対象外条件にあるIPアドレス(アイピーアドレス)ってなに?

「ポイントサイト」の広告を利用するときに、ポイント獲得条件と獲得対象外条件は必ず確認する必要がありますが、そこに書かれている「同一IPの二回目以降」。

今回の記事ではIPアドレス(アイピーアドレス)についてかんたんに説明します。

対象外条件に書かれている「同一IPの二回目以降の登録」って何?

「ポイントサイト」の広告(案件)を利用する時には必ず条件を確認しますが、そこでよく成果対象外(NG)条件に「同一IPの二回目以降」というものが書かれています。
この「同一IP(アイピー)」とは「同一IPアドレス」のことですが、パソコンに詳しくない場合は???、なんのことかさっぱりわかりません。

IPアドレスは、IPでネットワーク上の機器を識別するために指定するネットワーク層における識別用の番号である。(ウィキペディアからの引用)

”ネットワーク層の識別用の番号”と言われても、ますます???です。

question-s

「グローバルIPアドレス」は「ネット上の番地」

「同一IPアドレスの二回目以降の・・・」と記載がある場合、この「IPアドレス」=「グローバルIPアドレス」のことで、簡単に言うと、「インターネット上の番地(住所)」のようなものです。

グローバルIPアドレス=XXX.XXX.XXX.XXX (Xは数字)

インターネット上では相手と自分がそれぞれに「グローバルIPアドレス」という番地を持っています。
例えばポイントインカムは「http://www.pointi.jp」ですが、これはグローバルIPアドレスでは「122.212.43.114」(複数あるかもしれません)という数字の羅列になります。

インターネットの世界には名前変換サーバーというものがあり、この名前変換サーバーが「122.212.43.114=www.pointi.jp」と勝手に変換してくれているので、自分達がブラウザーでポイントインカムのサイトを閲覧する時は、「https://www.pointi.jp」と入力するだけでアクセスできるようになっています。

network

基本的に同じ家のグローバルIPアドレスは1つ

グローバルIPアドレスは通信している自分の側にもあてがわれていて(家の回線1本につき1つのIP)、双方のIPアドレス間で混乱することのない1対1の通信が可能となっています。
ポイントサイトなどのサーバーは誰からのアクセスなのかをグローバルIPアドレスで判断し記憶しているので、同じ家からの複数の広告申込などはすぐにばれてしまいます。

1

グローバルIPアドレスを複数使いたい場合は

もし同一IPからの広告(案件)利用がNGの案件を利用したい場合は、別のグローバルIPを持つWiFi回線(セブンスポットのような屋外の無料WiFiなど)か、あるいは手持ちのスマホをデータ通信の状態(自宅WiFi経由では同じIP)で使ってアクセスすれば可能かもしれませんが、住所等の記載が必要なものはNGになる確率が高いので、無理はしないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする