【げん玉】でマイルを稼ぐ/「ライブスター証券」をポイントサイト経由で申し込むのは危険か?

「ライブスター証券」は口座開設だけでポイントがもらえるようだが、ポイントサイト経由で申し込んで危険はない?安全?心配ない?注意点など知りたい!

安心できるように、そんな疑問についてまとめました。

お得に格安に旅行に行きたくて、ポイントサイト使ってANAマイル、JALマイルやプリンスポイントを稼ぐ方法を実践しています。稼ぐコツを下記の記事で紹介中です。
飛行機に無料で乗る方法【ANAマイルの貯め方】
飛行機に無料で乗る方法【JALマイルの貯め方】
ホテルに無料で宿泊(プリンスホテル編)
ラグジュアリーなホテルに格安で宿泊(マリオット編)

「ライブスター証券」にポイントサイト経由で申し込むときの注意点

口座開設だけで1500円を超えるようなポイントを貰える広告は多くありません。

ポイントサイト経由で「ライブスター証券」に申し込むときには以下に注意してください。

注意点はココです!



本人確認資料受領後にIDが送付。

証券会社なので、口座開設時には本人確認書類等の提出が必要です。

また、IDを受け取ったらログインして、使い勝手を確認しながら取引を検討します。

もう一点。cookie(クッキー)削除等、気を付けましょう!

ポイントサイト経由ならおすすめは!

ポイントサイトは貯めたポイントを利用できないと意味がないので、管理人は「運営会社の規模(大きいかどうか)・最低換金額が低い」をチェックして登録しています。

その結果現在は上記のポイントサイトを中心にポイントサイト活動を行っています。(ランクキープもあるので、時期によってこのうち3つくらいを中心に)

7/17現在、「ライブスター証券」(口座開設)のポイントが高いサイトは以下です。

 ポイントサイト名ポイント数(円相当)
1げん玉1575円相当
2ちょびリッチ1500円相当
3Getmoney!・げっとま1450円相当

【げん玉】が高い状況です。15750ポイント=1575円相当、ANAマイルなら実質約1200マイル超獲得できますね。

ポイント獲得条件:
口座開設
・本人確認資料受領後にIDが送付
ポイント対象外:
・ポイントの獲得のみが目的と思われる申込の場合

今なら【げん玉】がおすすめです。

【げん玉】でマイルやポイントを稼ぐ方法については以下の記事で紹介しています。

「ライブスター証券」の評判

評判や口コミをみてみると、

取引手数料がダントツで安い。
手数料が最安。使っていない理由がわからない。

「ライブスター証券」は、とにかく手数料が安いと評判です。

口座開設の方法も難しくありません。

1週間ほどでキットが届きます。

株の取引に興味があるなら、口座を維持するための口座管理料は一切かからないので、口座を開設しておいても損はありません。

申し込みの流れ

ポイントサイト経由で「ライブスター証券」に新規申し込みする流れです。

1.手数料プラン、特定口座(「特定口座開設する・源泉徴収あり」がオススメ)
について決定しておきます。

2.申し込みの前に事前準備をします。

【事前準備】
・メールアドレス情報(ポイントサイト登録に使用)
・出金先口座情報(銀行口座情報)
・本人確認書類(アップロードorメールorFAXor郵送)
・マイナンバー(アップロードorメールorFAXor郵送)
→本人確認書類のフロー

3.手元に用意して、下の流れで進めます。

①【げん玉】に無料登録(ここから登録できます
 ↓
②【げん玉】TOPページで「ライブスター」を検索(検索BOXに入力)
 ↓
③表示された申し込みたい「ライブスター証券」(口座開設)の広告をクリック
 ↓
④「ライブスター証券」広告ページにある「サービスを利用して 15,750pt(1,575円相当) ゲット!」をクリック
 ↓
⑤「ライブスター証券」公式サイトのページに移動して口座開設を行う
※本人確認書類・マイナンバー(アップロードorメールorFAXor郵送)

本人確認書類・マイナンバーはアップロードでも郵送でもできますが、早く口座開設したい場合はアップロードがおすすめです。

まとめ

「ライブスター証券」(口座開設)にポイントサイト経由で申し込みすることは危険ではありません。心配する必要はないのですが、注意点はあります。

証券会社の口座なので本人確認書類・マイナンバー送付を忘れず!

しかし、ポイントサイト経由で申し込めば、圧倒的にお得になります。今なら1575円相当獲得できます。

【げん玉】は、株式会社リアルX(株式会社リアルワールド(東証マザーズ上場)のグループ会社)が運営する、初心者向け・ポイントサイト利用は初めて!という人におすすすめのポイントサイトです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする