1000円相当獲得のチャンス!「Kyash Card」ポイントサイトはどこが最高/最大か?おすすめ比較

「Kyash Card」が今なら1000円相当もらえるチャンスらしいけど、どのポイントサイト経由がお得なのかなあ?申し込み時に注意点とかあったりするのかな?

今回の記事では、「Kyash Card」をモッピー・すぐたま・ハピタス等どこのポイントサイトで最高/最大のポイントを稼げるかの比較や、申し込み時の注意点などを紹介します。

お得に格安に旅行に行きたくて、ポイントサイト使ってANAマイル、JALマイルを稼ぐ方法を実践しています。稼ぐコツを下記の記事で紹介中です。
飛行機に無料で乗る方法【ANAマイルの貯め方】
飛行機に無料で乗る方法【JALマイルの貯め方】
ラグジュアリーなホテルに格安で宿泊(マリオット編)

「Kyash Card」は、どのポイントサイトが最高/最大か比較

ポイントサイトで貯めたポイントを交換できないと意味がありません!なので管理人は「運営会社の規模(大きいかどうか、できれば上場か老舗)・最低換金額が低い」をチェックして登録しています。

そのため、現在は上記のポイントサイトを中心にポイントサイト活動を行っています。
(といっても常時全てではなく、ランクキープを考えながら、時期によってこのうち3つくらいを中心に。一発で換金できそうな案件はどこでもよいのですが、楽天等細かい案件はランクキープ狙いで使い分けています。)

ご自分が申し込むタイミングで状況は変わっている可能性があるので、必ずポイント獲得条件・対象外の条件は確認してください。

2020/6/28現在の状況です。

「Kyash Card」の最高/最大のポイントは、以下のポイントサイトになります。(管理人おすすめのポイントサイトのみ比較しています。)

 ポイントサイト名ポイント数(円相当)
1げん玉1000円相当
1すぐたま1000円相当
1ライフメディア1000円相当

いくつかのポイントサイトで1000円相当もらえますね。

※「Kyash Card」は、時期によってあまりポイントサイトに掲載されないこともあります。

ポイント獲得条件:
エントリー、アプリダウンロード後、Kyash Cardを申込み完了
※KyashCard申込み完了+GooglePayまたはApple Pay設定で追加9000pt=900円相当
ポイント対象外:
・すでにKyashに会員登録をしたことがある場合
・キャンペーンエントリーをしなかった場合
・キャンペーンエントリー時の電話番号とKyash会員登録の電話番号が異なる場合
・Kyash利用規約に違反している場合
・ポイント有効前にKyashアカウントが無効(利用停止または退会)となっているの場合

【げん玉】経由で申し込むと、合計10000ポイント=1000円相当の獲得が可能です。

【げん玉】の無料登録は下記から↓↓↓

【げん玉】でポイントを稼ぐ方法については以下の記事で紹介しています。

「Kyash Card」をポイントサイトで申し込むときの注意点

「Kyash Card」をポイントサイト経由で申し込むときの注意点です。

注意点はココです!

1000円相当分を獲得するためには、
※カード受取後アプリで有効化して、Kyash会員登録月の翌々月10日までにGooglePayまたはApple Payに設定(こちらのポイントは通帳に判定中ポイントとして反映されず)

「Kyash Card」申込み完了だけでは100円相当分だけです。合計1000円相当獲得するためには、
Kyash会員登録月の翌々月10日までにGooglePayまたはApple Payに設定
が必要です。
注意してください。

「Kyash Card」とは?

「Kyash Card」の申し込みを検討している人には今更だと思いますが、かんたんにおさらいです。

みんなが魅かれる理由はたくさんあります

・ポイント還元率1%以上可能
・ICチップが付き、VISAのタッチ決済も利用可能
・年会費無料
・プリペイドカードなので、クレジットカードのような審査がない

管理人的おすすめは以下のポイントです。

ポイント還元率1%以上可能

「Kyash Card」はプリペイドカードなのでチャージが必要です。

チャージ方法には
・登録カードでのチャージ(自動チャージも可能)
・コンビニチャージ
・セブン銀行ATMチャージ
・銀行ATM(ペイジー)チャージ
がありますが、登録カードからのチャージ方法を利用すれば還元率をアップすることが可能です。

つまり、
クレジットカード→「Kyash Card」へのチャージでクレジットカードのポイント付与
があれば、2重取りが可能です。

例えば
◎「Reader’s Card(リーダーズカード)」1.257%還元率
◎「REX CARD(レックスカード)」1.25%還元率
◎「楽天カード」(VISA/Mastercard)1%還元率

これらのクレジットカードから「Kyash Card」にチャージして利用すれば、2%以上の還元率が可能です。

ただし、ポイント付与には上限があり、月間12万円を超える決済利用分についてはKyashポイントは付与されません。それ以外にもKyashポイント還元対象外となる取引があります。

また、年会費は無料ですが、発行手数料=900円がかかります。

申し込みの流れ

「Kyash Card」に新規申し込みする流れです。

①【げん玉】に無料登録(ここから登録できます
 ↓
②【げん玉】TOPページで「kyash」を検索(検索BOXに入力)
 ↓
③表示されたうち「kyash」が対象の広告をクリック
 ↓
④「kyash」広告ページにある「ポイントを貯める」をクリック
 ↓
⑤「kyash」公式サイトのページに移動して”キャンペーンにエントリーして”申し込みを行う

キャンペーンエントリー必須です。

※キャンペーンエントリー時の電話番号とKyash会員登録の電話番号が同じになるように注意してください。

まとめ

おすすめのポイントサイトを比較した中で、「Kyash Card」の申し込みで最高/最大のポイントを稼げるポイントサイトはいくつかありますが【げん玉】経由で申し込むと、合計10000ポイント=1000円相当の獲得が可能です。

【げん玉】の無料登録は下記から↓↓↓

おまけです・ポイントサイト初心者向け注意事項

初心者の方、ポイントサイト経由で広告に申し込むときは、cookie(クッキー)削除等は気を付けましょう!

cookie(クッキー)削除

初心者の人にはピンとこないと思いますが、
「ポイントサイト」にいくつか登録していると、ポイントサイトA経由で申し込んだのに、ポイントサイトBの通帳履歴に計上されてしまうということが起こる場合があります。
それもポイントが高いAから申し込んだはずなのに、ポイントの低いBの通帳に載ってしまうという悲劇が・・・

question-s

例えば、
①ポイントサイトAに訪問

②次に、ポイントサイトBに訪問

③でもやっぱり、ポイントサイトAから案件の申込み

ポイントサイトBにポイントが計上される!!!
(ポイントサイトAに計上されることもあります)

そこで、「ポイントサイト」の注意事項によく書かれている「cookie(クッキー)を削除」することが大切になってきます。

cookie(クッキー)とは・・・
WEBブラウザを通じて、WEBサイトが次にアクセスしたときにどこからの訪問かを識別できるようにするつける目印のようなもの。

つまり、「ポイントサイト」がブラウザを利用してこちらのパソコンに目印をつけるのです。
逆に、「ポイントサイト」はこのcookie(クッキー)があるから会員からの申込みということがわかります。

cookie(クッキー)を削除する方法はブラウザによって異なるので、自分が使っているブラウザの削除方法を検索しておきましょう。

広告を申し込んだときのメールは保存しておく

まれに、「ポイントサイト」の広告(案件)が承認されないときがあります。

そんな時は「ポイントサイト」へ問い合わせします。

そうすると、やりとりした時のメールを添付してとかいろいろ言われるので、広告を申し込んだときは、承認されるまでやりとりのメールなどは保存しておきましょう。

条件もハードコピーして、自分のメモ代わりにしておくのもよいかもしれません。

利用した案件は記録する

これから「ポイントサイト」を利用しようと思った人は、必ず申し込んだ広告(案件)は記録しておいたほうがよいです。

後々、「あれっ?これって申し込んだことがあるような、ないような・・・」ということが起こってきます!

xls

「ポイントサイト」の広告(案件)の条件はいろいろあります。
・同一IPの2回目以降はNG
・同じ会社の商品を他に購入していたらNG
などなど。

「ポイントサイト」の広告(案件)が承認されないと、結構へこみます・・・
場合によっては、無駄遣いになってしまいます。
そんなことを避けるためにも、ぜひ記録しておきましょう。

【げん玉】の無料登録は下記から↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする