【お得情報】TVで見た三重のここに行きたい!ついでにこれが食べたい!旅行に格安で行くには?

三重は「伊勢神宮」「鳥羽水族館」「熊野古道」など歴史的な名所や豊かな自然など見どころが多く、また「松阪牛」「伊勢えび」など多彩な食べ物が楽しめるお勧めの観光エリアです。

テレビで観て「三重へ旅行に行ってみたい!」って思った人も多いのではないでしょうか。

三重旅行を考えたら、事前に行き方はもちろんのこと、見どころ、食べ物、お土産などはチェックしておきたいもの。

インスタ映えする写真の撮れるフォトジェニックなスポットも欠かせません。

ついでに、旅行に安く行く方法や、現地でお得に過ごせる方法があったら最高だと思いませんか?

お得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけまとめてみました。

スポンサーリンク

 


三重へ飛行機で行く

三重に飛行機で行ければ時間が短縮できて一番いいんだけど、という人は多いと思います。でも三重県には空港がありません。

三重旅行で利用するのに便利な空港は、中部国際空港 セントレアになります。

中部国際空港 セントレアから三重県の中心地・津駅までは特急の乗り継ぎで1時間30分ほど。

また、中部国際空港から「津なぎさまち」までの高速船ルートもあります。こちらは天候にも左右されますが45分ほどで行き来できます。

中部国際空港の接続は下記のとおりです。

札幌(新千歳)、旭川、函館、女満別、秋田、仙台、新潟、成田、東京(羽田)、松山、福岡、大分、宮崎、長崎、熊本、鹿児島、那覇、宮古、石垣

中部国際空港の国内線にはANA、日本航空(JAL)、スカイマーク(SKY)、エアドゥ(ADO)、エアアジア・ジャパン(WAJ)、ジェットスター・ジャパン(GK)、アイベックスエアラインズ(IBX)、スターフライヤー(SFJ)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、ソラシドエア(SNA)などが就航しています。

→中部国際空港フライトスケジュール

(フライトは2018年6月時点の情報です。予告なしに変更される場合があります。)

飛行機にはマイルで乗るのがお得

飛行機をお得に利用するなら、やっぱりマイルを貯める方法が一番おすすめです。マイルを貯める方法は大きく3つあります。

マイルの貯まるクレジットカードを活用する

マイルの貯まりやすいクレジットカードを持っていると、普段の買い物でどんどんマイルが貯まります。旅行の際の飛行機代がタダになるのはうれしいですね。

ポイントを貯めてマイルに交換できるサービスを利用する

広告を見たり無料会員登録をしたり、通販を利用したりすることでポイントが貯まるサービスがあります。貯まったポイントをマイルに交換できるサービスも多いので、大量マイルが無料で手に入ることも・・・。

マイルを格安で買う

マイルの価値は搭乗時期や利用する座席クラスによって異なりますが、1マイルあたり1.5円から2円とされています。

ANAの場合

最初にANAマイルを見てみましょう。

ANAマイルの場合、東京(羽田)→中部(名古屋)へのレギュラーシーズンの片道運賃は19,700円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。この場合、1マイル3.28円換算です。

ANAマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→ 中部(名古屋)6000マイル19,700円

→ANA 往復運賃表(PDF)

→ANA 必要マイルチャート

実際には割引価格のチケットもあるので、マイルの価値は変動します。

また、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいでしょう。

JALの場合

次にJALマイルの場合です。

JALでは東京(羽田)と中部(名古屋)のレギュラーシーズンの片道運賃は20,900円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。この場合、1マイル3.48円換算です。

JALマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→ 中部(名古屋)6000マイル20,900円

JALの場合、少し広めのクラスJが用意されています。こちらは26,750円で、マイルの場合は片道2000マイル追加することで利用できます。

JALも実際には割引で安くなっているチケットもあるので、1マイルの価値は変動します。

→JAL 国内線運賃案内

→JAL マイル早見表

もしもこれらの換算値よりも安くマイルが手に入れば、現金で購入するよりもお得になります。

また、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいでしょう。

三重へ新幹線で行く

三重県内には新幹線の発着駅がありません。

東京から三重まで鉄道を使っていく場合、新幹線で名古屋まで行き、在来線特急に乗り換えることになります。

東京から名古屋までの所要時間は「のぞみ」で1時間40分ほど、「ひかり」で2時間ほど、「こだま」で2時間30分ほどです。

名古屋から津まではJRの特急「みえ」で1時間ほど、近鉄特急で50分ほどです。

新幹線は予約サービスを利用するのがお得

新幹線を利用する場合、乗車券・特急券を普通に購入するよりも安く済む方法があります。それはJR東海が運営する新幹線予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」を利用する方法です。

「エクスプレス予約」「スマートEX」を経由して予約をすると、東海道新幹線や山陽新幹線の料金が大幅に割引されます。

「エクスプレス予約」を利用するにはビューカード系クレジットカードが必要で、年会費も1,080円(税込)かかりますが、距離によっては1回の乗車で年会費の元が取れるほどの割引料金で購入できます。頻繁に利用する人なら圧倒的にお得です。

「スマートEX」は年会費無料のサービスで、「エクスプレス予約」と比べると割引率や優待枠の数でやや劣りますが、早めの予約で大幅な割引になるなどのサービス内容は「エクスプレス予約」と同じです。

計画旅行であれば「エクスプレス予約」「スマートEX」で早めの予約をとることで、新幹線にお得な値段で乗れるのは間違いありません。

東京ー名古屋間の場合、EXグリーン早特が安く購入でき、普通車とあまり変わらない料金でグリーン車に乗れることもあるので、とってもお得です。

ホテルはポイントで泊まるのがお得

ホテルの中には、会員になるとポイントが貯まるものがあります。

そのポイントでお得に宿泊できるのはもちろんのこと、会員特典で1ランク上の部屋にアップグレードしてもらえたりすることもあります。

SEIBU PRINCE CLUB

SEIBU PRINCE CLUBのポイントを貯めると、国内のプリンスホテル(または系列のホテル)に格安で宿泊することができます。

三重の場合、残念ながら県内に契約ホテルがないため、プリンスクラブのポイントを貯めたり使ったりする機会がありません。

近隣のホテルでは名古屋プリンスホテルが該当します。スカイタワーのスカイツインに10000ポイントで宿泊できるので、かなりお得です。

プリンスポイントが貯まる「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」や「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールド」を活用すると、普段の生活でポイントが貯めやすくなります。

また、プリンスホテルはプリンスステータスサービスというシステムを導入しており、年間の利用金額に応じてステータスが上がり、翌年のサービス内容・特典がアップグレードするしくみになっています。

プリンスホテルに絞って利用するようにすれば、よりお得なサービスが受けられるようになります。

マリオットリワード

マリオット・インターナショナルのポイントを集めると、世界中にある高級ブランドのホテルにお得に宿泊することができ、とてもお得です。

三重旅行の際に利用できる近隣のホテルとしては、名古屋マリオット アソシアホテルがあります。マリオットリワードポイントを貯めることにより、ラグジュアリーな空間を格安で利用することができます。

マリオット・リワード・ポイントを貯める方法としておすすめなのは「SPGアメックスカード」というクレジットカードを活用することです。

SPGアメックスカードの利用で貯まるスターポイントは、3:1の比率でマリオットリワードポイントに交換できます。

普段の買い物で無理なくポイントが貯められるので、知らないうちに1泊分くらいは貯まってた、ということも。

三重の”これ”が食べたい!

三重の名産と言えば「松阪牛」「伊勢うどん」「赤福もち」などが知られていますが、それ以外にもご当地グルメがたくさんあります。三重に行ったら絶対に食べたいものを、ちょっとだけ紹介します。

四日市とんてき

三重・四日市市の名物「とんてき」は、1940年代に中華料理店「來來憲」で誕生したといわれています。厚切り豚ロースとにんにく・千切りキャベツの組み合わせが定番で、濃厚ソースが食欲をそそります。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

西田 公也さん(@kimiya_nishida)がシェアした投稿

伊勢うどん

伊勢市の名物で、やわらかめの極太麺と真っ黒な汁に刻みネギが添えられた、シンプルながらクセになるうどんです。

すぐに提供できて早く食べ終われる伊勢うどんの形態は、お伊勢参りで混雑する地域性が生み出したものだと言われています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

たのっちさん(@tanottiii)がシェアした投稿

津のうなぎ

うなぎの消費量でも人口ひとりあたりのうなぎ屋さんの店舗数でも日本で一、二を争う津市。名店がしのぎを削るうなぎの町で食べるうなぎはリーズナブルで、味も格別です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

keigoさん(@pocari325)がシェアした投稿

「うなふじ」「はし家」「新玉亭」など老舗名店が目白押しです。

松坂ホルモン

松阪牛は全国的にも有名ですが、地元ではホルモンも大人気です。味噌ダレでいただくのが定番だとか。

松阪ならではの新鮮なホルモン。三重でしか味わえない贅沢品です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A☻Rさん(@orimiha07)がシェアした投稿

てこね寿司

志摩の伝統的な漁師めしが元だとされている、新鮮なかつおなど魚の切り身をごはんにのせて醤油たれをかけた伊勢志摩地方の郷土料理。手で混ぜて作っていたことから「てこね」という名前なのだとか。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@caro1610110303301124123がシェアした投稿

魚の種類や海苔・金糸たまごなどのトッピングは店によってさまざま。いろいろ食べ比べてみるのも楽しいかも。

赤福餅

伊勢の名物菓子といえば「赤福もち」。赤福の創業は1707年というから筋金入りです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

♡みーちゃん♡さん(@mi_0302_)がシェアした投稿

冬季限定の「赤福ぜんざい」や、本店で毎月一日にのみ販売される月替わりの「朔日餅」など、伊勢に行かなければ味わえない楽しみもあります。

三重の”ここ”が見たい!

三重に行ったらぜひとも訪れたい定番スポット・穴場スポットを紹介します。

伊勢神宮 内宮・外宮

言うまでもなく「お伊勢参り」あっての三重旅行。伊勢神宮は外宮と内宮がありますが、外宮から参拝するのが正しい作法だとか。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊勢神宮 / ISE-JINGUさん(@isejingu.official)がシェアした投稿

伊勢神宮は外宮・内宮と周辺の摂社をあわせるとかなりの数の社があり、全部回りきるにはかなりの時間を要します。きちんとプランを立ててから参拝することをおすすめします。

おかげ横丁

伊勢神宮の内宮前にある商業エリア。江戸時代におかげ参りが盛んだった当時の街並みが再現されており、飲食店や土産物店が立ち並んでいます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mailey♡さん(@__genmaichan__)がシェアした投稿

見た目に風情がある上、お店を見て歩くだけでも楽しいので、年中賑わっています。伊勢参拝の際には絶対に立ち寄りたいお勧めのスポットです。

なばなの里

一年を通して花々や木々が豊かな「花と緑のテーマパーク」として、全国的にも有名な「なばなの里」。

四季折々の自然の美しさが楽しめるのに加えて、華麗なイルミネーションでも知られています。三重のインスタ映えスポットとしては文句なしの場所です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

平和堂 イメージキャラクター「はとっぴー」さん(@hatoppy)がシェアした投稿

→「なばなの里」公式

横山展望台 天空カフェテラス

2018年にオープンしたばかりの展望施設&カフェテラス。伊勢志摩の代名詞である英虞湾の景観が一望できる、横山中腹の標高140m地点につくられたオープンスペースです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yasuyo Sasakiさん(@ya_su_yo)がシェアした投稿

のんびりとコーヒーを飲んで休憩しながら、日本有数のリアス式海岸の美しさを心ゆくまで堪能できます。

志摩スペイン村

近鉄が運営しているリゾートエリアに、アミューズメント施設・宿泊施設・温泉施設などが併設されています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

aoi/sgさん(@you_to_chisa)がシェアした投稿

テーマパーク「パルケエスパーニャ」ではアトラクションやさまざまなショーもあるので、まる一日楽しめます。

→志摩スペイン村(公式)

志摩地中海村

地中海の街をイメージしてつくられたリゾート宿泊施設で、温泉・レストラン・プール・各種アクティビティ・体験クラフト工房など設備も充実。英虞湾クルージングやフィッシングも楽しめて、思いっきり海外旅行気分が味わえます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

志摩地中海村 公式アカウントさん(@shima_chichuukaimura_official)がシェアした投稿

レストランでのランチとデイクルージングがセットになった日帰りプランもあるので、宿泊目的でなくても利用できます。(要予約)

→志摩地中海村(公式)

まとめ

三重へのお得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけお伝えしました。いかがでしたか?

ここでは紹介しきれないほど、三重にはまだまだ有名・無名の名所や名産がいっぱいあります。

旅行へ行くときは、行き当たりばったりも楽しいですが、事前にいろいろ調べておくことをおすすめします。知らなかったお得情報や豆知識が頭に入っていれば、より楽しい旅行になること間違いなしです。

また、帰ってきてから「せっかくなら見ておくべきだった・・・」「知らずに素通りしちゃった・・・」「もっとお得に利用できたのに・・・」なんてことも、事前の情報収集があれば少なくてすみます。

当サイトではこれからも、楽しい旅行に役立つお得情報・豆知識をお伝えしていきます。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク