ちょびリッチ・ゲットマネー・ECナビ「ANAカード」はどのポイントサイト経由がお得か?(2019年8月)

「ANAカード」を申し込みたいけど、どのポイントサイト経由がお得なのかなあ?申し込み時に注意点とかあったりするかな?

今回の記事では、「ANAカード」を【ちょびリッチ】【ゲットマネー】【ECナビ】等どのポイントサイト経由で申し込むのが今一番お得でおすすめなのかや、ANAカードの選び方から、マイ友プログラム+入会キャンペーンを併用した最強の申し込み方法、申し込み時の注意点を紹介します。

お得に格安に旅行に行きたくて、ポイントサイト使ってANAマイル、JALマイルやプリンスポイントを稼ぐ方法を実践しています。稼ぐコツを下記の記事で紹介中です。
飛行機に無料で乗る方法【ANAマイルの貯め方】
飛行機に無料で乗る方法【JALマイルの貯め方】 クレジットなし
ホテルに無料で宿泊(プリンスホテル編)
ラグジュアリーなホテルに格安で宿泊(マリオット編)

目次

「ANAカード」はたくさんある

一口にANAカードといっても種類はたくさんあります。ANAマイレージクラブカードやANAプリペイドカード、クレジットカード機能のついたANAカードがあります。

クレジットカード機能付きの中にも、ANA一般カード、交通系IC一体型カード、ANAワイドカード、ANAゴールドカード、ANAカードプレミアムがあります。

国際ブランドでいうなら、ANA VISA カード、ANA マスターカード、ANA JCB カード、ANA ダイナースカード、ANA アメックスカードになります。

  • ANA JCB一般カード
  • ANA VISA 一般カード
  • ANAマスター一般カード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)
  • ANA JCBカード ZERO
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA TOKYUカード)
  • ANA VISA Suicaカード
  • ANA VISA nimoca カード
  • ANA VISAワイドカード
  • ANAマスターワイドカード
  • ANA JCBワイドカード
  • ANA VISAワイドゴールドカード
  • ANA マスターワイドゴールドカード
  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ANAダイナースカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード
  • ANA JCB カードプレミアム
  • ANAダイナース プレミアムカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

ANAカードの選び方

ANAカードの選び方です。

選び方としては、還元率で選ぶか、年会費で選ぶか、交通系電子マネーで選ぶか、メインカードなのかサブカードとして使うのか、といった条件が出てくると思います。

還元率で選ぶ場合

【ANA VISA ワイドゴールドカード】がおすすめです。

理由は、カード利用額100円につき最大 1.648 ANAマイルが獲得できること。(現在最大1.648%マイル還元率ですが、今後制度が変わりもう少し低くなってきます。それでも一番の還元率は変わりません。)年会費のバランスから考えると1番です。

「マイ友プログラム」を利用することで、2000マイルも貰えます。

年会費で選ぶ場合

18歳以上29歳以下の方(学生を除く)なら【ANA JCBカード ZERO】です。5年間年会費無料です。

年齢がそれ以上の方なら、【ANA VISA Suicaカード】【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA TOKYUカード)】です。これらは2年目以降の年会費2000円+税を、マイ・ペイすリボへ登録&年に1回以上カード利用で、年会費が751円+税まで割引できます。

交通系電子マネーで選ぶ場合

Suicaなら【ANA VISA Suicaカード】ですが、Apple Payもあるので、それほどこだわる必要はないかもしれません。

PASMOなら【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA TOKYUカード)】【ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)】です。

メインカードかサブカードか

メインカードとしてがんがん利用するなら【ANA VISA ワイドゴールドカード】です。

カード利用額100円につき最大 1.648 ANAマイルが獲得できること。年会費のバランスから考えると1番です。

ANAマイルを貯めるために必須カード

【ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)】は、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するために必須のクレジットカードです。LINEポイントを利用する交換ルートでポイントサイトで貯めたポイントの約81%還元率でANAマイルに移行できます。LINEソラチカルートと呼ばれたりもします。

マイルの世界では改悪続きで、マイラー達の間では、LINEソラチカルートもいつ封鎖されるかわからないという不安があります。

その不安から脱却できるルートができました。そのために必要なカードが【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA TOKYUカード)】。約75%還元率になりますが、移行回数が減ることや、LINEソラチカルート封鎖に備えてということで、押さえておいてよいクレジットカードです。

総合的に

【ANA VISA ワイドゴールドカード】

【ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)】

【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA TOKYUカード)】
が選択肢になります。

ANAカード最強の入会方法はマイ友+ポイントサイト+入会キャンペーン

ANAカードの入会方法はマイ友プログラム+ポイントサイト+入会キャンペーンです。これが最強です。

マイ友プログラムを利用

これからANAマイルをはじめて貯めてみようと思っている、あるいはまだANAカードを持っていない人は「マイ友プログラム」を利用したほうがお得になります。

「マイ友プログラム」とは、対象のANAマイレージクラブ会員からの紹介を受けた方が対象カードに入会すると紹介者・入会者それぞれにマイルがもらえる制度です。

下の表をチェックしてみてください。

マイルのプレゼントは
◎ANAカード(一般・ワイドカード・ゴールドカード・プレミアム)
◎ANAプリペイドカード
◎ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード
それぞれのカテゴリーで一人1回のみ対象です。

例えば、ANAプリペイドカードは持っていてもANAカードを持っていない人なら、「マイ友プログラム」は利用できます。

ANAカードは一般、ワイド、ゴールド、プレミアムのいずれか1回のみです。

既に持っている場合は残念ながら対象外ですが、まだの人は、プレミアムは無理でもゴールドカード(2000マイル)から入会したほうがお得です。

特に一般カードとゴールドカードの両方に入会しようと思っている場合は、一般カードに入って500マイル貰うより、1500マイルもお得になります。

問題は、近くに紹介してくれる友人がいるかどうか。友達がいたら是非紹介してもらってください。

近くにいない場合で、管理人の知り合いになりたい方がいたら、こちら→からご連絡ください。

紹介依頼はこちら→

自動返信メールが届きますので、メールのリンク、もしくは↓の「マイ友プログラム」登録ページからお申し込みください。

まずは「マイ友プログラム」に登録が必要です。

「マイ友プログラム」登録ページ→

上記ページへ移動して、ページの中ほどにある「登録用ページ」ボタンをクリックします。

登録用ページをクリックして必要情報を入力していきます。

登録の際に必要な情報は「紹介者名」「紹介番号」「申込者氏名」「申込者生年月日」です。

「紹介者名」「紹介番号」はメールに記載してあります。

ここで入力を間違ってしまうとボーナスマイルがもらえませんので注意しましょう。

※登録から3カ月以内に入会しない場合は対象外になります。

ポイントサイト経由で申し込み

マイ友プログラムに登録した後に、ポイントサイト経由で申し込みます。マイ友プログラムとポイントサイトの併用は可能です。

クレジットカードに入会する場合ポイントサイト経由が断然お得です。ここを使えるか使えないかで、獲得できるマイル数が大きく変わってきます。どのポイントサイトが一番お得かは後程説明します。

クレジットカード会社のキャンペーンも重要

クレジットカードの申し込みはマイルを貯めるビックチャンスになります。

特にクレジットカード会社が行っている新規入会キャンペーンはドカンとマイルがもらえます。

自分が入会しようと思っているクレジットカードにキャンペーンがないかどうか、確認必須です。

ANAカードの入会方法はマイ友プログラム+ポイントサイト+入会キャンペーンです。

「ANAカード」は、今どのポイントサイト経由が一番お得か!

ポイントサイトは貯めたポイントを利用できないと意味がないので、管理人は「運営会社の規模(大きいかどうか)・最低換金額が低い」をチェックして登録しています。

その結果現在は上記のポイントサイトを中心にポイントサイト活動を行っています。(ランクキープもあるので、時期によってこのうち3つくらいを中心に)

ご自分が申し込むタイミングで状況は変わっている可能性があるので、必ずポイント獲得条件・対象外の条件は確認してください。

2019/8/9現在の状況です。

ポイントサイトにANAカードの案件は主に3つ出ています。

・ANA VISAカード
・ANA JCBカード
・ANA アメックスカード
(ANAダイナースカードの案件は出ていません。)

今回はその中でも、「ANA VISAカード(VISA・マスター)」について確認します。

「ANAカード(VISA・マスター)」申し込みに、お得でおすすめのポイントサイトは以下になります。

 ポイントサイト名ポイント数(円相当)
ちょびリッチ1500円相当
1ゲットマネー・げっとま1500円相当
1ECナビ1500円相当

【ちょびリッチ】【ゲットマネー・げっとま】【ECナビ】が高い状況ですね。

ポイント獲得条件:
下記の券種のいずれかのカード発行
 ・ANA一般・ワイドカード
 ・ANAワイドゴールドカード
 ・ANA VISAプラチナ プレミアムカード
 ・ANA VISA Suicaカード
 ・ANA VISA nimocaカード
 ・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 
ポイント対象外:
・2回目以降の申込み
・虚偽、架空の申込み

【ちょびリッチ】経由で申し込むと、3000ポイント=1500円相当の獲得が可能です。ANAマイルなら実質約1200マイル相当です。

【ちょびリッチ】の無料登録は下記から↓↓↓

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

【ちょびリッチ】でポイントを稼ぐ方法については以下の記事で紹介しています。

「ANAカード(VISA・マスター)」をポイントサイトで申し込むときの注意点

「ANAカード(VISA・マスター)」をポイントサイト経由で申し込むときの注意点です。

注意点はココです!

自分が申し込みたいカードが対象カードかどうか確認が必要です

クレジットカードを申し込む場合、一時期にたくさんのカードを申し込むと、審査で否認される場合があります。

多重申し込みということで、「この人はどうしてこんなにたくさんのクレジットカードに申し込む必要があるのだろうか?あやしい。」ということで、審査落ちすることがあります。

ANAカードは種類がたくさんあるので、自分が申し込みたいカードが対象かどうか確認します。

また、クレジットカードの申し込み時の注意点として、一度にたくさんのクレジットカードを申し込まないようにしてください。1ヶ月に2枚くらいにしておいたほうが無難です。

もう一点。

ポイントサイト経由で案件に申し込むときは、cookie(クッキー)削除等は気を付けましょう!

案件利用時はcookie(クッキー)削除等に気を付ける

cookie(クッキー)削除

初心者の人にはピンとこないと思いますが、
「ポイントサイト」にいくつか登録していると、ポイントサイトA経由で申し込んだのに、ポイントサイトBの通帳履歴に計上されてしまうということが起こる場合があります。
それもポイントが高いAから申し込んだはずなのに、ポイントの低いBの通帳に載ってしまうという悲劇が・・・

question-s

例えば、
①ポイントサイトAに訪問

②次に、ポイントサイトBに訪問

③でもやっぱり、ポイントサイトAから案件の申込み

ポイントサイトBにポイントが計上される!!!
(ポイントサイトAに計上されることもあります)

そこで、「ポイントサイト」の注意事項によく書かれている「cookie(クッキー)を削除」することが大切になってきます。

cookie(クッキー)とは・・・
WEBブラウザを通じて、WEBサイトが次にアクセスしたときにどこからの訪問かを識別できるようにするつける目印のようなもの。

つまり、「ポイントサイト」がブラウザを利用してこちらのパソコンに目印をつけるのです。
逆に、「ポイントサイト」はこのcookie(クッキー)があるから会員からの申込みということがわかります。

cookie(クッキー)を削除する方法はブラウザによって異なるので、自分が使っているブラウザの削除方法を検索しておきましょう。

案件を申し込んだときのメールは保存しておく

まれに、「ポイントサイト」の案件が承認されないときがあります。

そんな時は「ポイントサイト」へ問い合わせします。

そうすると、やりとりした時のメールを添付してとかいろいろ言われるので、案件を申し込んだときは、承認されるまでやりとりのメールなどは保存しておきましょう。

条件もハードコピーして、自分のメモ代わりにしておくのもよいかもしれません。

利用した案件は記録する

これから「ポイントサイト」を利用しようと思った人は、必ず申し込んだ案件(広告)は記録しておいたほうがよいです。

後々、「あれっ?これって申し込んだことがあるような、ないような・・・」ということが起こってきます!

xls

「ポイントサイト」の案件(広告)の条件はいろいろあります。
・同一IPの2回目以降はNG
・同じ会社の商品を他に購入していたらNG
などなど。

「ポイントサイト」の案件(広告)が承認されないと、結構へこみます・・・
場合によっては、無駄遣いになってしまいます。
そんなことを避けるためにも、ぜひ記録しておきましょう。

「ANAカード」の入会キャンペーン実施中

2019年8月9日現在、ANAの入会キャンペーンが実施されています。

今回のキャンペーンは新規入会後にキャンペーン登録が必要です!

今回のキャンペーンを利用すれば、【ANA VISA ワイドゴールド】なら最大23000マイルもらえます。

入会対象期間:
2019年7月19日(金)から2019年10月15日(火)WEB入会受付分・申込書カード会社到着分まで(2019年10月31日(木)カード発行分まで)

参加登録期間:
2019年7月19日(金)10:00から2019年11月15日(金)23:59(日本時間)まで
※参加登録を忘れずに!

カードが届いたら要エントリー

通常特典

ANA一般・交通系ワイド・ゴールドプレミアム
1000マイル2000マイル10000マイル

特典1:対象期間中に、ANAグループ運航便に1回以上搭乗でボーナスマイル

・対象期間:2019年7月19日(金)から2019年10月31日(木)まで搭乗分
(事後登録は、2019年11月15日(金)23:59(日本時間)積算分まで)

・対象運賃:マイル積算対象運賃

・対象路線:ANAグループ運航便

・キャンペーンボーナスマイル数:

ANA一般・交通系・ワイドゴールド・プレミアム
1000マイル5000マイル

・マイル積算時期:2020年1月下旬予定

特典2:期間中、新規入会・参加登録したANAカードで、クレジット決済すると利用金額に応じてボーナスマイル

・対象期間:
2019年7月19日(金)から2019年11月30日(土)までのクレジット決済データカード会社到着分

・キャンペーンボーナスマイル数:

150,000~499,999円(税込)500,000円(税込)以上
3000マイル15000マイル

・マイル積算時期:2020年2月下旬予定

特典3:期間中、新規入会・参加登録したANAカードで、プライム会員として「ANAカードファミリーマイル」に参加するとボーナスマイル

・対象期間:2019年7月19日(金)から2019年11月15日(金)登録完了分

・キャンペーンボーナスマイル数:

ANA一般・交通系・ワイドゴールド・プレミアム
500マイル1000マイル

・マイル積算時期:2020年1月下旬予定

注意事項

キャンペーン対象カードに本会員として新規入会する人が対象です。参加登録も必ず必要です。

「ANAカード(VISA・マスター)」の申し込み方法

ポイントサイト経由で「ANAカード(VISA・マスター)」に新規申し込みする流れです。

1.どのANAカードに申し込むか、VISA・マスターのブランドも決定しておきます。

2.家族カード、ETCカードを発行するかどうか決めます。

3.申し込みの前に事前準備をします。

【事前準備】
・メールアドレス情報(ポイントサイト登録に使用)
・支払い口座(インターネットで口座振込手続き or 口座振替依頼書で申込む)
・本人確認書類(アップロード or 郵送)
・既に持っている場合は、ANAマイレージクラブお客様番号(10桁)

4.手元に用意して、下の流れで進めます。

①該当するなら、マイ友プログラムで紹介してもらう(こちら→からご連絡)
※自動返信なのですぐに届きます
 ↓
②マイ友プログラムへ登録(「マイ友プログラム」登録ページ→
 ↓
③【ちょびリッチ】に無料登録(ここから登録できます
 ↓
(※cookie削除して【ちょびリッチ】に再度ログイン)
④【ちょびリッチ】TOPページで「ANA VISA」を検索(検索BOXに入力)
 ↓
⑤表示された「ANA VISA Suica/nimoca(話題のTOKYUルート必須カードも対象!)」の案件をクリック
 ↓
⑥「ANA VISA Suica/nimoca(話題のTOKYUルート必須カードも対象!)」案件ページにある「サイトへ行く」をクリック
 ↓
⑦三井住友カードの公式サイトのページに移動して申し込みを行う
 ↓
⑧カードが届いたら、キャンペーン参加登録をして、条件をこなしていく

カードが届いたら要エントリーです

まとめ

「ANAカード(VISA・マスター)」をポイントサイト経由で申し込みするときのおすすめは、2019/8/9現在、【ちょびリッチ】【ゲットマネー・げっとま】【ECナビ】です。【ちょびリッチ】or【ゲットマネー・げっとま】or【ECナビ】経由で申し込むと、1500円相当の獲得が可能です。

【ちょびリッチ】の無料登録は下記から↓↓↓

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする