【プライバシー保護】人物を塗りつぶしてシルエットにしたい時にも役立つMakaron(マカロン)が万能すぎる

旅行先で撮った写真をブログやSNSにアップする場合、顔出ししたくなかったり、公開できない他人が写っていたりすると、顔にモザイクを掛けたりしてプライバシーを保護しなければなりません。

そういう時にとても役に立つアプリが、今回紹介したい「Makaron(マカロン)」です。

Makaronはもともと写真にフィルターを掛けたり、不要な人物を消したり移動させたりするアプリなのですが、人物を自動認識して範囲指定してくれる機能が優秀なのでプライバシー保護にも使えます。

スポンサーリンク

 


Makaronで人物をシルエットにする

まずはMakaronを使って人物をシルエットにする方法から。

下のような写真で、3名の人物を匿名化したい場合。

Makaronに取り込むだけで、自動識別して「人物1」「人物2」・・・とタグを付けてくれます。

まず人物1をタップして枠を表示させます。×とか+とかのマークが付いています。

下のメニューアイコンから一番右端にある「編集」を選択します。

「編集」の「露光量」をタップします。

マイナスに振り切れば黒いシルエットに・・・。

プラスに振り切れば白いシルエットになります。

編集したら右下のチェックマークをタップして完了させます。

人物2、3にも同様の編集をすれば下のような感じに・・・。

モザイクよりもすっきりしてモダンな感じになります。

もちろん被写体を消すのもアリ

Makaronはもともと被写体をきれいに消すことが得意なアプリ。

構図次第では思い切って消してしまうのもアリだと思います。

人物1を消したいときは、人物1をタップして枠を表示させ、左上の×をタップするだけでOK。

Makaronが自動で被写体を消して、周りのコンテンツに応じて背景を埋めてくれます。

床に多少の違和感がありますが、だいたい綺麗に消せました。

Makaronは高機能で楽しいアプリ

高機能なのでいろいろ楽しめる「Makaron」。

被写体をシルエットにしたり消したりしているだけではもったいないアプリです。

Makaronで空を変える

Makaronは空をまるごと変えてしまうことができます。遊び心あふれるインパクトのある作品が作れます。

あらかじめ用意されているパターンを利用すれば、誰でもカンタンにおもしろい写真が完成。他の写真と合成することもできます。

Makaronで背景を変える

被写体を切り取って他の背景と合成することも、慣れれば数秒でできます。

Makaronでクローンを作る

被写体の移動やコピーも自由自在なのでクローンを増やしたりすることも可能です。

いろいろな使い方ができるアプリ「Makaron」。写真の編集が楽しくなりますね。

なお、Makaronは動画の編集もできます。短い動画で背景をどんどん変えていくことも可能なので、機会があったらこちらも試してみてください。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク