【ECナビ】ポイントを稼ぐ・「ANA TOKYU カード」をポイントサイト経由で申し込むのは危険か?

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」にポイントサイト経由で申し込みしたいけど危険はないの?安全?心配ない?注意点など知りたい!

安心できるように、そんな疑問についてまとめました。

お得に格安に旅行に行きたくて、ポイントサイト使ってANAマイル、JALマイルやプリンスポイントを稼ぐ方法を実践しています。稼ぐコツを下記の記事で紹介中です。
飛行機に無料で乗る方法【ANAマイルの貯め方】
飛行機に無料で乗る方法【JALマイルの貯め方】
ホテルに無料で宿泊(プリンスホテル編)
ラグジュアリーなホテルに格安で宿泊(マリオット編)

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」にポイントサイト経由で申し込むときの注意点

飛行機にのらずにマイルを貯めている人たち、通称陸マイラー(おかまいらー)と呼ばれている人達がいますが、ドットマネーの交換先に「TOKYU POINT」が追加されたことにより、今通称陸マイラーの間で話題となっている「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」。

ポイントサイト経由で「ANA TOKYU カード」に申し込むときには以下に注意してください。

注意点はココです!

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は初年度年会費無料ですが2年目以降、年会費(2000円+税→751円+税)がかかります。年会費無料のクレジットカードではありません。

クレジットカードを申し込む場合、一時期にたくさんのカードを申し込むと、審査で否認される場合があります。

多重申し込みということで、「この人はどうしてこんなにたくさんのクレジットカードに申し込む必要があるのだろうか?あやしい。」ということで、審査落ちすることがあります。

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」は初年度年会費無料ですが、2年目以降は年会費がかかります。また、クレジットカードなので審査があります。多重申し込みになっていないか等、注意してください。

もう一点。cookie(クッキー)削除等、気を付けましょう!

ポイントサイト経由ならおすすめは!

ポイントサイトは貯めたポイントを利用できないと意味がないので、管理人は「運営会社の規模(大きいかどうか)・最低換金額が低い」をチェックして登録しています。

その結果現在は上記のポイントサイトを中心にポイントサイト活動を行っています。(ランクキープもあるので、時期によってこのうち3つくらいを中心に)

7/15現在、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」のポイントが高いサイトは以下です。

 ポイントサイト名ポイント数(円相当)
1ECナビ2500円相当
1ちょびリッチ2500円相当
3げん玉2100円相当

【ECナビ】が高い状況です。25000ポイント=2500円相当、ANAマイルなら実質約2000マイル、JALマイルなら実質約1250マイル獲得できます。

ポイント獲得条件:
カード発行でポイント加算対象
<対象券種> 
・ANA一般・ワイドカード
・ANAワイドゴールドカード
・ANA VISAプラチナ プレミアムカード
・ANA VISA Suicaカード
・ANA VISA nimocaカード
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
ポイント対象外:
※同一ユーザーの二回目以降の発券 
※虚偽・架空の申込

今なら【ECナビ】がおすすめです。

【ECナビ】でマイルやポイントを稼ぐ方法については以下の記事で紹介しています。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」はどんなクレジットカード?

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」の入会を検討している人には今更だと思いますが、かんたんにおさらいです。

マイルとTOKYU POINTは相互交換可能

貯まったマイルをポイントに交換: 10000マイル → 10000TOKYU POINT
貯まったポイントをマイルに交換: 1000TOKYU POINT → 750マイル

ソラチカカードの代替誕生!?

各種ポイントサイト×【ソラチカカード】を使ったマイルへの交換は有名で、以下の交換ルートでANAマイルへの移行が可能です。


LINEポイントを使うので、ANAマイルの世界では、ソラチカLINEルートなどと呼ばれています。

ソラチカLINEルートの場合、ポイントサイトで獲得したポイントのおおよそ81%(ソラチカカードを持っていれば、実質100:81)でマイルに交換できると計算されています。

(Gポイントを使う場合、Gポイントからの交換は手数料分を加えたポイントが必要ですが、手数料還元サービスの利用で手数料分のポイントが戻ってくるので、計算上は考えていません。)

ポイントサイトを使ってANAマイルを貯めている人達の心配事は、このLINEルートが封鎖されること!

マイルの世界は改悪との戦いなので、いつ変更があっても不思議ではありません。

そんな中、2019年6月3日から新たなルートが誕生したのです!

ドットマネー → TOKYU POINT

それで、巷では「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」が話題になっています。

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」を持っていれば、100 TOKYUポイント→75ANAマイル に交換できます。

各種ポイントサイト → ドットマネー → TOKYU POINT → ANAマイル

と交換できます。

交換レートは、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」を持っていれば、実質100:75(75%還元率)

ソラチカ×LINEルートの実質100:81よりも少し落ちますが、交換回数が圧倒的に減ります。

ソラチカ×LINEルートの代替えになるルートが誕生です!

年会費を抑える方法もあり

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」の年会費は、初年度無料、翌年度以降2000円+税がかかります。
家族カードの年会費は、初年度無料、翌年度以降1000円+税となります。

2年目以降の年会費は、年会費割引特典を利用することで安く抑えることができます。

①WEB明細利用で割引

本会員:2000円+税 → 1500円+税 (500円+税 割引) 
家族会員:割引対象外

②マイ・ペイすリボへ登録+年に1回以上カード利用

本会員:2000円+税 → 751円+税 (1249円+税 割引)
家族会員:1000円+税 → 475円+税 (525円+税 割引)

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」の場合、①と②は併用できません。
②マイ・ペイすリボへ登録+年に1回以上カード利用のみ

つまり、本会員:751円+税、家族会員:475円+税まで下げることができます。

マイ・ペイすリボ:
毎月の支払い金額を自分で決めることのできる支払い方法。
【TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】のマイ・ペイすリボは、初回の引き落としの際は利息がつかないため、毎月の支払い金額=カード利用限度額に設定しておけば実質一括払いになります。

ANAカード=フライトマイル・ボーナスマイルが貯まる!

ANAカードである「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」はフライトマイルやボーナスマイルが貯まります。

  • チェックイン不要のANA国内線の搭乗スタイル「スキップサービス」の利用が可能
  • 入会・継続時にボーナスマイル1000マイル
  • ANA便・ANAグループ便への搭乗でボーナスマイル
  • 家族カードの発行が可能。ANAカードファミリーマイルの利用が可能
  • ANA国内線・国際線機内販売10%引き
  • 空港内店舗「ANA FESTA」で10%引き
  • ANAカードマイルプラス提携店でさらにマイルが貯まる

入会・継続でボーナスマイル 1000 ANAマイルがもらえます。

ANAカードファミリーマイルも利用可能

ANAカードファミリーマイルにも登録できます。

家族カードの年会費は、マイ・ペイすリボへ登録+年に1回以上カード利用で475円+税がかかりますが、ANAカードファミリーマイルを利用すれば、家族間のマイルを共有で利用することができます。

ANAカードファミリーマイル:
家族がそれぞれ貯めたマイルを、特典に交換する際に、必要なマイル数のみをあわせて利用できるANAカード個人会員限定のサービスです。ひとりのマイルでは特典に届かなくても、家族みんなのマイルを必要な分だけ足し合わせることで、マイレージライフの楽しみが広がります。

※家族がANAカードの本会員であれば、あえて家族カードを発行する必要はありません。

PASMOが使える

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」は、「ANAマイル」・「TOKYU POINT」・「PASMO」・「定期券」・「クレジット」の5つの機能が1枚になったカードです。PASMOオートチャージも利用できます。

また、裏面にPASMO定期券を搭載することができます。

※定期券の発行が可能な事業者:東京急行電鉄・京浜急行電鉄・東京地下鉄・東武鉄道、相模鉄道

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」

国際ブランドMasterCard
申し込み資格満18歳以上の方(高校生は除く)
年会費<本人会員>初年度年会費無料
年2000円+税→マイ・ペイすリボへ登録&年に1回以上カード利用で751円+税
<家族会員>初年度年会費無料
年1000円+税→マイ・ペイすリボへ登録&年に1回以上カード利用で475円+税
支払日15日締め/翌月10日払い
貯まるポイントワールドプレゼント
ポイントの有効期限2年
ETCカード初年度無料
翌年度以降:500円+税→前年度に1回以上ETC利用の請求があれば無料
海外旅行傷害保険最高1000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険
国内航空傷害保険最高1000万円(自動付帯)

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の入会キャンペーンも実施中

2019年7月現在、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の新規入会で1000マイルもらえます。

※すでにANAカードに入会している場合は対象外

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」に申し込むなら、まずはマイ友プログラム

ANAカードに入会する場合、「マイ友プログラム」を利用しない手はありません。

「マイ友プログラム」を利用して友達に紹介してもらうと

500マイルをプレゼント

紹介してもらって、事前に登録→【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】入会だけで+500マイルがもらえます。

※マイルのプレゼントは、ANAカード、ANAプリペイドカード、ANAマイレージクラブFinancial Pass Visaデビットカードそれぞれお一人様1回のみ対象
※入会者がすでに、同じ種類のカード会員であった場合は対象外
(ANA一般カード会員が、紹介によりANAゴールドカードに入会しても、同じ「ANAカード」への入会のため、対象外になります)

問題は、近くに紹介してくれる友人がいるかどうか。友達がいたら是非紹介してもらってください。

近くにいない場合で、管理人の知り合いになりたい方がいたら、こちら→からご連絡ください。

紹介依頼はこちら→

自動返信メールが届きますので、メールのリンク、もしくは↓の「マイ友プログラム」登録ページからお申し込みください。

まずは「マイ友プログラム」に登録が必要です。

「マイ友プログラム」登録ページ→

上記ページへ移動して、ページの中ほどにある「登録用ページ」ボタンをクリックします。

登録用ページをクリックして必要情報を入力していきます。

登録の際に必要な情報は「紹介者名」「紹介番号」「申込者氏名」「申込者生年月日」です。

「紹介者名」「紹介番号」はメールに記載してあります。

ここで入力を間違ってしまうとボーナスマイルがもらえませんので注意しましょう。

※登録から3カ月以内に入会しない場合は対象外になります。

既にANAカードを持っている場合は対象外です。

また、本気でANAマイルを貯めようと「ANA VISA ワイドゴールド」入会を検討している人も注意してください!

ANA VISA ワイドゴールド」に入会する予定がある場合、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」でマイ友プログラムを利用するよりも、「ANA VISA ワイドゴールド」で利用したほうがお得です。2000マイルもらえます。

マイ友プログラムは、ANAカードのカテゴリーで一人1回だけなので、よく検討してから利用したほうがよいです。

申し込みの流れ

ポイントサイト経由で「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」に新規申し込みする流れです。

1.マイ友プログラムに登録(←すでにANAカード入会済の場合は関係なし)

紹介依頼はこちら→

2.申し込みの前に事前準備をします。

【事前準備】
・ANAお客様番号(持っていなければ不要)
・メールアドレス情報(ポイントサイト登録に使用)
・支払い口座(らくらく発行(インターネットで引落し口座の設定) or 口座振替依頼書で申込む)
・本人確認書類(らくらく発行の場合は不要)

4.手元に用意して、下の流れで進めます。

①【ECナビ】に無料登録(ここから登録できます
 ↓
②【ECナビ】TOPページで「ANA VISA」を検索(検索BOXに入力)
 ↓
③表示されたうち「ANA VISA Suica/nimoca」の広告をクリック

 ↓
④「【TOKYUルート必須】ANA VISA Suica/nimoca」広告ページにある「ポイントGETはこちら!」をクリック
 ↓
⑤「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」公式サイトのページに移動して申し込みを行う(口座登録は早めに)

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を申し込んだときの本人確認について:

①カードを申し込み時に「らくらく発行(インターネットで引落し口座の設定)」を行った場合は「簡易書留」(本人がいなくても家族が受け取ってくれる)で届きます。配達時の本人確認書類(公的書類)の提示は不要です。

②口座振替依頼書で申し込む場合は、後日、入会申込書(自署届)を自宅あてに届くので、署名・捺印のうえ、本人確認書類のコピーを同封し返送する必要があります。

早くカードが欲しい場合は、「らくらく発行(インターネットで引落し口座の設定)」で手続きがおすすめです。

まとめ

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」にポイントサイト経由で申し込みすることは危険ではありません。心配する必要はないのですが、注意点はあります。

2年目以降、年会費がかかる!

しかし、ポイントサイト経由で申し込めばお得になります。25000ポイント=2500円相当、ANAマイルなら実質約2000マイル、JALマイルなら実質約1250マイル獲得できます。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする