インスタ好き・カメラ好きがお得に旅行を楽しむ【飛行機に無料で乗る方法】

「インスタ映えする写真を撮りに行きたい!」

「いろいろな所の写真を撮りたい!」

「でもお金がかかるからあまりいけないんだよね・・・」と思っている方々!

移動の手段やホテル代をできるだけ安くして、お得に旅行に行ける方法があれば知りたいと思いませんか?

移動の手段の中で、実は圧倒的にお得になる方法があります。

そればズバリ!【飛行機】

飛行機はマイルを貯めて乗ることができるので、実は一番お得に利用できる方法なのです。

マイルを貯める

マイルとは、航空会社が行うポイントサービス=マイレージサービス・マイレージプログラムのポイントのことです。航空会社のポイント制度のポイントと考えればわかりやすいのではないでしょうか。

航空機に乗ると、その飛行距離に応じてマイルが還元されます。

貯めたマイルは特典航空券に交換することでフライトに利用できます。(燃料サーチャージ代が別途必要な場合あり)

⇒つまり、マイルを貯めれば「飛行機代を支払わずに旅行ができる!」

そして、マイルは飛行機に乗らなくても貯めることができます!

マイルを貯めている人をマイラーと呼んだりしますが、飛行機に乗らなくてもマイルを貯めることができ、そのようにしてマイルを貯めている人達を、陸マイラー(おかまいらー)と呼んだりします。

マイルはマイルそのもので貯めなくても、いろいろなポイントからマイルに交換することができます。ということで、陸マイラーが可能なのです。

つまり、マイルを貯めるができれば「飛行機代を支払わずに旅行ができる!」

「飛行機に無料(あるいは格安)で乗る方法 = マイル(あるいはポイント)を貯める」

これです。

全日空・ANAマイレージ・ANAマイル

航空会社はいくつもありますが、マイラー達の間で人気なのはANAマイルです。

ポイント交換ルートの変更があり以前ほどの人気ではありませんが、「ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)」があるため、根強い人気があります。

通常メトロポイント100ポイント→60ANAマイルに交換可能ですが、ソラチカカードを保有している場合、

メトロポイント100ポイント→90ANAマイル

に交換できます。

ソラチカ×ポイントサイトでがんがんマイルを貯めることができるため、貯めやすさはANAマイルが1番です。

ただし、貯めやすい分、マイルを特典航空券に交換しにくいといったデメリットはあります。特に混雑期の人気観光地は諦めたほうが賢明です。

それでもマイル→コインに交換して購入する方法もあるので、使い方次第でマイルが無駄になるようなことはありません。

飛行機に無料で乗る方法【ANAマイルの貯め方】については、以下の記事で詳細を紹介しています。

日本航空・JALマイレージ・JALマイル

ANAマイルに人気が偏っていた時期もありましたが、最近は【モッピー】のキャンペーンとANAマイルの特典航空券の取りにくさから、JALマイルを貯めている人も増えてきました。

モッピー】で貯めたポイントは、条件を満たせば実質80%の還元率で、JALマイルへの交換が可能です。

飛行機に無料で乗る方法【JALマイルの貯め方】については、以下の記事で詳細を紹介しています。

クレジットなしでJALマイルを貯める方法も、以下の記事で紹介しています。

ANAマイルとJALマイル、どちらを貯めるか

ANAマイルとJALマイルを比較した場合、どちらを貯めたほうがよいか気になるところです。

ANAマイルを貯めたほうがよい人

ANAマイルを貯めたほうがよい人は

①よくANAを利用する人・行きたい旅行先にANA便が飛んでいる
②マイルの貯めやすさ優先

③行き先よりも特典航空券が取れることが優先
④貯めたマイルの交換として1マイルも無駄にしたくない

という人になります。

①よくANAを利用する人・行きたい旅行先にANA系が飛んでいるについては、
帰省する際にANAを利用する人や、これから旅行に行きたい先にANA系が飛んでいる場合などは、まずANAマイルを貯めることがおすすめです。

②マイルの貯めやすさについては、
ソラチカカードを保有している場合メトロポイント100ポイント→90ANAマイル、これを利用してソラチカ×ポイントサイトでJALマイルよりかなり貯めやすい状況です。

③行き先よりも特典航空券が取れることについては、
特典航空券が取りやすいかどうかは、=ライバルが多いか少ないかということです。

マイルが貯めやすい=貯めている人が多い=ライバルが多い=特典航空券がとりにくい
ということになります。

マイルを貯めて家族でハワイに行きたい!と思っても、特典航空券はほとんど取れないと思ったほうがよいです。

行き先にこだわらなければ、その分特典航空券は取りやすくなります。

④貯めたマイルの交換として1マイルも無駄にしたくないことについては、
マイルの交換先として、特典航空券のほかに、1マイルから交換先としてANA SKY コインがあります。

ANA SKY コインは、ANAホームページで航空券や旅行商品(国内ツアー・海外ツアー)の支払いに利用できるので、貯めたマイルを無駄にしたくないという人向きです。

JALマイルを貯めたほうがよい人

JALマイルを貯めたほうがよい人は

①よくJALを利用する人・行きたい旅行先にJAL便が飛んでいる
②特典航空券の取りやすさ優先

③国内線より国際線の特典航空券を利用したい

という人になります。

①よくJALを利用する人・行きたい旅行先にJAL系が飛んでいるについては、
帰省する際にJALを利用する人や、これから旅行に行きたい先にJAL系が飛んでいる場合などは、まずJALマイルを貯めることがおすすめです。

②特典航空券の取りやすさについては、
特典航空券が取りやすいかどうかは、=ライバルが多いか少ないかということです。

JALマイルのほうがANAマイルより貯めにくいため、マイルが貯めにくい=貯めている人が少ない=ライバルが少ない=特典航空券がとりやすい
ということになります。

③国内線より国際線の特典航空券を利用したいについては、
国内線の特典航空券については、取りにくいといってもANAでもJALでも全く取れないというわけではありません。

しかし、国際線についてはJAL国際線特典航空券PLUSが導入され、取りやすい状況となっています。(ただし、必要マイル数が大幅にアップする場合もあります。)

どちらも決められない人

ANAマイル、JALマイル、どちらにも決められない人もいると思います。

そんな人へのおすすめは、

①ポイントサイトは【モッピー】を中心にポイントを貯める
→JALマイルへもキャンペーン利用で80%還元率、ANAマイルへのソラチカ経由で81%還元率、どちらにも高還元で交換可能なので、とりあえず【モッピー】で貯めておくという手があります。

②クレジットカードは【SPGアメックス】をメインに利用しておく
→【SPGアメックス】で貯めたポイントはANA、JALを含めた30社以上の航空会社のマイルへ手数料無料で交換できます。貯めたポイントは、マイル以外にマリオット系のホテルでの無料宿泊にも利用できるので、取り合えずクレジットカードは【SPGアメックス】という方法もありです。

まとめ

インスタ好き・カメラ好きがお得に旅を楽しむ方法=【飛行機に無料で乗る方法】は、マイルを貯めることです。

ANAマイルでも、JALマイルでも、自分に合った方法で、まずはマイルを貯めてみることです。

今までよりも数多く旅行に行けるようになりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする