【2019決定版】スマホに入れて旅のお供に!旅行を楽しくするおすすめのARゲーム・位置ゲーム・アプリ

今の時代って、旅行の楽しみ方にもいろいろな形がありますよね。

見たり食べたりしたものを写真を撮ってSNSにアップするのが目的だったり、ひたすら鉄道に乗る旅だったり・・・。最近はスマホゲームの延長で旅行したり、アニメの聖地巡礼の旅、というのもあります。

何を目的に旅行しようか悩んでいる人がもしいたら、こんなゲームやアプリに取り組んでみてはいかがでしょう。ひょっとしたら旅行の大きな目的になるかもしれません。

今回は旅行の楽しさを倍増してくれるような、おすすめのARゲームや位置ゲーム、アプリを紹介します。

スポンサーリンク

 


旅行の目的そのものという人も!『ポケモンGO』の魅力

ゲーム業界では珍しく、全国の中高年を夢中にさせたという人気ゲームが『ポケモンGO』です。「まだやったことがない」「そんな子供じみたゲームなんかやれるか」という方も、とにかく一度は試してみることをお勧めします。

このゲームの詳細は他の詳しいサイトにお任せするとして、ポケモンのゲームと旅行がどうつながるのかを簡単に紹介します。

ポケモン自体は日本中・世界中にいます。ゲーム会社がポケモンを発生させようと決めたポイントが世界中に散らばっていて、そのポイントに行けば誰でもポケモンを捕まえることができます。中にはめったに出現しないような珍しい種類のポケモン(レアポケモン)や、地域限定のポケモンが捕れたりすることも・・・。

旅行のついでに、そこでしか捕れないポケモンを捕まえようという人がたくさんいて、もっと言えばポケモンを捕まえるためだけに遠いところまで旅行をする人もいます。

たかがゲームなのに、と思う人も多いと思いますが、世の中には結構な割合で「ゲームに夢中になるとまっしぐら」になってしまったりします。熱中できるというのは、決して悪いことではないと思います。

ポケモンGOは運営元と地方自治体が手を組んで、大きなイベントを行うこともあります。こうしたイベントは世界規模で行われ、国内外を問わず多くの人が集まります。

2019年では次のようなイベントがあります。

・三陸鉄道リアス開通記念で「ポケモンGO in さんりく」
・シカゴGO FEST(アメリカ)
・ドルトムントGO FEST(ドイツ)
・横浜GO FEST

現地に行くとゲームに興じている人ばかりなので最初は圧倒されるかもしれませんが、みんな同じことをしているわけですから、あまり気にすることはありません。

ポケモンGOと旅行の関連性はポケモンの捕獲だけではありません。これまた日本中・世界中に散らばっているポケストップやジムと呼ばれるポイントが関連しています。

ポケストップやジムでは、その場所でしか手に入らないギフトが入手できることがあります。ギフトにはご当地の写真が付いていて、それをゲーム上のフレンドに送ることができます。言わば、旅先から送る絵葉書のようなもの。こんな感じになっています。

集めて自分の手元に置いておけるようなものではないのですが、スクリーンショット(スマホ画面のコピー)は撮れます。写真を撮るようなつもりで残しておくのもいいかもしれません。

もうひとつ、2018年に実装されたGOショットという機能も旅行先での新しい写真のかたちとして広まりつつあります。好きなポケモンと一緒に記念撮影ができるGOショットは、こんなかたちで活用されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kanさん(@nonalbeerxyz)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みきゅぽけさん(@mikiyupoke)がシェアした投稿

楽しみ方の多様性という点では、ポケモンGOと旅行をするのもいいのではないでしょうか。

→ポケモンGO(公式)

アニメの聖地巡礼をもっと楽しく!『舞台めぐり』

ソニーの関連企業がリリースした『舞台めぐり』というアプリが人気を博しています。もともとアニメファンによる聖地巡礼は日本全国さまざまな場所で行われてきましたが、アニメ制作会社との公式なコラボによるアプリは聖地巡礼をよりメジャーにしてくれました。

『舞台めぐり』の操作方法などは、これまた詳しいサイトにお任せするとして、ここでは旅行との関わり方の具体例を紹介します。

往年の名作コミックを新たにアニメ映画化した『はいからさんが通る』の舞台は東京を中心に複数の箇所にあります。

品川駅から線路沿いに北品川方向に歩いた所にある八ツ山橋もそのひとつ。線路にまたがる橋のたもとまで行くと『舞台めぐり』のアプリ上でチェックインが可能になり、そこへたどり着いたご褒美がもらえます。

作品によってイベント期間があらかじめ決められており、期間中ならアニメに登場するオリジナルキャラクターのAR写真が撮れたりします。『はいからさんが通る』のイベント期間中なら主人公・玉村紅緒のARモデルが入手でき、好きな場面で登場させることができるようになります。

北海道では大人気コミック&アニメ『ゴールデンカムイ』のスタンプラリー第2弾が実施されており、道内のチェックポイントを回るとARキャラクターが入手できます。

旅行のついでに好きなアニメ作品のチェックポイントをめぐることで、新しい発見があるかもしれませんね。

→舞台めぐり(公式)

ハリーポッターの仲間たちと楽しむ『魔法同盟』

ハリー・ポッターの世界観をスマホで再現する『魔法同盟』はポケモンGOと同じナイアンティック社が運営するゲーム。『魔法同盟』の場合もポケモンGOのようにいろいろな場所へ移動してキャラクターやアイテムを収集する楽しさがあるので、旅行のお供に向いていると言えます。

ゲーム内で入手したキャラクターの中にはARモデルとして写真に収めることができるものもあり、特にハリポタ好きの人ならいろいろな楽しみ方ができると思います。

ゲームの序盤で容易に入手できるのはルビウス・ハグリッドとルーナ・ラブグッド。旅先で一緒に記念撮影をすることもできます。

→魔法同盟(公式)

駅を通過するだけでも楽しめる『駅メモ!』

全国9000か所以上の駅を対象としたコレクション要素を持つ位置ゲームが『ステーションメモリーズ』、通称『駅メモ!』です。

駅を通過するだけでもチェックインができ、それぞれの駅の情報を収集したり、イベント開催中の駅では「でんこ」と呼ばれるさまざまなキャラクターを入手したりすることができます。

連動したアプリ「おでかけカメラ」を使えば、入手したキャラクターを呼び出してAR撮影をすることも可能。

→ステーションメモリーズ(公式)

遠くの街にも足を運びたくなる『マンホールコレクション』

コレクターに人気のマンホールカードは全国で第1弾から第9弾まで発行されています。(2019年7月現在)

このマンホールの設置場所を表示してくれる地図アプリが「マンホールコレクション」。自分で写真を撮って回りたい人にとっては必携のナビです。

もちろん、マンホールカードの配布場所も教えてくれるのでとっても便利。コレクションの旅が捗ります。

情報共有の場でもある『ニッポン城めぐり』

全国に3000ヶ所以上もある日本のお城やその遺構を巡る旅をサポートしてくれるのが『ニッポン城めぐり』というアプリ。お城ファンのコミュニケーションツールにもなっていて、写真をアップして共有する機能もあります。

スタンプラリー的な要素もあり、イベントも行われます。

マイナーな城跡であっても誰かが攻めているので、このツールがあれば事前情報はバッチリ。アップされた写真を見てイメージをつかんでから現地入りすることが出来るので安心です。

→ニッポン城めぐり(公式)

まとめ

旅行を楽しくしてくれるゲームやアプリを紹介してきましたが、興味をそそられたものはありましたでしょうか。

旅行に行くと観たい場所ややりたいことが多すぎて、と言う人もいると思います。そういう人はスマホをいじっている時間はないかもしれません。でも、ゲームやアプリを活用することで旅行が何倍も楽しくなることもあります。

今回紹介したゲームやアプリはどれも秀逸。一度ダウンロードして家の近くで試してみると良いと思います。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク