伊豆随一の透明度!覚悟を決めていく秘境ビーチ「ヒリゾ浜」がおすすめ。【2022年最新版】

伊豆で一番おすすめの海岸はどこ?できればシュノーケリングもしたいんだけど・・・。

そんなあなたにおすすめしたいのは、伊豆最大の秘境ビーチとして知られる「ヒリゾ浜」。簡単には行けない場所にある伊豆随一の美しいビーチです。

スポンサーリンク

シーズン以外は立ち入り禁止のビーチ

ヒリゾ浜は伊豆随一のシュノーケリングの名所ですが、一般的にはあまり知られていません。というのも、夏の限られた期間以外は一般開放されておらず、オフシーズンには立ち入り禁止になるからです。

陸地からビーチへ続く道はなく、船でしかたどり着けない入江。簡単には行けないビーチなので、行くにはそれなりの覚悟が必要です。しかし閉ざされたスポットだけに自然環境や水質が美しく保たれており、透明度も他とは比較にならないハイレベル。ここの美しさを体験すると他では満足できなくなるかもしれません。

ヒリゾ浜の開放期間

ヒリゾ浜が一般開放される期間は、毎年6月下旬から9月下旬までの約3か月間です。

開放期間以外のビーチへの立ち入りは禁止されています。

ヒリゾ浜へのアクセス

ヒリゾ浜へのアクセス方法は非常に限られています。

中木港という小さな漁港が唯一の玄関口で、そこから渡し船が出ています。港からヒリゾ浜までの距離は船で5分ほどですが、歩いていくルートはありません。

中木港までは下田駅からバスで45分、タクシーなら30分です。車で行く場合は伊豆縦貫自動車道 大平ICより一般道を1時間30分ほど走ります。

中木港には有料駐車場があります。1台1日1000円ですが時期によって異なります。

車で行く場合にはできるだけ早い時間に駐車場へ入ることをお勧めします。

名称ヒリゾ浜
住所静岡県賀茂郡南伊豆町中木
営業時間等渡し船は朝8時頃から16時半(4~5分間隔)
アクセス中木港から渡し船で5分ほど
⇒公式サイト

ヒリゾ浜に行く際に必要なもの

ヒリゾ浜は自然環境そのままのビーチなので、過ごし方もかなりワイルドになります。ヒリゾ浜を存分に楽しむために必要な持ち物は次の通りです。

・水中マスク&シュノーケル
・フィンまたはマリンシューズ
・ラッシュガード(長袖)
・海水パンツまたはラッシュガード(長ズボン)
・手袋(グローブ、軍手)
・ウォーターベスト

特にシュノーケリングを楽しみたい人は、できるだけ長袖長ズボンを着用することをおすすめします。岩場も多いので半袖半ズボンなど肌の露出が多いとけがをする恐れがあります。

ヒリゾ浜を利用する上での注意点

透明度抜群のヒリゾ浜ですが、注意点がいくつかあります。

まず、狭い入り江に多くの人が集中するので、穴場的な貸し切りビーチを期待していくとびっくりするかもしれません。

簡易テントなどを持って行っても広い砂浜や平らな場所はほぼないので、密集状態になります。

入江は潮の流れがあるため、のんびりと海中散歩できる状況ではないこともあります。岩にしがみつかなければならないこともあるのでグローブは必須です。

道中も岩あり砂利ありパイプあり。間違っても裸足で行ったりしてはいけません。

ヒリゾ浜にトイレはありません。トイレに行きたくなったら渡し船で中木港まで戻る必要があります。

モリ・ノミ・スカリ・海水魚採取用の大型網などは持ち込んではいけません。海産物の採取・採捕は禁止です。

まとめ

以上、伊豆の秘境「ヒリゾ浜」についての紹介でした。

一般的な海水浴場と異なり、やや上級者向けのシュノーケリング用ビーチです。服装や用具等の準備を怠らないようにして、安全・快適に遊べるように心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク