格安で行く裏技や、現地でお得に過ごせる方法があったら最高だと思いませんか?

お得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけまとめてみました。

スポンサーリンク

 


茨城へ飛行機で行く

茨城に飛行機で行ければ時間が短縮できて一番いいんだけど、という人は多いでしょう。茨城には茨城空港があります。さらに、千葉県の成田空港も近いので利用が可能です。

茨城空港は路線が少ないので、場合によっては成田空港のほうが便利かもしれません。

茨城空港はJR石岡駅から連絡バスで35分、JR水戸駅から高速バスで40分ほどの距離にあります。

茨城空港の国内路線は下記の空港と接続しています。

札幌(新千歳)、神戸、福岡、沖縄(那覇)

茨城空港の国内線はスカイマークエアラインズ(SKY)が就航しています。

→茨城空港フライトスケジュール

成田空港の場合、空港から高速バスを利用すればJR水戸駅までは1時間40分ほど、TXつくば駅までは55分ほどで行けます。

成田空港の国内路線は下記の空港と接続しています。

伊丹(大阪)、新千歳(札幌)、福岡、関西(大阪)、小松、広島、旭川、沖縄(那覇)、仙台、中部(名古屋)、神戸、新潟、鹿児島、花巻、大分、石垣、松山、高松、佐賀、米子、熊本、奄美、釧路、函館、宮崎、長崎、高知、下地島、羽田(東京)

成田空港の国内線は全日空(ANA)、日本航空(JAL)、ジェットスター・ジャパン(JJP)、ピーチ・アヴィエーション(APJ)、アイベックスエアラインズ(IBX)、ジェットスター・ジャパン(JJP)、バニラエア(VNL)が就航しています。

→成田空港フライトスケジュール

(フライトは2018年11月時点の情報です。予告なしに変更される場合があります。)

飛行機にはマイルで乗るのがお得

飛行機をお得に利用するなら、やっぱりマイルを貯めて乗るのが一番おすすめです。マイルを貯める方法は大きく2つあります。

1.ポイントサイトを利用する
2.マイルの貯まるクレジットカードを活用する

ANAの場合

茨城空港にはANA便の就航がないのでANAマイルを貯めたり使ったりすることができません。栃木旅行でどうしてもANAマイルを利用したいと考えた場合、成田空港から高速バスに3時間乗ってJR宇都宮駅に行く方法があります。場合によってはありかもしれません。

ANAマイルの場合、例えば大阪(伊丹)→東京(成田) のレギュラーシーズンの片道運賃は25,900円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。

ANAマイル必要マイル数運賃
大阪(伊丹)→東京(成田)6000マイル25,900円

→ANA 往復運賃表(PDF)

→ANA 必要マイルチャート

実際には割引価格のチケットもあるので、購入時期によっては普通に購入したほうがお得な場合もありますが、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいです。

ANAマイルの貯め方については、以下の記事で紹介しています。

JALの場合

JALでは大阪(伊丹)→東京(成田) のレギュラーシーズンの片道運賃は25,900円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。

JALマイル必要マイル数運賃
大阪(伊丹)→東京(成田)6000マイル25,900円

JALの場合、少し広めのクラスJが用意されています。マイルの場合は片道2000マイル追加することで利用できます。

実際には割引価格のチケットもあるので、購入時期によっては普通に購入したほうがお得な場合もありますが、JALは直接マイルで購入する以外にも、マイルをe JALポイントに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

→JAL 国内線運賃案内

→JAL マイル早見表

JALマイルの貯め方については、以下の記事で紹介しています。

茨城へ新幹線で行く

茨城には東北新幹線が通っていますが、停車駅はありません。茨城に最も近い新幹線発着駅は栃木県の小山駅です。

小山駅からはJR水戸線が利用できるので、茨城県内への移動はかんたんです。ただし水戸駅まで乗ると1時間30分ほどかかります。

小山駅へは東北新幹線「やまびこ」「なすの」で行きます。「つばさ」は小山駅には停車しません。

「なすの」は全線が小山駅に停車しますが、「やまびこ」は一部列車だけが停車します。

東京から小山までの乗車時間は45分ほどです。

新幹線は予約サービスを利用するのがお得

JRの予約サービスを利用すると、通常料金で切符を購入するよりも安くなる場合があります。

東北新幹線を利用して東京から小山まで行く場合については、距離が近すぎて割り引き対象になりませんが、他方面から小山に行く場合はJR西日本の「e5489(いいごよやく)」やJR東日本の「えきねっと」を利用すると安くなることがあります。

→e5489(いいごよやく)

→えきねっと(JR東日本)

例えばJR東日本が提供している予約サービス「えきねっと」を利用すると割安になる場合があります。

特に早めの予約をした場合は「トクだ値」「お先にトクだ値」の特別価格で購入できるので、10~35%お得になります。

→えきねっと(JR東日本)

また、JR東海が運営する新幹線予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」を利用する方法もあります。

「エクスプレス予約」「スマートEX」を経由して予約をすると、東海道新幹線や山陽新幹線の料金が大幅に割引されます。

「エクスプレス予約」を利用するにはビューカード系クレジットカードが必要で、年会費も1,080円(税込)かかりますが、距離によっては1回の乗車で年会費の元が取れるほどの割引料金で購入できます。頻繁に利用する人なら圧倒的にお得です。

「スマートEX」は年会費無料のサービスで、「エクスプレス予約」と比べると割引率や優待枠の数でやや劣りますが、早めの予約で大幅な割引になるなどのサービス内容は「エクスプレス予約」と同じです。

計画旅行であれば「エクスプレス予約」「スマートEX」で早めの予約をとることで、新幹線にお得な値段で乗れるのは間違いありません。

東京ー博多間を例にすると、前日購入では普通車指定席が21,810円するのに対し、EX早特なら17,400円で購入できます。

ホテルはポイントで泊まるのがお得

ホテルの中には、会員になるとポイントが貯まるものがあります。

そのポイントでお得に宿泊できるのはもちろんのこと、会員特典で1ランク上の部屋にアップグレードしてもらえたりすることもあります。

プリンスホテル

SEIBU PRINCE CLUBのポイントを貯めると、国内のプリンスホテル(または系列のホテル)に格安で宿泊することができます。

茨城の場合、残念ながらプリンスポイントが使える系列ホテルがありません。「水戸プリンスホテル」は系列が違うのでポイントが利用できません。

最も近いところで埼玉の「川越プリンスホテル」になりますが、川越から茨城に行くのは難しいかもしれません。

「川越プリンスホテル」は埼玉旅行には最適です。ポイントで宿泊できればかなりお得になります。

ちなみに川越プリンスホテルの場合、ツインに6000ポイントで宿泊できるので、かなりお得です。

プリンスポイントが貯まる「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」や「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールド」を活用したり、あるテクニックを使うと、ポイントが貯めやすくなります。

また、プリンスホテルはプリンスステータスサービスというシステムを導入しており、年間の利用金額に応じてステータスが上がり、翌年のサービス内容・特典がアップグレードするしくみになっています。

プリンスホテルに絞って利用するようにすれば、よりお得なサービスが受けられるようになります。

プリンスホテルに無料で宿泊する方法については、以下の記事で紹介しています。

マリオット

マリオット・インターナショナルのポイントを集めると、世界中にある高級ブランドのホテルにお得に宿泊することができ、とてもお得です。

残念ながら茨城にはマリオット系列のホテルがありません。でも東京にはたくさんあります。

例えば東京駅の近くにある「コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション」は35000ポイントで宿泊できるのでお得です。

東京駅から水戸駅までは特急で1時間20分。そう遠くない距離にあります。茨城旅行での利用も可能だと思います。

マリオット・リワード・ポイントを貯める方法としておすすめなのは【SPGアメックス】というクレジットカードを活用することです。

普段の買い物で無理なくポイントが貯められるので、知らないうちに1泊分くらいは貯まってた、ということも・・・。

今なら無料宿泊1泊分のポイントはあっという間に貯めることができる紹介プログラムもあります。

マリオットに無料・格安で泊まる方法については、以下の記事で紹介しています。

茨城の”これ”が食べたい!

アニメ「ガールズ&パンツァー」の影響もあり、茨城といえば「あんこう鍋」が全国的に有名ですが、それ以外にもおいしいものがたくさんあります。

栃木に行ったら絶対に食べたいものを、ちょっとだけ紹介します。

ご当地弁当

まずは個性豊かなご当地弁当を3つ紹介します。

印籠弁当

水戸の御老公に因んだ印籠弁当。インパクト抜群です。水戸駅周辺で購入できます。梅をテーマにした料理も入っていて、水戸らしさがこもっています。

 

お弁当の万年屋さん(@5104.koujiya)がシェアした投稿

三浜たこめし

三浜(さんぴん)は地名ではなく、大洗・那珂湊・平磯の総称。三浜は煮ダコの生産量が日本一だということで、三浜たこめしは大人気です。味も食感も格別なのでおすすめです。

 

mykさん(@myk.emerald)がシェアした投稿

ダイダラボウのはまぐりめし

「ダイダラボウ」はダイダラボッチとも呼ばれる伝承上の巨人で茨城(常陸国)が発祥といわれています。丘に座ったままで海に手が届き、はまぐりをすくって食べたという話から「ダイダラボウのはまぐりめし」が誕生したとか。甘辛く煮たはまぐりはご飯のお供に最高です。

 

chieさん(@chie7y)がシェアした投稿

行方バーガー

行方(なめかた)のご当地バーガー。「なめパックン」「ぶたパックン」「こいパックン」「かもパックン」の4種類あり、その名のとおり挟んであるパテはビーフではなく、なまずパテ・豚肉メンチ・鯉パテ・鴨の照り焼きです。4つまとめてどうぞ。

 

ayuさん(@ayuroom01)がシェアした投稿

水戸藩ラーメン

好奇心旺盛だった水戸光圀公は儒学者からラーメンを教わって、家臣たちにも振舞ったという記録が残っているとか。そんな水戸藩のラーメンは、実はヘルシー志向。

麺にはレンコンを練りこみ、具にはチャーシュー・たけのこ・しいたけを用い、薬味は生姜、ねぎ、にら、にんにく、らっきょうと、漢方医学に基づいた上級ラーメンなのです。

 

Misaki Katagiriさん(@spyll26)がシェアした投稿

茨城の”ここ”が見たい!

茨城に行ったらぜひとも訪れたい定番スポット・穴場スポットを紹介します。

国営ひたち海浜公園

季節ごとに特徴ある花々を一面に咲かせている、まさにインスタ向きの公園です。冬もアイスチューリップを咲かせたりイベントを行ったりしています。

夏のネモフィラは一面に広がる幻想的な青の世界。

 

Shirai Masamiさん(@1min.traveller)がシェアした投稿

近年人気が高まっている秋のコキア。

 

melanieさん(@mochimochiamineko)がシェアした投稿

→国営ひたち海浜公園

牛久大仏(うしくだいぶつ)

地上120mという、日本一の高さを誇る牛久の大仏様。映画のロケにも使われていましたね。

胎内めぐりも内容が充実していて、写経体験もあります。内部のエレベーターで85mの展望台まで昇れて、見晴らし抜群です。

 

幾夜寝覚邸さん(@aku1585)がシェアした投稿

周辺には仲見世や小動物公園、あみプレミアムアウトレットなどもあるので、まとめていかがですか。

→牛久大仏

アクアワールド 大洗水族館

54種類のサメの飼育や日本最大のマンボウ飼育槽、話題のダイオウグソクムシなど、見どころがたくさんあるアクアワールド。イルカ・アシカのオーシャンライブも人気です。

 

もこももさん(@moko33momo)がシェアした投稿

→アクアワールド 茨城県大洗水族館

大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)

大洗を訪れたら必ず寄りたいのが大洗磯前神社。1000年以上の歴史を持つ由緒ある神社で、徳川光圀公により本格的な整備がなされたと言われています。

主祭神が大己貴命(おおなむちのみこと)=大国主命(おおくにぬしのみこと)なので、因幡の白兎に因んだ「うさぎ守り」が販売されています。うさぎ絵馬・アニメ絵馬もあります。

また、この神社は海に立つ「神磯(かみいそ)の鳥居」を持っています。関東唯一の海の鳥居は、絶好のフォトジェニックスポットとして知られています。

 

Shingoさん(@bravestory0414)がシェアした投稿

アニメ作品とのコラボもを行うなど、これまでの神社のイメージとは異なる趣向が若者にも人気です。

 

hhさん(@hh2.5dimensional)がシェアした投稿

→大洗磯前神社

陸上自衛隊 土浦駐屯地 武器学校

土浦駐屯地にある陸上自衛隊の武器学校。事前に申し込むことにより戦車や武器を間近で見ることができます。毎年春の観桜一般開放、秋の開校記念行事には予約なしでも入れます。

 

ののさん(@nonokakure)がシェアした投稿

三式中戦車や八九式中戦車、装甲車、ロケット弾発射機など、見どころが多すぎです。見学申し込みは2週間前までに。

→陸上自衛隊 土浦駐屯地 武器学校

まとめ

茨城へ旅行に格安で行く裏技、見どころやグルメの情報をちょっとだけお伝えしました。いかがでしたか?

ここでは紹介しきれないほど、茨城にはまだまだ有名・無名の名所や名産がいっぱいあります。

旅行へ行くときは、行き当たりばったりも楽しいですが、事前にいろいろ調べておくことをおすすめします。知らなかったお得情報や豆知識が頭に入っていれば、より楽しい旅行になること間違いなしです。

また、帰ってきてから「せっかくなら見ておくべきだった・・・」「知らずに素通りしちゃった・・・」「もっとお得に利用できたのに・・・」なんてことも、事前の情報収集があれば少なくてすみます。

当サイトではこれからも、楽しい旅行に役立つお得情報・豆知識をお伝えしていきます。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク