【2020年6月最新】【ANA(全日空)マイルの貯め方】知ってて当たり前?裏ワザ?飛行機に無料で乗る方法

旅行に行きたい!となった時に、移動にかかるお金はバカにできません。できるだけ安く、格安どころか無料となれば最高ですよね。実は飛行機にほとんど無料で乗る方法があります

そんな方法あるの?と思うかもしれませんが、今ではかなり有名な方法です。ちょっと手間暇はかかりますが、難しい方法ではありません。

知っている人だけが得をする、無料で飛行機に乗る技です!決して裏ワザではありません。正当な技です。

今回の記事では、【全日空・ANA】の飛行機に安く、ほとんど無料で乗る方法を解説します。

【2020年6月最新】

【全日空・ANA】の飛行機に無料で乗る方法は?

【全日空・ANA】の飛行機に無料で乗る方法があります!

それはズバリ!

ANA(全日空)マイルを貯めて、特典航空券に交換する方法です!

でも、そもそもマイルって何?と思う人もいるでしょう。

マイルとは、航空会社が行うポイントサービス=マイレージサービス・マイレージプログラムのポイントのことです。航空会社のポイント制度のポイントと考えればわかりやすいのではないでしょうか。

【全日空・ANA】の場合、マイレージプログラムをANAマイレージクラブといい、ポイント=ANAマイルとなります。人によっては、ANAマイレージと呼んでいる場合もありますが、そこは深く考えず、ANAマイル・ANAマイレージと思っていれば、大きな影響はありません。

マイルは飛行機に乗らないと貯めることができない・・・と思っている方もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

飛行機に乗らなくてもマイルは貯めることはできます!

ちなみに飛行機に乗らずにマイルを貯める人を「陸マイラー(おかマイラー)」と呼んだりしていますね。

そして、ANA(全日空)マイルを貯めると、貯めたマイルをANA国内線特典航空券やANA国際線特典航空券、提携航空会社の特典航空券などに交換することができます。

例えば国内特典航空券。

羽田←→沖縄(那覇)

往復18000マイル(レギュラーシーズン)で特典航空券に交換できます。つまり18000マイル貯めれば無料で飛行機に乗れるということです。

国際線の場合は燃油サーチャージ代を別に支払う必要があるので、【全日空・ANA】の場合、完全に無料にはできませんが、国内線の場合は燃油サーチャージ代が必要ないので無料です。

飛行機に無料で乗る裏技です!

(最近はテレビ等でも紹介され有名な方法になってきているので、裏技というより表技かもしれませんが・・・)

ANA(全日空)マイルの貯め方は2つ!

ANAマイル・ANAマイレージを貯めよう、飛行機に乗る方法ではなく陸(おか)で貯めよう、目指せ・陸マイラー!と思った場合のおすすめの方法は・・・

1.ポイントサイトを利用する
2.ANA(全日空)マイルの貯まるクレジットカードを活用する

この2つが中心になります。

それ以外にも、楽天ポイントを貯めてANAマイルに交換や、nanacoを使って税金の支払い時にもポイントを獲得するといった方法はありますが、全て単独ではなく、クレジットカードやポイントサイトを利用してポイント二重取り、三重取りといった方法です。

とにかくANAマイルを貯めようと思ったら、極意はポイントサイト&クレジットカードです。

ANA(全日空)マイルを本気で貯めようと思ったらその方法は!

1.ポイントサイトを利用する

一般的にポイントサイトと呼ばれるサービスがあります。「ポイントサイト」は広告を掲載しているサイトです。

ポイントを貯めて、貯めたポイント→ANAマイルに交換することにより、がんがんANAマイルを貯めることができます。

ANA(全日空)マイルを貯めるためなら、多少の手間なんていとわない!という人には、超絶おすすめの方法になります。

ただし、ポイントサイトにはあまり評判がよくないところもあります。利用する場合はその点をきちんと確認しましょう。

管理人は、
・運営会社の規模(大きいかどうか)
・最低換金額が低い
は必ずチェックしています。多少還元率は低くても、安全・安心を第一に利用しています。

ポイントサイト→ANA(全日空)マイルに交換するために、例えば、以下のような【モッピー】というポイントサイトに掲載されている広告で考えてみます。

dカードゴールドを新規発行すると、17000P(17000円相当)のポイントがもらえます。ただポイントサイトを経由して発行するだけです。しかもdカードゴールドのキャンペーン以外にです。

この17000Pは、以下のような手順でANA(全日空)マイルに交換できます。(直接ANAマイルへ交換もできますが、以下のほうが手間はかかっても貰えるANA(全日空)マイルは多くなります。)

【モッピー】→ドットマネー→TOKYU ポイント→ANAマイル

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称ANA TOKYU カード)」というクレジットカードを持っている場合は、17000P(17000円相当)→12750 ANAマイルに交換可能。(75%マイル還元率)

※キャンペーンによっては75%マイル還元率以上になることもあります!

つまり、「ポイントサイト」を上手に利用すればANA(全日空)マイルはがんがん貯められるということです。

管理人がよく利用しているポイントサイトは以下です。

・【モッピー】 →詳しくはこちら
・【ポイントタウン】 →詳しくはこちら
・【げん玉】 →詳しくはこちら
・【ECナビ】 →詳しくはこちら
・【すぐたま】 →詳しくはこちら
・【ゲットマネー/げっとま】 →詳しくはこちら
・【ちょびリッチ】 →詳しくはこちら

全てに登録する必要はありません。まずは自分に合いそうだと思ったもの1つから始めるほうが管理が簡単です。

どれがいいか迷った場合は、
とにかく大手運営→【ECナビ】【モッピー】【ポイントタウン】【げん玉
入会しようと決めたクレジットカードのポイントが一番高いポイントサイトにする→【ちょびリッチ】【ゲットマネー/げっとま】【すぐたま
ANA(全日空)マイルかJAL(日本航空)マイルか迷ってる→【モッピー

上記のような感じで決める方法もあります。

「そんなこと言っても決められないっ」という人は、とにかく1つだけモッピー】でお試しです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

友達に紹介する

さらに「ポイントサイト」を利用してポイントを貯める方法には「友達を紹介する」という方法があります。

リアルな友人に紹介する、ブログを持ってそこで紹介する、といった方法があります。

がんがん貯めている人たちは「ブログを持ってそこで紹介する」という方法が多いようです。

番外編:マイルを格安で買う

ANA(全日空)マイルには、間接的に購入するという裏技もあります。

1 ANA マイルの価値は、一般的に1.5円~2円と言われています。ただし、貯めたマイルでどんな特典航空券に交換するかによっては、それ以上にも以下にもなります。

例えば、東京(羽田)→沖縄(那覇)のレギュラーシーズンの片道運賃は45,690円で、マイルで乗る場合は9000マイル必要になります。この場合、1マイル=5.07円換算です。

ただし、下記のようにスーパーバリューの片道運賃21,490円で計算すると、1マイル=2.38円換算と考えることができます。

また、特典航空券が取れない場合、ANAマイル→ANA SKYコインに交換して航空券購入時にANA SKYコインで支払うこともできます。

ANAマイルを貯めている人はほとんどの場合ANAカードを持っているので、40000 ANAマイル→60000 ANA SKYコインに交換すると、1マイル=1.5円と考えることができます。

つまり、1 ANA マイルは最低でも1.5円の価値と言えます。

ということは、ANA(全日空)マイルを使って旅行に行く予定のある人は、1 ANAマイル=1.5円以下で買うことができれば、損はしないことになります。

例えば、40000 ANAマイルを56000円(1マイル=1.4円)で購入した場合、40000 ANAマイル→60000 ANA SKYコインに交換でき、4000円はお得になります!

多くの陸マイラーはポイントサイトを利用して、間接的にANAマイルを購入しています。

ポイントサイトには「100%還元」という広告が出てきます。

上記のような広告の場合、
商品を300円で購入して無事承認されれば、300P=300円相当のポイントが貰えます。

先に300円は支払いますが、後で「300P=300円相当のポイント商品」が手に入るということ。

モッピー → ドットマネー → TOKYUポイント → ANA マイル
で、300P=実質 225 ANAマイルに交換できます。

300円支払いで225 ANAマイルなので、1 ANAマイル=1.34円で購入でき、さらに商品のおまけもついてきます。(もちろん、商品を300円で購入して、無料で225 ANAマイル獲得したという考え方もできます。)

いずれにしろ、ANAマイルを使って旅行に行く予定のある人は、1 ANAマイル=1.5円以下で買えれば損はしません。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

2.ANAマイレージクラブに入会

ANA(全日空)マイルを貯めようと思ったら、まずはANAマイレージクラブに入会しますが、方法はいくつかあります。

ANAマイレージクラブカード(クレジット機能なし)

◎ANAプリペイドカード
◎ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード
◎ANAマイレージクラブカード

このうち、「マイ友プログラム」でマイルが貰えるものは、ANAプリペイドカード、ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードになります。

ANAカード(クレジット機能あり)

ANAカード(クレジット機能あり)はたくさんあります。

一般カード、ワイドカードのほかに、ゴールドカード、プラチナカードもあります。

本気でANAマイルを貯めたい場合は、最初が肝心です。クレジット機能付きに上手に入会することから始めることをおすすめします。

3.ANA(全日空)マイルの貯まるクレジットカードを活用する

飛行機に乗らずにマイルを貯めたいと思ったら、普段の生活でクレジットカードや電子マネーを使ってポイント・マイルを貯めることからはじめます。

ANA(全日空)マイルの貯まりやすいクレジットカードや電子マネーを使って買い物をしていると、普段通りの生活でどんどん貯まるようになります。

おすすめは【ANA VISA ワイド ゴールド】【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】

【ANA VISA ワイド ゴールド】がおすすめの理由は、カード利用額100円につき最大 1.35ANAマイルが獲得できること。(1.35%マイル還元率)

「マイ友プログラム」を利用することで、2000マイルも貰えます。

「マイ友プログラム」に登録&ポイントサイト経由で【ANA VISA ワイド ゴールド】に入会すると、さらに多くのマイルが貰えます。

【ANA VISA ワイド ゴールド】については、以下の記事で詳細を紹介します。

ドットマネー → TOKYU POINTのルートが開通したことにより【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】もおすすめです。

【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】については、以下の記事で詳細を紹介します。

4.クレジットカード入会時はマイ友プログラムとポイントサイトを利用する

何度も言っていますが、ANA(全日空)マイルを貯めようと思ったら、クレジットカードの入会時はチャンスです。

ここでANA(全日空)マイルを上手に貯めない手はありません。

マイ友プログラムを利用

これからANAマイルをはじめて貯めてみようと思っている、あるいはまだANAカードを持っていない人は「マイ友プログラム」を利用したほうがお得になります。

「マイ友プログラム」とは、対象のANAマイレージクラブ会員からの紹介を受けた方が対象カードに入会すると紹介者・入会者それぞれにマイルがもらえる制度です。

下の表をチェックしてみてください。

マイルのプレゼントは
◎ANAカード(一般・ワイドカード・ゴールドカード・プレミアム)
◎ANAプリペイドカード
◎ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード
それぞれのカテゴリーで一人1回のみ対象です。

例えば、ANAプリペイドカードは持っていてもANAカードを持っていない人なら、「マイ友プログラム」は利用できます。

ANAカードは一般、ワイド、ゴールド、プレミアムのいずれか1回のみです。

既に持っている場合は残念ながら対象外ですが、まだの人は、プレミアムは無理でもゴールドカード(2000マイル)から入会したほうがお得です。

特に一般カードとゴールドカードの両方に入会しようと思っている場合は、一般カードに入って500マイル貰うより、1500マイルもお得になります。

問題は、近くに紹介してくれる友人がいるかどうか。友達がいたら是非紹介してもらってください。

近くにいない場合で、管理人の知り合いになりたい方がいたら、こちら→からご連絡ください。

紹介依頼はこちら→

自動返信メールが届きますので、メールのリンク、もしくは↓の「マイ友プログラム」登録ページからお申し込みください。

まずは「マイ友プログラム」に登録が必要です。

「マイ友プログラム」登録ページ→

上記ページへ移動して、ページの中ほどにある「登録用ページ」ボタンをクリックします。

登録用ページをクリックして必要情報を入力していきます。

登録の際に必要な情報は「紹介者名」「紹介番号」「申込者氏名」「申込者生年月日」です。

「紹介者名」「紹介番号」はメールに記載してあります。

ここで入力を間違ってしまうとボーナスマイルがもらえませんので注意しましょう。

※登録から3カ月以内に入会しない場合は対象外になります。

ポイントサイト経由で申し込み

マイ友プログラムに登録した後に、ポイントサイト経由で申し込むとさらにお得になります!

クレジットカードに入会する場合ポイントサイト経由が断然お得です。ここを使えるか使えないかで、獲得できるマイル数が大きく変わってきます。

例えば【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】。2020年6月30日現在、おすすめは以下のポイントサイトになります。

 ポイントサイト獲得ポイント数
Getmoney/げっとま2600円相当
ECナビ2500円相当
ハピタス2400円相当

Getmoney/げっとま】経由で入会した場合、

Getmoney/げっとま → ドットマネー → TOKYU POINT → ANA マイル

【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】を持っていれば実質100:75になります。

これだけで、実質1950 ANAマイルが獲得できる計算になります。

ポイントサイトを経由するとしないで、随分と差が出ますね。

5.クレジットカード会社のキャンペーンも重要

マイルを貯めたい人にとって、実はクレジットカードの申し込みはマイルを貯めるビックチャンスになります。

特にクレジットカード会社が行っている新規入会キャンペーンはドカンとマイルがもらえます。

自分が入会しようと思っているクレジットカードにキャンペーンがないかどうか、確認必須ですよ。

ANA(全日空)マイルの早見表(国内)

貯めたマイルは国内特典航空券に交換できるので、マイルを貯める=飛行機代を無料にすることができます。

どのくらいのマイルを貯めれば【全日空・ANA】の飛行機に無料で乗れるかというと、交換に必要なANAマイル数はシーズンと路線によって異なります。

ANA公式アナウンスによると、区間距離別の必要マイル数は次のようになっています。

※往復マイル数
( )内は片道

0~600マイル区間(全旅程の距離)

区間ロー
シーズン
レギュラー
シーズン
ハイ
シーズン
東京秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪10,000
(5,000)
12,000
(6,000)
15,000
(7,500)
大阪萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎
名古屋新潟、松山
札幌利尻、稚内、女満別、根室中標津、オホーツク紋別、釧路、函館、青森、秋田
仙台小松
福岡対馬、五島福江、宮崎
沖縄宮古、石垣
宮古石垣

601~1,600マイル区間(全旅程の距離)

区間ロー
シーズン
レギュラー
シーズン
ハイ
シーズン
上記・下記以外12,000
(6,000)

15,000
(7,500)

18,000
(9,000)

1,601~2,000マイル区間(全旅程の距離)

区間ロー
シーズン
レギュラー
シーズン
ハイ
シーズン
東京沖縄14,000
(7,000)
18,000
(9,000)
21,000
(10,500)
大阪石垣、宮古
静岡沖縄
名古屋沖縄、宮古
札幌福岡

2,001~4,000マイル区間(全旅程の距離)

区間ロー
シーズン
レギュラー
シーズン
ハイ
シーズン
東京石垣、宮古17,000
(8,500)
20,000
(10,000)
23,000
(11,500)
名古屋石垣
札幌沖縄
沖縄仙台、新潟

→ANA シーズン・必要マイル数チャート

行きたい旅行先をチェックして、まずはそこを目標にするとマイルを貯めやすくなりますよ。

マイルを貯める時に注意すること

ANA(全日空)マイルを貯め始めたら、注意することはあります。

それは、ANAマイルには有効期限があるということ!

貯めたマイルは利用した月から数えて36カ月後の月末<日本時間>まで有効です。

つまり有効期限は3年と覚えておけばよいでしょう。

(例)2019年1月20日に貯めたマイルの有効期限⇒ 2022年1月31日

貯めたら、どんどん旅行に行くしかありません!

まとめ

【全日空・ANA】の飛行機に無料で乗る方法は、ズバリ!

ANA(全日空)マイルを貯めて、特典航空券に交換する方法です!

そして、ANA(全日空)マイルの貯め方は、

1.ポイントサイトを利用する
2.ANA(全日空)マイルの貯まるクレジットカードを活用する

これからANA(全日空)マイルを本気で貯めようと思ったら、

①ポイントサイトに登録
②ANAマイレージクラブに入会(クレジット機能付きがおすすめ)
③ANA(全日空)マイルの貯まるクレジットカードを活用する(おすすめは【ANA VISA ワイド ゴールド】【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】)
④クレジットカード入会時は、マイ友プログラムとポイントサイトを利用
⑤クレジットカード会社のキャンペーンも重要

あとは行きたい旅行先の必要マイル数を確認して、陸マイラー活動に励むのみです。

旅行に行く回数が増やせますよ!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする