【お得情報】TVで見た福井のここに行きたい!ついでにこれが食べたい!旅行に格安で行くには?

福井は海あり山ありの恵まれたエリアで、見どころもグルメも盛りだくさん。

テレビで観て「福井へ旅行に行ってみたい!」って思った人も多いのではないでしょうか。

福井旅行を考えたら、事前に行き方はもちろんのこと、見どころ、食べ物、お土産などはチェックしておきたいもの。

インスタ映えする写真の撮れるフォトジェニックなスポットも欠かせません。

ついでに、旅行に安く行く方法や、現地でお得に過ごせる方法があったら最高だと思いませんか?

お得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけまとめてみました。

スポンサーリンク

 


福井へ飛行機で行く

福井に飛行機で行ければ時間が短縮できて一番いいんだけど、という人は多いと思います。福井には福井空港がありますが、現在は定期便が運行されていません。

福井旅行で利用するのに便利な近隣の空港は、石川県の小松空港になります。

小松空港から福井駅まではバスで1時間ほど。利便性も悪くありません。

小松空港の国内路線は下記の空港と接続しています。

札幌(新千歳)、仙台、成田、東京(羽田)、福岡、那覇

関西国際空港の国内線には全日空(ANA)、日本航空(JAL)、アイベックスエアラインズ(IBX)、日本トランスオーシャン航空(JTA)が就航しています。

→小松空港フライトスケジュール

(フライトは2018年11月時点の情報です。予告なしに変更される場合があります。)

飛行機にはマイルで乗るのがお得

飛行機をお得に利用するなら、やっぱりマイルを貯めて乗るのが一番おすすめです。マイルを貯める方法は大きく3つあります。

マイルの貯まるクレジットカードを活用する

マイルの貯まりやすいクレジットカードを持っていると、普段の買い物でどんどんマイルが貯まります。旅行の際の飛行機代がタダになるのはうれしいですね。

ポイントを貯めてマイルに交換できるサービスを利用する

広告を見たり無料会員登録をしたり、通販を利用したりすることでポイントが貯まるサービスがあります。貯まったポイントをマイルに交換できるサービスも多いので、大量マイルが無料で手に入ることも・・・。

マイルを格安で買う

マイルの価値は搭乗時期や利用する座席クラスによって異なりますが、1マイルあたり1.5円から2円とされています。

ANAの場合

最初にANAマイルを見てみましょう。

ANAマイルの場合、東京(羽田)→小松 のレギュラーシーズンの片道運賃は23,490円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。この場合、1マイル3.91円換算です。

ANAマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→小松6000マイル23,490円

→ANA 往復運賃表(PDF)

→ANA 必要マイルチャート

実際には割引価格のチケットもあるので、マイルの価値は変動します。

また、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいでしょう。

JALの場合

次にJALマイルの場合です。

JALでは東京(羽田)と小松のレギュラーシーズンの片道運賃は25,890円で、マイルで乗る場合は6000マイル必要になります。この場合、1マイル4.31円換算です。

JALマイル必要マイル数運賃
東京(羽田)→小松6000マイル25,890円

JALの場合、少し広めのクラスJが用意されています。こちらは26,750円で、マイルの場合は片道2000マイル追加することで利用できます。

JALも実際には割引で安くなっているチケットもあるので、1マイルの価値は変動します。

→JAL 国内線運賃案内

→JAL マイル早見表

もしもこれらの換算値よりも安くマイルが手に入れば、現金で購入するよりもお得になります。

また、ANAは直接マイルで購入する以外にも、マイルをANAスカイコインに替えて航空券を購入するという方法も選べます。

ANAスカイコインを使えば、現金の換わりにANAスカイコインを利用するだけなので、普通に航空券を購入するのと同じ感覚で買えます。時期によっては、マイル枠よりも取りやすいでしょう。

福井へ新幹線で行く

2018年現在で、福井県内には新幹線の発着駅がありません。2023年には北陸新幹線が敦賀まで延伸する予定です。

東京から福井駅まで鉄道を使っていく場合、次の3つのルートがあります。

  • 北陸新幹線で金沢まで行き、在来線特急で福井へ
  • 東海道新幹線で米原まで行き、在来線特急で福井へ
  • 東海道新幹線で京都まで行き、在来線特急で福井へ

北陸新幹線を利用する場合、東京から金沢までの北陸新幹線の所要時間は「かがやき」で2時間30分、「はくたか」で3時間ほどです。金沢から福井までは特急「サンダーバード」で45分ほどかかります。

東海道新幹線を利用する場合は、東京から米原までは「ひかり」で2時間10分、東京から京都までは「のぞみ」で2時間15分かかります。米原から福井までは特急「しらさぎ」で1時間、京都から福井ではサンダーバードで1時間20分かかります。乗り換え次第ですが、時間的にはそれほどの違いはありません。

新幹線は予約サービスを利用するのがお得

新幹線を利用する場合、乗車券・特急券を普通に購入するよりも安く済む方法があります。それはJR東海が運営する新幹線予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」を利用する方法です。

「エクスプレス予約」「スマートEX」を経由して予約をすると、東海道新幹線や山陽新幹線の料金が大幅に割引されます。

「エクスプレス予約」を利用するにはビューカード系クレジットカードが必要で、年会費も1,080円(税込)かかりますが、距離によっては1回の乗車で年会費の元が取れるほどの割引料金で購入できます。頻繁に利用する人なら圧倒的にお得です。

「スマートEX」は年会費無料のサービスで、「エクスプレス予約」と比べると割引率や優待枠の数でやや劣りますが、早めの予約で大幅な割引になるなどのサービス内容は「エクスプレス予約」と同じです。

計画旅行であれば「エクスプレス予約」「スマートEX」で早めの予約をとることで、新幹線にお得な値段で乗れるのは間違いありません。

東京ー京都間の場合、EXグリーン早特が13,860円で購入でき、普通車よりも安い料金でグリーン車に乗れてお得です。

ホテルはポイントで泊まるのがお得

ホテルの中には、会員になるとポイントが貯まるものがあります。

そのポイントでお得に宿泊できるのはもちろんのこと、会員特典で1ランク上の部屋にアップグレードしてもらえたりすることもあります。

SEIBU PRINCE CLUB

SEIBU PRINCE CLUBのポイントを貯めると、国内のプリンスホテル(または系列のホテル)に格安で宿泊することができます。

福井の場合、残念ながら県内に契約ホテルがないため、プリンスクラブのポイントを貯めたり使ったりする機会がありません。

福井でも目的地が敦賀寄りであれば、近隣のグランドプリンスホテル京都やびわ湖大津プリンスホテルを利用するのも手です。敦賀-京都間は電車で1時間ほどです。

グランドプリンスホテル京都なら、デラックスツインまたはキングに8000ポイントで宿泊できるので、かなりお得です。

プリンスポイントが貯まる「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」や「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン ゴールド」を活用すると、普段の生活でポイントが貯めやすくなります。

また、プリンスホテルはプリンスステータスサービスというシステムを導入しており、年間の利用金額に応じてステータスが上がり、翌年のサービス内容・特典がアップグレードするしくみになっています。

プリンスホテルに絞って利用するようにすれば、よりお得なサービスが受けられるようになります。

マリオットリワード

マリオット・インターナショナルのポイントを集めると、世界中にある高級ブランドのホテルにお得に宿泊することができ、とてもお得です。

福井旅行の際に利用できる県内のホテルはありませんが、これも目的地が敦賀寄りであれば、京都のホテルが利用できるかもしれません。

京都の場合、リッツ・カールトン京都があります。マリオットリワードポイントを貯めることにより、ラグジュアリーな空間を格安で利用することができます。

マリオットリワードポイントを貯めることにより、ラグジュアリーな空間を格安で利用することができます。

マリオット・リワード・ポイントを貯める方法としておすすめなのは「SPGアメックスカード」というクレジットカードを活用することです。

SPGアメックスカードの利用で貯まるスターポイントは、3:1の比率でマリオットリワードポイントに交換できます。

普段の買い物で無理なくポイントが貯められるので、知らないうちに1泊分くらいは貯まってた、ということも。

福井の”これ”が食べたい!

福井の名産と言えば「越前ガニ」「へしこ」「羽二重餅」などの名産品が知られていますが、それ以外にもご当地グルメがたくさんあります。和歌山に行ったら絶対に食べたいものを、ちょっとだけ紹介します。

ボルガライス

越前市の特に旧武生市地域で食べられるご当地グルメ「ボルガライス」は、オムライスにとんかつをのせて、その上から濃厚デミグラスソースをかけた最強プレートです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柏鳥∞SW@Nさん(@hakutyou_swan)がシェアした投稿

ハヤシソースやトマトソースがかかっていることもあり、お店によって特色がありますから、ボルガライスの食べ比べに挑戦してみるのもいいかもしれません。

焼き鯖寿司

福井名物のひとつとして定着している焼き鯖寿司。京都と福井を結ぶ鯖街道の出発点だった小浜ならではの、しめ鯖を用いた名産品です。

越前おろしそば

大根おろしを具にして食べる越前そばは、昔から続く福井の伝統料理です。辛味大根を使用するので刺激は強いのですが、それがかえってやみつきになるとか。

冷たいそばしかないのも特徴です。

へしこ

へしことは、青魚を塩漬けにしてから糠付けにして、保存が利くようにしょっぱくした若さ地方の郷土料理です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiroya Ikedaさん(@ikeda_hiroya)がシェアした投稿

へしこはご飯のお供にしても美味しいですが、福井では「へしこパスタ」「へしこ焼き飯」などさまざまな食べ方が生み出されています。

敦賀ラーメン

とんこつ鶏がらをベースにしたしょうゆ味のラーメンで、具材はチャーシュー・メンマ・紅しょうがが定番。もともとは1950年代に敦賀駅前に並んだラーメンの屋台が発祥。

現在では敦賀ラーメンのブランド化が進み、知名度もアップ。屋台だけでなく店舗でも食べられ、また商品開発も進んでいます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shimonoodleさん(@shimonoodle)がシェアした投稿

おおのとんちゃん

大野市を中心に食べられているご当地メニューで、牛豚のホルモンと野菜、ニンニク、唐辛子を炒め、味噌や醤油で味付けをしたものです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

尚琴さん(@na.0.k0_diy)がシェアした投稿

大野市には十数軒のお店があり、日常的に食べているソウルフードのようなものだとか。とんちゃん祭りなども開催され、盛り上がっています。

福井の”ここ”が見たい!

福井に行ったらぜひとも訪れたい定番スポット・穴場スポットを紹介します。

永平寺

曹洞宗の開祖・道元が建てた永平寺は、古来より禅道場の役割を持ち、現在でも宗派にかかわらず参禅研修を広く受け入れています。一般の人でも座禅・写経・参籠を体験することができます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

T.Mさん(@fukurou817)がシェアした投稿

→大本山 永平寺(公式)

かつやまディノパーク・県立恐竜博物館

1980年代に恐竜の化石が発見されて以降、福井県にある恐竜時代の地層「手取層群(てとりそうぐん)」からは数々の化石が発見されてきました。

現在では「恐竜といえば福井」といわれるほどの恐竜王国となった福井県。県立恐竜博物館は「世界三大恐竜博物館」に数えられています。

フクイラプトル・キタダニエンシスやフクイサウルス・テトリエンシスなど、学名に地名がついた恐竜もいるほど、福井の恐竜化石は世界的に注目されています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

勝山DMOさん(@travelkatsuyama)がシェアした投稿

→かつやまディノパーク(公式)

敦賀赤レンガ

明治から昭和初期まで、国際的な港湾都市として栄えた敦賀。ロシア経由で大陸ヨーロッパと繋がり、船舶・鉄道交通の要でした。

国の登録有形文化財となっている赤レンガ倉庫を利用した観光施設が「敦賀赤レンガ」です。国内最大級の鉄道ジオラマで当時の敦賀の様子を再現し、敦賀のご当地メニューをレストランで堪能できる人気スポットになっています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Takahiro Itoさん(@taka16.i10)がシェアした投稿

→敦賀赤レンガ(公式)

東尋坊(とうじんぼう)

言わずと知れた、日本随一の奇岩・断崖絶壁の景勝地。最大高度25mの崖が続いている光景は圧巻の一言です。崖のふちまで見に行けるのですが、崖の上から見下ろすのは勇気が要ります。

サスペンスドラマなどのロケ地としてもおなじみで、

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本全国のインスタ映えスポットを発見! by SEEDsさん(@seeds_nippon)がシェアした投稿

丸岡城

北陸で唯一の現存天守を持つ丸岡城。桃山時代に建てられた国内最古の天守とも言われており、歴史的にも価値の高い名城です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

樺澤範子さん(@hipo27)がシェアした投稿

→丸岡城(丸岡観光協会)

越前大野城・犬山城址

越前大野城(えちぜんおおのじょう)は大野市の亀山に建てられた城。周囲の大野盆地に霧が立ち込めると「天空の城」として浮かび上がることで有名です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Masamiさん(@masami_channel)がシェアした投稿

季節や気象条件によって稀に現れる現象を撮影するために、多くの観光客が早朝、城から1キロ程離れた犬山城址(いぬやまじょうし)の南出丸下まで徒歩で登ります。

→天空の城・越前大野城(公式)

まとめ

福井へのお得な行き方、見どころやグルメの情報をちょっとだけお伝えしました。いかがでしたか?

ここでは紹介しきれないほど、福井にはまだまだ有名・無名の名所や名産がいっぱいあります。

旅行へ行くときは、行き当たりばったりも楽しいですが、事前にいろいろ調べておくことをおすすめします。知らなかったお得情報や豆知識が頭に入っていれば、より楽しい旅行になること間違いなしです。

また、帰ってきてから「せっかくなら見ておくべきだった・・・」「知らずに素通りしちゃった・・・」「もっとお得に利用できたのに・・・」なんてことも、事前の情報収集があれば少なくてすみます。

当サイトではこれからも、楽しい旅行に役立つお得情報・豆知識をお伝えしていきます。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク