ゲットマネー・すぐたま・モッピー「ジャパンネット銀行」はどのポイントサイト経由がお得か?(2019年7月)

「ジャパンネット銀行」の口座開設をしたいけど、どのポイントサイト経由がお得なのかなあ?申し込み時に注意点とかあったりするのかな?

今回の記事では、「ジャパンネット銀行」の口座開設を申し込むときに、ゲットマネー・すぐたま・モッピー等どこのポイントサイト経由で申し込むのが今一番おすすめなのかや、申し込み時の注意点をご紹介します。

お得に格安に旅行に行きたくて、ポイントサイト使ってANAマイル、JALマイルやプリンスポイントを稼ぐ方法を実践しています。稼ぐコツを下記の記事で紹介中です。
飛行機に無料で乗る方法【ANAマイルの貯め方】
飛行機に無料で乗る方法【JALマイルの貯め方】 クレジットなし
ホテルに無料で宿泊(プリンスホテル編)
ラグジュアリーなホテルに格安で宿泊(マリオット編)

「ジャパンネット銀行」の口座開設は、今どのポイントサイト経由が一番お得か!

ポイントサイトは貯めたポイントを利用できないと意味がないので、管理人は「運営会社の規模(大きいかどうか)・最低換金額が低い」をチェックして登録しています。

その結果現在は上記のポイントサイトを中心にポイントサイト活動を行っています。(ランクキープもあるので、時期によってこのうち3つくらいを中心に)

2019/7/29現在の状況です。

「ジャパンネット銀行」の口座開設に、お得でおすすめのポイントサイトは以下になります。

 ポイントサイト名ポイント数(円相当)
1ゲットマネー・げっとま1520円相当
2すぐたま1350円相当
3モッピー1200円相当

【ゲットマネー・げっとま】が高い状況ですね。【ゲットマネー・げっとま】経由で「ジャパンネット銀行」の口座開設を申し込むとお得になります。

ポイント獲得条件:
新規口座開設完了
ポイント対象外:
※同一ユーザーの2回目以降の申込、申込不備、不正、いたずら、重複、虚偽、即時解約、口座開設が完了しなかった場合

【ゲットマネー・げっとま】経由で申し込むと、15200ポイント=1520円相当の獲得が可能です。ANAマイルなら実質約1200マイル相当です。

【ゲットマネー・げっとま】の無料登録は下記から↓↓↓

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

【ゲットマネー・げっとま】でポイントを稼ぐ方法については以下の記事で紹介しています。

楽天銀行のハッピープログラム狙いなら【ポイントタウン】もおすすめ

【ポイントタウン】経由で申し込むと、20000ポイント=1000円相当の獲得が可能です。少し低いのですが、ポイントタウンは2000ポイント=100円相当から楽天銀行に交換振込が可能です。

申し込む広告は「ジャパンネット銀行」の口座開設で別の銀行ですが・・・

楽天銀行にはハッピープログラムというランク制度があり取引が多いほどランクが上がるので、ポイントタウン→楽天銀行に交換申請することでランクを上げることができます。100円ずつ振込ができるので、他のポイントサイトよりランクが上げやすくなります。
※取引件数カウントは1日1回まで

また、【ポイントタウン】にはランク制度がありボーナスポイントがもらえるので、ショッピングの場合は見た目よりもお得になります。

ポイント獲得条件:
新規口座開設
※口座開設、ネットキャッシング同時申込でもポイント獲得対象
ポイント対象外:
※不正と思われる手法は全てポイント獲得対象外
※法人・個人事業主の口座開設はポイント獲得対象外

【ポイントタウン】経由で申し込むと、20000ポイント=1000円相当の獲得が可能です。

【ポイントタウン】の無料登録は下記から↓↓↓

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

運営会社はGMOメディア株式会社(東証マザーズ上場)で規模も大きい【ポイントタウン】でポイントを稼ぐ方法については以下の記事で紹介しています。

「ジャパンネット銀行」の口座開設をポイントサイトで申し込むときの注意点

楽天銀行の口座開設をポイントサイト経由で申し込むときの注意点です。

注意点はココです!

「ジャパンネット銀行」のキャッシュカードはVISAデビット機能付きのデビットカードです。単純にキャッシュカード機能だけのカードではありません。

「ジャパンネット銀行」のキャッシュカードはVISAデビット付きしか選択できません。普通のキャッシュカードが届くと思っていたらVISAって書いてある?と驚かないようにしてください。

もう一点。

ポイントサイト経由で広告に申し込むときは、cookie(クッキー)削除等は気を付けましょう!

広告利用時はcookie(クッキー)削除等に気を付ける

cookie(クッキー)削除

初心者の人にはピンとこないと思いますが、
「ポイントサイト」にいくつか登録していると、ポイントサイトA経由で申し込んだのに、ポイントサイトBの通帳履歴に計上されてしまうということが起こる場合があります。
それもポイントが高いAから申し込んだはずなのに、ポイントの低いBの通帳に載ってしまうという悲劇が・・・

question-s

例えば、
①ポイントサイトAに訪問

②次に、ポイントサイトBに訪問

③でもやっぱり、ポイントサイトAから案件の申込み

ポイントサイトBにポイントが計上される!!!
(ポイントサイトAに計上されることもあります)

そこで、「ポイントサイト」の注意事項によく書かれている「cookie(クッキー)を削除」することが大切になってきます。

cookie(クッキー)とは・・・
WEBブラウザを通じて、WEBサイトが次にアクセスしたときにどこからの訪問かを識別できるようにするつける目印のようなもの。

つまり、「ポイントサイト」がブラウザを利用してこちらのパソコンに目印をつけるのです。
逆に、「ポイントサイト」はこのcookie(クッキー)があるから会員からの申込みということがわかります。

cookie(クッキー)を削除する方法はブラウザによって異なるので、自分が使っているブラウザの削除方法を検索しておきましょう。

広告を申し込んだときのメールは保存しておく

まれに、「ポイントサイト」の広告(案件)が承認されないときがあります。

そんな時は「ポイントサイト」へ問い合わせします。

そうすると、やりとりした時のメールを添付してとかいろいろ言われるので、広告を申し込んだときは、承認されるまでやりとりのメールなどは保存しておきましょう。

条件もハードコピーして、自分のメモ代わりにしておくのもよいかもしれません。

利用した案件は記録する

これから「ポイントサイト」を利用しようと思った人は、必ず申し込んだ広告(案件)は記録しておいたほうがよいです。

後々、「あれっ?これって申し込んだことがあるような、ないような・・・」ということが起こってきます!

xls

「ポイントサイト」の広告(案件)の条件はいろいろあります。
・同一IPの2回目以降はNG
・同じ会社の商品を他に購入していたらNG
などなど。

「ポイントサイト」の広告(案件)が承認されないと、結構へこみます・・・
場合によっては、無駄遣いになってしまいます。
そんなことを避けるためにも、ぜひ記録しておきましょう。

「ジャパンネット銀行」の口座に申し込む前に確認すること

申し込み時の注意点にも書きましたが、

ジャパンネット銀行のキャッシュカードはVISAデビット機能付きのデビットカードです。単純にキャッシュカード機能だけのカードではありません。

デビットカードというものについて理解しておく必要があります。

デビットカードとは、買物の支払い時にクレジットカード感覚で利用できるカードで、使ったその場で口座からお金が引落されるので預金残高の範囲内での利用となるカードのことです。(一部利用不可あり)

怪しいカードではありません。

預金残高の範囲内での利用となるので使い過ぎの防止になります。国内・海外問わず買い物時に、ネットショッピングでも利用可能です。

※VISAデビットカードなら、VISA加盟店で利用可能。(一部利用できないケースがあります)

※分割払いやリボ払い、キャッシングサービスには対応していません。

海外のATMで、自身の口座から現地通貨の引出しが可能なので、両替が不要になります。スマートフォンやパソコンからいつでも利用明細が確認できます。

またクレジットカードではないので、申し込み時に審査があるわけではありません。

「ジャパンネット銀行」のおすすめ・メリット

メリット①:キャッシュカードにVisaデビット機能が標準装備

年会費・発行手数料0円で審査もありません。

海外通販サイトで便利なカードレスタイプも提供されます。

<JNBカードレスVisaデビット>
サイトから自分でネットショッピング専用のカード番号を発行できます。
→番号の変更・停止・再開も自由にできて海外サイトを利用するときなどセキュリティ面でも安心です(番号は4つ発行可能)。

メリット②:最先端のセキュリティでネット取引も安心できます

ネット銀行としていち早くトークンを導入しています。ワンタイムパスワードでネット取引も安心できます。

メリット③:スマホ決済に対応・簡単にチャージできます

PayPay、LINE Pay、メルペイに対応。簡単に残高のチャージが出来ます。

メリット④:近くのコンビニのATMが利用できます

提携ATM入出金手数料は、毎月最初の1回は入金も出金も無料・0円です。
(月間初回利用金額が3万円以上でも、その月の最初の1回としてカウント)

提携ATM入出金手数料一覧:

提携ATM利用金額
3万円以上3万円未満
セブン銀行ATMいつでも何回でも0円162円
Enet
ローソン銀行ATM
三井住友銀行
ゆうちょ銀行324円

振込手数料一覧:

 振込金額
 3万円以上3万円未満
ジャパンネット銀行の口座宛54円(消費税込)
他の金融機関宛172円(消費税込)270円(消費税込)

・三井住友銀行の本人名義口座へのお振り込みが振込手数料無料
・三井住友銀行のATMでは、ジャパンネット銀行のキャッシュカードを使用した振り込みが可能(提携ATM出金手数料162円+三井住友銀行の振込手数料)

メリット⑤:Tポイントを現金に交換できます

口座を作っておいて損はないと思われる理由の1つは「Tポイントを現金に交換できる」。

Tポイントは、店舗等で利用できるので基本的には使い道に困ることはありませんが、どうしても!というときに現金に交換する方法があります。

その時に必要になるのが「ジャパンネット銀行」。

交換は1000ポイント以上できないとダメ、100ポイント→85円の交換レートといった条件はありますが、現金の場合は支払いに使えなくて困ることはほとんどないので、価値が85%になっても現金交換が一番!という場合もあるでしょう。


その他にも、JNBクラブオフに入会できたり、ヤフオクで落札した時に使える「かんたん決済」でジャパンネット銀行を利用すると、手数料がかからないなど、おすすめ点はいろいろあります。

「ジャパンネット銀行」口座開設の申し込み方法

ポイントサイト経由で「ジャパンネット銀行」口座の口座開設を申し込む流れです。

1.カードの色(ブルー、ブラック、ピンク)と本人確認資料の書類送付方法(スマホアプリか郵送)を決めておきます。

2.申し込みの前に事前準備をします。

【事前準備】
・メールアドレス情報(ポイントサイト登録に使用)
・本人確認書類

3.手元に用意して、下の流れで進めます。

①【ゲットマネー・げっとま】に無料登録(ここから登録できます
 ↓
(※cookie削除して【ゲットマネー・げっとま】に再度ログイン)
②【ゲットマネー・げっとま】TOPページで「ジャパンネット」を検索(検索BOXに入力)
 ↓
③表示された中から「ジャパンネット銀行(口座開設)」広告をクリック
 ↓
④「ジャパンネット銀行(口座開設)」広告ページにある「ポイントを貯める」をクリック
 ↓
⑤「ジャパンネット銀行(口座開設)」公式サイトのページに移動して口座開設の申し込みを行う

この流れで完了させます。

※オンラインで登録する暗証番号はVisaデビット暗証番号です。国内ATMの利用や、携帯電話からのログインに使用する暗証番号はキャッシュカード到着後に設定します。

本人確認書類について:

アプリを利用して「運転免許証」、「カード型の健康保険証」または「マイナンバーカード」を送ると、早くカードを受け取れます。

まとめ

「ジャパンネット銀行」の口座をポイントサイト経由で開設するときのおすすめは、2019/7/29現在、ゲットマネー・げっとま経由で申し込むと、15200ポイント=1520円相当の獲得が可能です。

【ゲットマネー・げっとま】の無料登録は下記から↓↓↓

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

が、【ゲットマネー・げっとま】にこだわらずに目的に応じて「ポイントサイト」を使い分ける方法もあります。

◎既にポイントサイトに登録済の場合のおすすめはゲットマネー・げっとま
◎これからポイントサイトに登録をする場合もおすすめはゲットマネー・げっとま
◎楽天銀行を継続的に利用する予定の場合はおすすめはポイントタウン
◎ANAマイルを貯めるならおすすめはゲットマネー・げっとま
◎JALマイルを貯めるならおすすめはモッピー
◎プリンスポイントを貯めるならおすすめはすぐたま

自分がポイントを貯めたい目的に応じて、ポイントサイト経由でお得に「ジャパンネット銀行」の口座開設をしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする