【お得情報】TVで見た大阪のここに行きたい!ついでにこれが食べたい!旅行に格安で行くには?

全国から選りすぐりの”おいしいもの”が集結する、日本最大のフードイベント「まんパク」。今年は大阪の万博記念公園で「まんパクin万博2018」として開催されます。

「肉」「海鮮」「ラーメン」「餃子」「スイーツ」「揚げもん」「チーズ」「たまご」といったジャンルで計70店舗以上が食の祭典を繰り広げます。

期間は2018年10月6日(土)~10月8日(月・祝)、10月13日(土)~10月15日(月)、10月20日(土)~10月22日(月)の9日間。

「いい機会だから大阪へ旅行に行きたい!」って気分になった人も多いのではないでしょうか。

そう思ったときは、事前に行き方はもちろんのこと、見どころ、食べ物、お土産などはチェックしておきたいもの。

インスタ映えする写真の撮れるフォトジェニックなスポットも欠かせません。

ついでに、旅行に安く行く方法や、現地でお得に過ごせる方法があったら最高だと思いませんか?

お得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけまとめてみました。

スポンサーリンク

 


大阪へ飛行機で行く

大阪へ旅行する場合、飛行機で行ければ時間が短縮できて一番いい、という人は多いと思います。

大阪の空港は、次の2つです。

  • 大阪国際(伊丹)空港
  • 関西国際空港

大阪国際空港の国内路線は下記の空港と接続しています。

札幌(新千歳)、旭川、釧路、函館、女満別、青森、三沢(八戸)、花巻、秋田、山形、仙台、福島、成田、東京(羽田)、新潟、松本、但馬、隠岐、出雲、石見、松山、高知、福岡、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、屋久島、種子島、奄美大島、那覇、石垣

大阪国際空港の国内線には全日空(ANA)、日本航空(JAL)、アイベックスエアラインズ(IBX)、日本エアコミューター(JAC)、天草エアライン(AMX)などが就航しています。

→大阪国際空港フライトスケジュール

関西国際空港の国内路線は下記の空港と接続しています。

札幌(新千歳)、仙台、新潟、成田、東京(羽田)、松山、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、奄美、那覇、宮古、石垣

関西国際空港の国内線には全日空(ANA)、日本航空(JAL)、ピーチ・アビエーション(APJ)、ジェットスター・ジャパン(GK)、スターフライヤー(SFJ)、日本トランスオーシャン航空(JTA)などが就航しています。

→関西国際空港フライトスケジュール

(フライトは2018年6月時点の情報です。予告なしに変更される場合があります。)

飛行機にはマイルで乗るのがお得

飛行機をお得に利用するなら、やっぱりマイルを貯める方法が一番おすすめです。マイルを貯める方法は大きく3つあります。

マイルの貯まるクレジットカードを活用する

マイルの貯まりやすいクレジットカードを持っていると、普段の買い物でどんどんマイルが貯まります。旅行の際の飛行機代がタダになるのはうれしいですね。

ポイントを貯めてマイルに交換できるサービスを利用する

広告を見たり無料会員登録をしたり、通販を利用したりすることでポイントが貯まるサービスがあります。貯まったポイントをマイルに交換できるサービスも多いので、大量マイルが無料で手に入ることも・・・。

マイルを格安で買う

マイルの価値は搭乗時期や利用する座席クラスによって異なりますが、1マイルあたり1.5円から2円とされています。

ANAの場合

最初にANAマイルを見てみましょう。

ANAマイルの場合、東京(羽田)→大阪(伊丹)のレギュラーシーズンの片道運賃は24,550円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。この場合、1マイル4.09円換算です。

ANAマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→ 大阪(伊丹)6000マイル24,550円

→ANA 往復運賃表(PDF)

→ANA 必要マイルチャート

実際には割引価格のチケットもあるので、マイルの価値は変動します。

また、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいでしょう。

JALの場合

次にJALマイルの場合です。

JALでは東京(羽田)と大阪(伊丹)のレギュラーシーズンの片道運賃は25,750円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。この場合、1マイル4.29円換算です。

JALマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→ 大阪(伊丹)6000マイル25,750円

JALの場合、少し広めのクラスJが用意されています。こちらは26,750円で、マイルの場合は片道2000マイル追加することで利用できます。

JALも実際には割引で安くなっているチケットもあるので、1マイルの価値は変動します。

→JAL 国内線運賃案内

→JAL マイル早見表

もしもこれらの換算値よりも安くマイルが手に入れば、現金で購入するよりもお得になります。

大阪へ新幹線で行く

大阪府内の新幹線発着駅は新大阪駅1つだけです。

東海道新幹線と山陽新幹線の終着駅なので、全ての車両が停車します。

東京から新大阪までの所要時間は、「のぞみ」で2時間24分、「ひかり」で3時間04分、「こだま」で4時間00分ほどです。

山陽新幹線を利用する場合、博多から新大阪までは「みずほ」で2時間30分、「さくら」で2時間40分ほどです。

新幹線は予約サービスを利用するのがお得

新幹線を利用する場合、乗車券・特急券を普通に購入するよりも安く済む方法があります。それはJR東海が運営する新幹線予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」を利用する方法です。

「エクスプレス予約」「スマートEX」を経由して予約をすると、東海道新幹線や山陽新幹線の料金が大幅に割引されます。

「エクスプレス予約」を利用するにはビューカード系クレジットカードが必要で、年会費も1,080円(税込)かかりますが、距離によっては1回の乗車で年会費の元が取れるほどの割引料金で購入できます。頻繁に利用する人なら圧倒的にお得です。

「スマートEX」は年会費無料のサービスで、「エクスプレス予約」と比べると割引率や優待枠の数でやや劣りますが、早めの予約で大幅な割引になるなどのサービス内容は「エクスプレス予約」と同じです。

計画旅行であれば「エクスプレス予約」「スマートEX」で早めの予約をとることで、新幹線にお得な値段で乗れるのは間違いありません。

東京ー新大阪間の場合、EX早特21が11,000円、EXグリーン早特が14,4000円で購入できるのでかなりお得です。

ホテルはポイントで泊まるのがお得

旅行の際に重要なのは宿泊先の選択。どこに泊まるかで旅行の楽しさも変わってきますね。

ホテルの中には、会員になるとポイントが貯まるものがあります。

そのポイントでお得に宿泊できるのはもちろんのこと、会員特典で1ランク上の部屋にアップグレードしてもらえたりすることもあります。

SEIBU PRINCE CLUB

SEIBU PRINCE CLUBのポイントを貯めると、国内のプリンスホテル(または系列のホテル)に格安で宿泊することができます。

プリンスホテルのポイント制度は充実しており、とてもお得感が高いのでおすすめなのですが、大阪の場合、プリンス系のホテルがありません。

ただし、大阪駅から30分ほどの距離にある京都になら、グランドプリンスホテル京都があります。

ポイントで泊まる場合、グランドプリンスホテル京都のデラックスツインまたはキングに8000ポイントで宿泊できるので、かなりお得です。

プリンスポイントが貯まる「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」や「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールド」を活用すると、普段の生活でポイントが貯めやすくなります。

また、プリンスホテルはプリンスステータスサービスというシステムを導入しており、年間の利用金額に応じてステータスが上がり、翌年のサービス内容・特典がアップグレードするしくみになっています。

プリンスホテルに絞って利用するようにすれば、よりお得なサービスが受けられるようになります。

マリオットリワード

マリオット・インターナショナルのポイントを集めると、世界中にある高級ブランドのホテルにお得に宿泊することができ、とてもお得です。

大阪の場合、マリオット傘下のスターウッド系列ホテルが3つあります。「ウェスティンホテル大阪」「シェラトン都ホテル大阪」「セントレジスホテル大阪」です。

京都の場合、リッツ・カールトン京都があります。マリオットリワードポイントを貯めることにより、ラグジュアリーな空間を格安で利用することができます。

マリオット・リワード・ポイントを貯める方法としておすすめなのは「SPGアメックスカード」というクレジットカードを活用することです。

SPGアメックスカードの利用で貯まるスターポイントは、3:1の比率でマリオットリワードポイントに交換できます。

普段の買い物で無理なくポイントが貯められるので、知らないうちに1泊分くらいは貯まってた、ということも。

大阪の”これ”が食べたい!

大阪といえば「食いだおれの街」。ご当地グルメ的なものは、それこそ数え切れないほどあります。ここでは、その中のごく一部しか紹介できません。

ニューバード

大阪の大手ベーカリー「神戸屋パン」が販売、大阪のソウルパンとして親しまれているのが「サンミー」です。

商品紹介によれば「パンの中にクリームをサンドし、上にチョコとケーキ生地の3つの味が楽しめるデニッシュ」とのこと。三つの味でサンミーなんですね。

 

iippukuさん(@iippuku)がシェアした投稿

ちなみにサンミーには、もう一味加えた姉妹品「ヨンミー」も存在します。探してみるのも楽しいかも。

自由軒のカレー

自由軒は明治43年創業の、大阪初の西洋料理店です。

大阪でこよなく愛されている自由軒の「名物カレー」は、たまねぎと牛肉だけを使ったドライカレーの真ん中に生卵が乗った独自のカレー。自由軒でしか味わえない逸品です。

 

almilkoneさん(@almilkone)がシェアした投稿

自由軒には難波本店と天保山店があります。

→大阪難波・自由軒(公式)

TAKOYAKI PARK

大阪に定着しているコナモンの食文化。そのメニューはお好み焼きやネギ焼き、明石焼き(たこ焼き)などいろいろあります。

TAKOYAKI PARKは人気「たこ焼き店」が6店(大阪玉出 会津屋/たこ家 道頓堀 くくる/大阪アメリカ村 甲賀流/十八番/あべのたこやき やまちゃん/玉屋)集まった、たこ焼きのテーマパーク。手っ取り早くたこ焼きを食べ比べたい人には絶対おすすめです。

 

☆いずみ☆さん(@kira_kira40)がシェアした投稿

→TAKOYAKI PARK

千とせの肉吸い

「なんばグランド花月」の近くにある創業50年以上の老舗うどん店が「千とせ」。その人気メニューは肉吸いという一風変わったもの。

吉本新喜劇の俳優だった花紀京さんが洒落で注文した「肉うどん、うどん抜きで」が元だとか。いかにも大阪らしい話ですね。

たまごかけご飯とセットで注文するのが習いだそうです。

→千とせ

大阪の”ここ”が見たい!

大阪の見どころはというと、今更紹介するまでもないほどですね。それでもあえて紹介したいような、穴場的なスポットをいくつか・・・。

大阪万博記念公園

1970年に開催された大阪万博の跡地を公園化したものが万博記念公園です。万博のシンボル「太陽の塔」をはじめ、いくつかのモニュメントを万博遺産として残してあります。

 

matsumotooooooさん(@matsumotoooooo)がシェアした投稿

2018年からは太陽の塔内部が48年ぶりに一般公開され、話題を呼んでいます。

→万博記念公園(公式)

千里川の土手

飛行機の発着コースの真下に位置する「千里川の土手」は、日本でも有数の撮影スポットとしてマニアの間でも有名です。

 

辻尾 和久さん(@kazuhisa_____t)がシェアした投稿

正式には大阪伊丹空港の32Lエンド、千里川堤防。カメラマンや観光客で昼も夜もにぎわっています。望遠レンズを使えば空港内の飛行機の撮影もバッチリ。

 

なおきちさん(@naokichi_pic)がシェアした投稿

轟音とつむじ風とともに、飛行機が本当に頭の上を飛んでいきます。三脚必須です。

スカイランドHARADA

水処理施設の屋上に作られた公園「スカイランドHARADA」は、大阪空港に隣接しているので飛行機の写真を撮る場所としても人気があります。

 

Shinya Yoshidaさん(@shinya.1979)がシェアした投稿

→スカイランドHARADA

全興寺

地獄寺として有名な全興寺(せんこうじ)では、地獄や極楽のことを知り、正しい心で生きることの大切さを学ぶための様々な工夫がされており、海外からも注目されています。

度肝を抜かれること間違いなしの、唯一無二の独創的なお寺です。

 

ぱりすさん(@paris_0726)がシェアした投稿

→全興寺(せんこうじ)

大阪城

やはり大阪に旅行したら、まず足を運びたいのが大阪城。豊臣秀吉の時代から大阪のシンボルだった大阪城は、徳川の手で大規模改築がなされたにもかかわらず、現在でも「太閤はんのお城」として愛され続けています。

 

忍さん(@shinobu0990)がシェアした投稿

→大阪城天守閣(公式)

ホグワーツ城

現在では大阪で二番目に有名な城とも言われているホグワーツ城。

言わずと知れたユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)内の「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」にあります。

gaja666さん(@gaja666)がシェアした投稿

USJ全体がインスタ映えを狙うにはこの上ないスポットですから、ホグワーツ城も含めてぜひ立ち寄りたい場所です。

→ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(公式)

道頓堀と新世界

観光客の人気の、最も大阪らしい賑わいが感じられるのが「道頓堀」と「新世界」。

道頓堀は難波にある繁華街。芝居小屋を中心として栄えた歴史のある大阪のブロードウェイです。

→道頓堀商店会(公式)

新世界は1903年に開催された内国勧業博覧会の跡地に通天閣と公園、遊園地を建設し、それが変遷を重ねて現在の繁華街へと発展したものです。

 

@yasutoshi456がシェアした投稿

通りの先にそびえ立つ通天閣、ビリケン神社、「づぼらや」の巨大ちょうちんふぐ、そしてど派手な看板の数々・・・。どこを撮っても「ザ・大阪」という感じの光景になるとても楽しい街です。

gaja666さん(@gaja666)がシェアした投稿

通天閣は展望塔だけでなく、お土産ショップやカフェ、有名メーカーのアンテナショップなどもあり、見どころがいっぱいです。

→新世界(大阪観光案内公式サイト)

→通天閣オフィシャルサイト

EXPOCITY(エキスポシティ)

大阪の新名所として知名度が高まりつつあるのが、エキスポランドの跡地につくられた超大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」です。

rumikaさん(@rumika_1215)がシェアした投稿

ショッピングセンター「ららぽーとEXPOCITY」、海遊館プロデュースのおしゃれな水族館・動物園「NIFREL(ニフレル)」、セガ&BBCの体験型アミューズメント施設「オービィ大阪」、4DXの最新映画館「109シネマズ 大阪エキスポシティ」など盛りだくさんです。バンダイ直営の「ガンダムショップ」や、大人気の「ポケモンEXPOジム」もあり、もう大変です。

Katsuaki-C-HRさん(@katsuaki_chr)がシェアした投稿

2015年開業の新施設なので知らない人もいると思います。大阪観光のスケジュールに組み込むと楽しめること間違いなしですが、回り切れるかどうか・・・。

→EXPOCITY(公式サイト)

まとめ

大阪へのお得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけお伝えしました。いかがでしたか?

ここでは紹介しきれないほど、大阪にはまだまだ有名・無名の名所や名産がいっぱいあります。

旅行へ行くときは、行き当たりばったりも楽しいですが、事前にいろいろ調べておくことをおすすめします。知らなかったお得情報や豆知識が頭に入っていれば、より楽しい旅行になること間違いなしです。

また、帰ってきてから「せっかくなら見ておくべきだった・・・」「知らずに素通りしちゃった・・・」「もっとお得に利用できたのに・・・」なんてことも、事前の情報収集があれば少なくてすみます。

当サイトではこれからも、楽しい旅行に役立つお得情報・豆知識をお伝えしていきます。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク