げん玉・モッピー「SBI証券」はどのポイントサイト経由がお得か?(2019年8月)

「SBI証券(口座開設)」に申し込みしたいけど、どのポイントサイト経由がお得なのかなあ?危険?申し込み時に注意点とかあったりするのかな?

今回の記事では、「SBI証券」(口座開設)をげん玉・モッピー等どこのポイントサイト経由で申し込むのが今一番おすすめなのかや、申し込み時の注意点などを紹介します。

お得に格安に旅行に行きたくて、ポイントサイト使ってANAマイル、JALマイルやプリンスポイントを稼ぐ方法を実践しています。稼ぐコツを下記の記事で紹介中です。
飛行機に無料で乗る方法【ANAマイルの貯め方】
飛行機に無料で乗る方法【JALマイルの貯め方】 クレジットなし
ホテルに無料で宿泊(プリンスホテル編)
ラグジュアリーなホテルに格安で宿泊(マリオット編)

「SBI証券(口座開設)」は、今どのポイントサイト経由が一番お得か!

ポイントサイトは貯めたポイントを利用できないと意味がないので、管理人は「運営会社の規模(大きいかどうか)・最低換金額が低い」をチェックして登録しています。

その結果現在は上記のポイントサイトを中心にポイントサイト活動を行っています。(ランクキープもあるので、時期によってこのうち3つくらいを中心に)

ご自分が申し込むタイミングで状況は変わっている可能性があるので、必ずポイント獲得条件・対象外の条件は確認してください。

2019/8/4現在の状況です。

「SBI証券」に、お得でおすすめのポイントサイトは以下になります。

 ポイントサイト名ポイント数(円相当)
1げん玉5000円相当
2モッピー4000円相当

【げん玉】が高い状況ですね。【げん玉】経由で「SBI証券(口座開設)」を申し込むとお得になります。

4000円相当を超えるポイント数になっているポイントサイトが少なくなってきていますね。

ポイント獲得条件:
・げん玉よりSBI証券の証券総合口座を開設
・対象期間中にSBI証券の証券総合口座から住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ一括で50,000円以上の振替をされた方
ポイント対象外:
・不正、虚偽、重複でのお申込みの場合
・お申込みから90日以内に口座開設しない方

【げん玉】経由で申し込むと、50000ポイント=5000円相当、ANAマイルなら実質約4000マイル獲得できます。

【げん玉】の無料登録は下記から↓↓↓

【げん玉】でポイントを稼ぐ方法については以下の記事で紹介しています。

「SBI証券」をポイントサイトで申し込むときの注意点

「SBI証券」をポイントサイト経由で申し込むときの注意点です。

注意点はココです!

証券口座からSBIハイブリッド預金へ一括で5万円以上の振替

SBI証券の証券総合口座から住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ一括で5万円以上の振替が必要です。

口座開設だけではダメですよ。

もう一点。

ポイントサイト経由で広告に申し込むときは、cookie(クッキー)削除等は気を付けましょう!

広告利用時はcookie(クッキー)削除等に気を付ける

cookie(クッキー)削除

初心者の人にはピンとこないと思いますが、
「ポイントサイト」にいくつか登録していると、ポイントサイトA経由で申し込んだのに、ポイントサイトBの通帳履歴に計上されてしまうということが起こる場合があります。
それもポイントが高いAから申し込んだはずなのに、ポイントの低いBの通帳に載ってしまうという悲劇が・・・

question-s

例えば、
①ポイントサイトAに訪問

②次に、ポイントサイトBに訪問

③でもやっぱり、ポイントサイトAから案件の申込み

ポイントサイトBにポイントが計上される!!!
(ポイントサイトAに計上されることもあります)

そこで、「ポイントサイト」の注意事項によく書かれている「cookie(クッキー)を削除」することが大切になってきます。

cookie(クッキー)とは・・・
WEBブラウザを通じて、WEBサイトが次にアクセスしたときにどこからの訪問かを識別できるようにするつける目印のようなもの。

つまり、「ポイントサイト」がブラウザを利用してこちらのパソコンに目印をつけるのです。
逆に、「ポイントサイト」はこのcookie(クッキー)があるから会員からの申込みということがわかります。

cookie(クッキー)を削除する方法はブラウザによって異なるので、自分が使っているブラウザの削除方法を検索しておきましょう。

広告を申し込んだときのメールは保存しておく

まれに、「ポイントサイト」の広告(案件)が承認されないときがあります。

そんな時は「ポイントサイト」へ問い合わせします。

そうすると、やりとりした時のメールを添付してとかいろいろ言われるので、広告を申し込んだときは、承認されるまでやりとりのメールなどは保存しておきましょう。

条件もハードコピーして、自分のメモ代わりにしておくのもよいかもしれません。

利用した案件は記録する

これから「ポイントサイト」を利用しようと思った人は、必ず申し込んだ広告(案件)は記録しておいたほうがよいです。

後々、「あれっ?これって申し込んだことがあるような、ないような・・・」ということが起こってきます!

xls

「ポイントサイト」の広告(案件)の条件はいろいろあります。
・同一IPの2回目以降はNG
・同じ会社の商品を他に購入していたらNG
などなど。

「ポイントサイト」の広告(案件)が承認されないと、結構へこみます・・・
場合によっては、無駄遣いになってしまいます。
そんなことを避けるためにも、ぜひ記録しておきましょう。

SBIハイブリッド預金とは?

今回の広告では、「SBI証券の証券総合口座から住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ一括で50000円以上の振替」がポイントとなりますが、SBIハイブリッド預金とは何?という人も多いと思います。

SBIハイブリッド預金は、当社代表口座の円普通預金から振替で簡単に入金できます。
SBIハイブリッド預金に入金すると、預金残高がSBI 証券の買付余力に反映され、SBI 証券でのお取引きに利用できます。
入金は、「住信SBIネット銀行への入金(ATMまたは振込)」と「SBI 証券への入金」の2種類の方法があります。

以下のイメージですね。

SBI証券の取引に、住信SBIネット銀行の口座にあるSBIハイブリッド預金を使うということですね。

SBIハイブリッド預金への入金方法は2つあるので、今回の広告の条件には注意が必要です。

住信SBIネット銀行預金口座からSBIハイブリッド預金への振替については、キャンペーンの対象外で、「SBI証券の証券総合口座から住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ一括で50000円以上の振替」が対象です。気をつけましょう。

ということは、まずSBI証券への入金が必要になります。入金方法は以下になります。

  • 即時入金:インターネット上で、手持ちの銀行口座から、SBI証券の証券総合口座へ即時に入金
  • リアルタイム入金:インターネット上で、口座振替登録済の金融機関口座から、SBI証券の証券総合口座の買付余力へ即時に反映
  • 振替入金(ゆうちょ銀行):インターネット上で、手持ちのゆうちょ銀行口座から、SBI証券の証券総合口座へ入金
  • ATMカード入金:近くのコンビニ(セブン銀行、ゆうちょ銀行ATM)や郵便局のATMから「ATMカード」を利用して、即時に入金
  • 銀行振込:持ちの銀行口座(都市銀行・地方銀行等)の窓口やATM等よりSBI証券の証券総合口座へ入金

銀行手数料や振込手数料がお得にできる

SBIハイブリッド預金は、住信SBIネット銀行のスマートプログラム・ランク判定対象です。

スマートプログラム=住信SBIネット銀行の商品・サービスの利用状況に応じて確定するスマプロランクにより、ATMや振込手数料が月最大15回まで無料になる優遇プログラム

「SBIハイブリッド預金」に月末残高がある場合、他の広告と合わせればスマートプログラムのランク3が簡単に狙えます。

ランク3:
ATM利用手数料無料回数(引出し)=月7回
振込手数料無料回数(他の金融機関あて)=月7回

「SBIハイブリッド預金」に月末残高と、「ミライノ デビット」の月末時点の確定金額が合計3万円以上(2つにカウント)、もしくは「ミライノカード(JCB)一般」の引き落とし口座が住信SBIネット銀行&ミライノカード(JCB)一般」の当月確定金額が5万円以上(2つにカウント)であれば、ランク3になります。

※口座開設日の当月および翌月の基本ランクは一律「ランク2」となりランクアップ条件は適用されません。

※上記期間経過後、口座開設の当月から6ヵ月までの基本ランクは「ランク2」以上となります。 (ランク2の条件を満たさない場合「ランク2」、ランク3以上の条件を満たした場合は条件に応じたランクが適用されます)

「住信SBIネット銀行(ミライノ デビット)」の広告です。住信SBIネット銀行の口座を持っていなければ下記も利用したほうがお得です。

※以前はミライノカードの広告もありましたが、現在はポイントサイトに出ていないようです。

「SBI証券」の申し込み方法

ポイントサイト経由で「SBI証券」に新規申し込みする流れです。

1.特定口座(「特定口座開設する・源泉徴収あり」がオススメ)、NISA(特に希望がなければ「申し込まない」で)について決定しておきます。

2.本人確認書類・マイナンバーの提出方法を決定しておきます。(アップロードorメールor郵送)

3.申し込みの前に事前準備をします。

【事前準備】
・メールアドレス情報(ポイントサイト登録に使用)
・本人確認書類・マイナンバー(アップロードorメールor郵送)

4.手元に用意して、下の流れで進めます。

①【げん玉】に無料登録(ここから登録できます
 ↓
(※cookie削除して再度ログイン)
②【げん玉】TOPページで「SBI証券」を検索
 ↓
③表示された中から「SBI証券」の広告をクリック
 ↓
④「SBI証券」広告ページにある「サービスを利用して 50,000pt(5,000円相当) ゲット!」をクリック
 ↓
⑤「SBI証券」公式サイトのページに移動して口座開設を行う
※本人確認書類・マイナンバー(アップロードorメールorFAXor郵送)

※住信SBIネット銀行の口座を保有していない場合は、同時に開設するよりも別に申し込んだほうがお得です。

今回のポイント獲得条件の「SBI証券の証券総合口座から住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ一括で50000円以上の振替」には住信SBIネット銀行口座は必須です。

本人確認書類・マイナンバーはアップロードでも郵送でもできますが、早く口座開設したい場合はアップロードがおすすめです。

まとめ

「SBI証券」をポイントサイト経由で開設するときのおすすめは、2019/8/4現在、【げん玉】です。【げん玉】経由で申し込むと、50000ポイント=5000円相当の獲得が可能です。

【げん玉】の無料登録は下記から↓↓↓

が、【げん玉】にこだわらずに目的に応じて「ポイントサイト」を使い分ける方法もあります。

◎既にポイントサイトに登録済の場合のおすすめはげん玉
◎これからポイントサイトに登録をする場合もおすすめはげん玉
◎ANAマイルを貯めるならおすすめはげん玉
◎JALマイルを貯めるならおすすめはモッピー
◎プリンスポイントを貯めるならおすすめはすぐたま

自分がポイントを貯めたい目的に応じて、ポイントサイト経由でお得に「SBI証券」を申し込みましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする